やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/07 あんず]
[11/06 某.]
[11/04 あんず]
[11/03 某.]
[11/03 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
と、いかにも飼育記事っぽいタイトルを
付けてみました♪
でもマットがあーで温度がこーでという話ではありません^^)

気軽に大きくできればね・・・って方、
ボクもそうなんですが、あれこれ悩まないで
大きくできればなとは誰でも思うはずです。
今日はその可能性を秘めている種類はこれだよ❤というお話です。



今回は亜種別でいってみますね♪

まず入手ですが、飼育品でも野外品でも拘らないのでしたら
トカラノコが入手しやすいかと思います。
やっぱりメジャーですからね^^)
悪石 中之島は比較的流通が多いですよ♪
いやいややっぱり野外品からでないと・・・という方。
現在ワイルドが入荷する亜種は
アマミノコ トクノシマノコ オキノエラブノコ ヤクシマノコ
クチノエラブノコ クメジマノコ イヘヤノコ 
ミヤケノコ(採集禁止地域あり)
オキナワノコ ヤエヤマノコ(西表島)ハチジョウノコ・・・ですか?

アマミノコは入手しやすいですね^^)
あとは年年で違います。クメジマ イヘヤは最近野外品の入手は
困難です。採集禁止地域のノコはトカラノコ クロシマノコ
ミシマイオウノコ ミヤケノコ(神津島)ミクラノコ
ヤエヤマノコ(石垣島)・・・ですね?^^)


で、産卵は?と聞かれますと、どれでもよく産みます。
ボクの経験上ではアベレージで数が出るのは
ミシマイオウです。小ケースで50とか出てしまいます。
あとは20~なら成功と言えるのではないでしょうか?



幼虫飼育はどれも大差ないですが、幼虫が大きくなって
楽しいのはアマミノコです。他の亜種とは郡を抜いて
大きい個体を拝むことができますよ❤
菌糸でもマットでも幼虫は育ちます。
菌糸よりもマットのほうがいいのかな?と思うのは
ハチジョウノコはマットのほうが結果良好でした。



逆に菌糸が有効と思われるのはトカラ アマミですが
菌糸は全般的に有効です。累代によるエサ馴れ(?)や
あと個体差もあるように感じます。もちろん使用する
菌糸の状態などでも変わるかな?という印象です。



で、どれが大きくなりやすいか?ですが
飼育レコードに迫るような大きさにするには
どの種類もそれなりの気配りや対応が必要です。
そうではなくて、これはデカイよ!とほくそ笑む大きさに
なりやすいのは?というのは
あっ!あくまでも個人的な見解ですよ^^)
トカラノコ アマミノコ オキノエラブノコ クロシマノコ
ヤクシマノコあたりは、いわゆる2ヶ月半で瓶交換して温度をそこそこ
気を使って(これは管理ではなく、ここのとこ暑いから
場所を変えるなど最低限の気を遣うということですね♪)
という、飼育を楽しむ上でのセオリー的なことをしてあげれば
ある程度の大きさの♂が羽化してきます。
逆にあんまり大きくなりにくいとされるのは、
ハチジョウノコ オキナワノコ ヤエヤマノコ・・・かなぁ?
これ以外では大きくしても中大歯で羽化してしまう
ミシマイオウノコや個人的にはそう思わないけど
クチノエラブノコは大きくならないと聞いたりします。
あとアマミノコの奄美大島以外の周辺の島や
意外と伸びないのがトクノシマノコだったりします。



これ・・・最近分かったことなんですけど
一番違うのは『飼育する場所』なんですね^^)
ボクが飼育している場所はボクしか使っていないワケなんですよね♪
なので各々見解が違ってくるのは致し方ないことと思います。
最近ノコの飼育はグダグダな年が多いので、自分を奮い立たせる
意味も含めて書いてみました♪





ノコは菌糸でもマットでも飼育できるけど
ミヤマを菌糸で飼育する人はあまりいないと思います。
過去カワラで飼育したことがありますが、半分はマットを入れたし
最後の段階ではマットにしたので、ほぼマットのみと
考えて差し支えないと思います。



さて、ノコとミヤマの蛹室の違いですが
ミヤマの蛹室はノコと比べてかなり頑丈です。
画像でも分かると思いますが広範囲にわたって色の違いが
見て取れると思います。割り出しもミヤマのほうが時間を必要とします。



ノコは容器壁面に蛹室を作ることは多々ありますが
ミヤマの場合は少ないです。(作らないワケではありません。)
ここからは考察なのですが、ノコは固いところを利用するけど
ミヤマはしないのかな?という思いつきです。



野外ではノコもミヤマもけっこう地中深い(1メートルぐらい?)
ところに蛹室を見ることができるそうですが、作っている場所が
違うのかもしれませんね?



これを飼育に置き換えると、ノコは固く詰めて
ミヤマはノコほど固く詰めなくてもいいのかな?と思います。
現にミヤマが羽化した容器はフタギリギリまでマットが上がってきて
いるので、入れるマットの容量も変えたほうが
いいのかもしれませんね?



