日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 特に離島モノが大好物です。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
9
14
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 ヒラタ飼育者]
[11/17 あんず]
[11/16 東京クワジ]
[11/16 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
幻と言われてから久しいヤエヤマコクワガタ。
以前より流通も安定してきてタイミングさえ合えば
お値打ちで入手ということも可能になりました。



上翅の栗色とズングリムックリ感や前胸の丸みなどが
同定の目安となりますが、他亜種と並べると違いは
一目瞭然です。最近では個体数を見る機会も増えてきているので
入手を考えておられる方は、安心して購入できると思います。



飼育に関しては、細かいところが他亜種と違いますが
ほぼ同じと考えていいと思います。
大きな個体を羽化させたければ産卵時期を少し
ずらすか、何回めかに得た幼虫で大型を狙えばいいと思います。



幼虫飼育ではオオヒラタケが有効。
食は細いので菌糸の劣化で交換が必要になります。
500㏄ 2本で充分大きな個体が羽化してきます。
ただ温度が高いとさっさと加齢して蛹になるので
大型狙いの方は少し温度帯を下げてじっくりと
幼虫期間を設ける工夫が必要となります。



幼虫期間は4ヶ月~10ヶ月とバラツキが出ますが
当然期間が長いほうが大きくなります。
羽化後の休眠期間も他亜種と変わらないけど
確実に採卵したければ活動開始から半年ほどしてから
ペアリング⇒産卵セットのほうが産みはいいです。
最近ではマット固詰めでも採卵成功例があるので
いろいろな方法で試してみるのもいいと思います。



産卵セット一回で得る幼虫は一桁から二桁前半が
よく聞きますが、一度で20~の産卵結果を経験しています。
ただそのような例は少ないので、やはり何回かのセットで
20程度の幼虫を得るぐらいの考え方でいいと思います。
成虫は長寿なので翌年のセットも可能です。

ある程度のことが判明してきたヤエヤマコクワ。
国産小型種におけるレア度は依然高いままなので
機会がございましたらトライしてみる価値はあると思います。





コクワネタ♪
コクワだけカテゴリーに『国産』を入れていないのは
外産も含む可能性があるからなんですね^^)
それでも集まるのは国産のほうが多いので
今日も離島のコクワガタです^^)



藍島産。
昨日の壱岐島同様、上翅に赤味があるのですが
実物を見比べると違いが顕著です。



大きいほう。コクワは角度によって
丸みを帯びて見えたり画像のようにシャープに
映ったりするのが面白い❤



こちらは小さいほう。
島ごとの特徴というより、サイズでこれほど
型が変わるドルクスは珍しいかもなー。。
ノコの小中大、ミヤマもそうですが
クワガタほどサイズで型が変わる昆虫って
少ないかもしれませんね。



アゴの細い太いとか内歯の位置とかは個体差なんでしょうが
こぉ変わると産地ごとに変わるんじゃ?とか思ってしまいます。



藍島産の赤味はちょっとダーク系。あと上翅の接合部が
黒くなるのですがそのグラデーション加減が違いますね。
あと脚は黒いです。これも個体差なのか地域差なのかは
分かりません。なんせ2個体だけですからね^^)



少し上翅(というか腹部)のカーヴがずんぐりしています。
本州とはちょっと違う印象がありました。



前胸部分も丸いかなー?



意外と揃いそうで揃わない離島のコクワ
よくよく見るといろいろ違って面白いです♪




コクワガタ❤壱岐島産です。詳細産地も同じなのですが
採集者が違います。どちらも日ノコ研のメンバーからの
プレゼントです♪



小さいほう  赤いですねぇ♪



画像で判りやすいのは上翅なんですが
脚も赤いんですね^^)
しかし・・・コクワはカッコイイね!



脚も長いように感じるけど気のせいか?

 

お次は大きいほう。この子も赤いです。
しかし・・・ここまで大きくなると迫力もありますね♪



前胸も丸い???気のせいか?



艶がないというより、上翅に薄っすらと縦に
スジが細かく入っているので艶消しになっているという。。
個体数が多いかはちょっと聞いてみないと分かりませんが
離島のコクワ。。亜種になりそうな産地も多々あります^^)




竹島産のコクワガタ。ミシマコクワになります。



この子はアゴ先端がカッコイイ♪

竹島は個体数が少ないようですね。。
一時はヤエヤマコクワより高値でした。



しかも赤いのです!!
コクワは何故かあんまり流通しないので
入手したら大事に累代していきたくなりますね^^)

ミシマコクワも産地別コンプリートはハードル高いなと
感じます。採集禁止地域でないのが口永良部島のみだし
硫黄島のミシマコクワも入手困難ですしね。。
ちなみにヤクシマコクワの産地コンプリートも難しいです。。



この赤味はトカラコクワと一線を画すなー❤



魅力を感じてしまいます♪



続いて書かせていただきますね^^)



コクワは限定したいというのは常々思っていたのですが
いろいろと入手できたりしているので
なんだかんだで増えています^^)



ヤエヤマコクワは継続中。



本土系コクワの亜種はトカラ(中之島)とミシマ(竹島)



離島コクワがね^^)増えたのですよ♪

藍島 利島 見島 壱岐島
全部が産卵を成功するとは思いませんが
とにかくいます♪


material by:=ポカポカ色=