のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 5
10
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[07/19 東京クワジ]
[07/18 あんず]
[07/18 少佐]
[07/18 あんず]
[07/18 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
採集禁止地域とされていますが、記述が見当たらないので
どうなのか不明です。産地としての流通は稀と言っても
過言ではないでしょう。


画像検索してみたらこんな島でした^^)



この与路島のクワガタ。ボクが飼育しているのは2種。
ノコとヒラタです。ネブトもいるようですね。



ヒラタは♂♀ともに生存していて、その幼虫たちも
飼育しています。ノコは現在幼虫のみ。
画像は随分前の飼育個体を引っ張り出しています。



ヒラタのほうは、アマミヒラタ自体をマジマジ見るのが
初めてに近いので特徴がどーのとか言えるほど
数を見ていません。この個体は頭幅や前胸幅があり
アゴがスマトラヒラタを上品にしたようなカンジです。
ウチにいるアマミヒラタは4産地。
奄美大島瀬戸内町 請島 加計呂麻島とこの与路島。
それぞれ特徴がありますが、サイズ等も違うので
比較にならないと思っています。



対するノコですが、採集禁止とされる前年にワイルドで
入手しています。一時は自分で累代していた系統が途絶えましたが
友人が別系統を所持していて、その系統を譲っていただき
現在飼育再開中です。その系統も出所を確認済みで由緒ある
与路島産♪ 画像は自分で入手した個体から羽化させ赤味の
強い個体通しを掛けた累代です。2代ほど赤×赤で累代して
個体によっては赤味がかなり強い個体も羽化してきたので
今となっては後悔後を絶たず。。です。



ヒラタは前述の通りまだ何も言えないのですが
ノコに関しては、トクノシマ寄りの型
サイズの伸び悩み アゴ中央の内歯の間隔などが
挙げられます。あと赤味の強い個体が出やすいのも特徴です。
ただ、国産ノコ好き以外の方に、『どこが違うか分からない』と
言われても返答に困るぐらいの違いなのも事実です。
ノコも奄美大島 油井岳 キヤンマ山 加計呂麻島
請島 と、この与路島を所持。



コレクター心酔の与路島産。
羽化の結果次第で若干販売予定です。
もし気になるようでしたらお見逃しなく♪


いやいや^^)
伊豆大島に行ってからもう3週間経っているのに
UPするのが遅れました。。



イズミヤマです。
ボク自身、ミヤマをUPすること自体が
新鮮です♪
この子は採集中、最大個体で
同行された方が見つけ、採るときに尽力を
尽くしたおかげでボクが持ち帰ることを
快諾していただきました^^)



しかし・・・キレイです(⋈◍>◡<◍)。✧♡
サイズも54.3あって
(これ・・・なーんだと思う方もいらっしゃるかと
思いますが、このサイズって中々いないんです。)
しっかりミヤマのカタチをしています。



今回の伊豆大島採集は、最初の外灯で
覇王色の覇気を発動したが如く
指先で竿の先端を少し揺らしただけで
必要数が採れてしまい、あとは大型が採れれば
小さいヤツをリリースする・・・ということに
従事したため、採集のほとんどをミヤマに
費やしました。おかげでボクが行った中で
一番多くミヤマも採れました^^)
でもホーントこのサイズはこの一頭のみでした。
(残念ながら♀は採れませんでした。。)
たまにはミヤマもブリードしたいよなぁ
と、思う個体です。


ではないけれど・・・
でもその種のメジャーがあるように
うーん脇役なのかなぁ。。



ゴトウヒラタくん♪
国産長アゴヒラタでメジャーなのはツシマヒラタ。
これ、あまり異論を唱える方は少ないと思います。

でもボクはゴトウヒラタくんにも魅力を感じます。


飼育してみて分かったのですが角度を変えてみると
本土ヒラタの趣もあって嬉しいのです

どっちつかずじゃん!と、おっしゃるなかれ^^)

で、こちらも・・・



ヨナグニネブトくん♪

まぁね。。。ネブト自体が脇役感醸し出していますが
そのなかでも独立種ヤエヤマネブトの亜種(^^♪



与那国と聞いて真っ先に思い浮かべるのは
コトー先生かもしれませんが、クワ好きには
やっぱマルバネかヒラタ?

そんなヨナグニネブトくんですが
ボクは、この子が手に入ったのでヤエヤマネブトからは手を引こう
と、考えています^^)

今回、2種ほど紹介させていただきましたが
名わき役たちは国産にたくさん存在いたします。
いろいろと紹介できたらな^^)と、思います♪




ただいま関東は台風の直撃を受けようとしています。
画像の子もある意味台風でした^^)

これまた台風の・・・


ハチジョウノコWF1
八丈島中之郷産

『大歯を出してね♪』と、譲り受けましたが
うーん。。。
まず、なんにも知りません。。
ということで、BE-kuwa55号を引っ張り出して
知識を入れます^^)
56あたりから大歯ですね。
歩行性なんですねぇ。。
セットに黒土が必要かもなぁ。。。



どうりでチョコチョコと動くのね?
なのでプリンカップの中に入れての撮影。。



そうこうしているうちに台風は通り過ぎ
日を跨ぎました。
まずは寝てもらいます^^)
これが一番難関かもなー♪


まだだよ、まだだよと自分に言い聞かせても
ムダでした。。。

ホントーに本当にまだ早い。。割り出しです。



ゴトウヒラタ(福江島WF1)

いやー、アゴ・・・長いし基部太いし♪
頭もけっこー幅が出ました^^)



上翅の凹みも気になるほどではないし、
上々です❤
ゴトウヒラタで魅力なのは、アゴの緩やかな縦湾曲。
上品です♪
もう少し固まったら再度UPさせていただきます。



お次は待望の・・・とゆーか、唯一のと言えばいいのか?
の、トカラコクワ(中之島CB)
この子、ボクにしては高額だったのと入荷がこの子の親
1ペアだったので、素晴らしいセットを組んだのに
結果は8頭。。。しかも鳴り物入りで購入したマットが
ちょっと。。。ちょっとだったので
8頭のうち、この1頭のみが羽化まで来れたといういわくつき(^^♪
全ステージ、マットで飼育したけどそこそこの大きさで
羽化してくれました^^)


前胸にディンプルが出たのが残念ですが感無量の1頭♪

この子はお嫁さん募集です。
気長に待っていますので、お声掛けいただけたら幸いです。

今後なんですが、馬渡産ヒラタ♂が羽化中。
1400菌糸に入った個体ですので期待大(^^♪
伊豆大島のヒラタ オキノエラブヒラタの大きい♂蛹が
あとに続きます。
ゴトウヒラタも一番大きな幼虫が現在蛹。
ゴトウヒラタは全頭全ステージ マット飼育ですので
喜びも一入❤
随時UPさせていただきます♪


material by:=ポカポカ色=