面白いなと思うのは、ミヤマってそれほど幼虫体重は
重くならないんですね。。でもあの蛹室から推察すると
相当量の糞を輩出して蛹室の外壁(?)を塗り固めると
思うので、最後の容器への交換は大事なのかな?とも思います。

ノコもミヤマも飼育で大型個体を羽化させるのは至難の業です。
ミヤマの場合、最後の容器がカギになるのかもしれませんね?♪


これ・・・けっこう大事なんですね。。
温度管理しているから大丈夫と思われるかもしれませんが
意外と外気の状態に反応している個体って多く感じるんです。
今年の7月は梅雨寒でなかなか羽化してこなかったりしたものですが
(その前に羽化した個体も起きてこないし♪)
8月に入って暑くなったとたん、一斉に羽化を開始したり
起きだしたり・・・



今度は暑いところから涼しくなるぐらいならいいのですが
一気に寒いぐらいになると今度は産まなくなります。。



ノコとネブトは顕著で、ヒラタはばらつきます。



そう考えるとコクワ オオクワはしっかりしていますね。。
産まなくなると言いますか、休眠モードに入りますよね?



逆にこの気温差(寒暖差)を利用して産ませられるのが
ミヤマ。ミヤマも越冬はしない(サイクルはノコと一緒です。)
ので、生存できないと判断するのか?バタバタっと産みます。
この晩夏に産卵させると初令、2令のときに気温が下がり
ジックリ食餌するようになるので、成長も遅くなるけど
幼虫期間が長くなる可能性が高くなります。

これ・・・今度詳しく書きますが、幼虫の全ステージって
全て大切なんですけど、この初令~2令の時期の一番成長が
顕著な時期って、3令初期~のころと対応を変えてあげると
ビックリするような3令幼虫と出会うことができるんです。
なので割り出し時期ってけっこう大切だったりするんですね^^)

そろそろ次年度に向かって動き出す時期になりそうです。



ある程度の幼虫が見えてきた産卵セット各種。


(画像は以前割り出したときのもの)

ミヤマとノコがほとんどなんですが、割り出す前に
場所を確保しないといけませんね。。。

まずはハチジョウノコと飛島産のノコ。
あとオガサワラネブト(!)
ミヤマはほとんどの産卵セットから幼虫が見えていて
ちょっと怖いです^^)



ノコの場合、ケース側面に幼虫が2,3頭見えていても
10数頭で終わることも多々なのですが、
ミヤマとネブトはケース側面に幼虫が見えていると
とんでもない数が出てくることがあるんですね♪



今回、ノコは本土系がほとんどで
亜種は5種ほど。産卵セットを組みたい亜種・産地も
いるのでそんなに出てこなくても・・・とは思うのですが
そんなこととは裏腹に。。です^^)



ミヤマとネブトは産卵セットに使用したマットを
混ぜるのでそんなに新しいマットは必要ありません。
でもノコは産卵セットのマット(セット期間と状態で変わります。)
を使うわけにはいかないので、マットも手持ちも
確認しとかないとなー♪

割り出しが楽しみなセットもあります。
一部外産もありますので、今週末はともかく
その翌週から連続する3連休でなんとかしようと思っています。
プリンカップとラベルカードも用意しとかないと、と思っています。


当ブログは、なるべく安価で楽しみたいという
希望を叶えたいなーと、常日頃思って書いているのですが^^)



ことミヤマクワガタに関しては温度を低くしなければ産まないとか
幼虫が溶けるとか・・・聞いたり自分でも経験してしまったり。。



残念ながら常温で飼育というのは、かなり手間がかかると言いますか?
難しいです。コマメに面倒が見れればまた違うのでしょうが
ボクが置かれている状況では難しいです。



ただ、凄く低くしなければ飼育できないのか?と、
聞かれるとそうでもないようです。

ここのところヒメミヤマ系の幼虫飼育の話題が出て
現在クラーツの幼虫がいるのですが、
あんまり温度を下げすぎてしまうと羽化不全が出たり
するそうなんですね。ウチにいる幼虫たちも
もしかしたら日中は26℃あたりまで上がっているんじゃないか?
という場所に置いてありますが元気にしています。



産卵セットはノビリス ルックを組んでいて
ノビリスは2セット組んでいます。この2種は
知り合いがすでに飼育をしていて、2ヶ月で割り出したところ
全部卵だったという経緯を聞き、まだ割出はしていませんが
これで採卵が成功して幼虫飼育で実践できればなと思っています。

現在ミヤマの幼虫飼育は、国産が中心です。
置いてあるところの温度計を見ると24℃近辺を指していますが
暴れる様子もなく、育っています。

確かに温度が高いと一年で羽化してしまい、サイズもそこそこの
個体が羽化してくると聞きますが、凄まじく低温にする必要は
なさそうです。やはり野外で採れる大型の個体を自分の手で
羽化させてみたいという願望はありますが、どこでどのように
温度を上げ下げすればいいのか?
(もしかしたらその必要すらあるのかないのか?)
皆目見当がつかないミヤマ飼育。
掘り下げられればなと思います♪



material by:=ポカポカ色=