日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 最近は外産も飼育しています。
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
8
20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[02/20 あんず]
[02/20 東京クワジ]
[02/16 あんず]
[02/16 東京クワジ]
[02/04 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ミヤマ マルバネ ネブトのエサ交換の際、
それまで使っていたマットも混ぜることは
今までにも書いてきましたが、これには自分なりの
持論がございまして^^)
要は共生バクテリアを移行させる。。というのが
目的なのですが、実のところ見えないので
本当にそうなのか?と、聞かれると
そんな感じがするぐらいの返事しかできないんですね^^)



ノコの幼虫を菌糸に入れると分かりやすいのですが
食したあと、もう一度戻って食べていることがあります。
いわゆる2度食いなのですが、同じようなことを
ミヤマやマルバネ、ネブトもやっているのでは?
と、考えたのです。



ネブト幼虫のエサ交換が一番分かりやすいから
ネブトで話を進めますと、交換の際 幼虫の周りのマットが
硬くなっています。繭玉まではいきませんがちょっと指先に
力が入るぐらいの硬さ。特に若齢幼虫に見られる傾向です。
主に生育面では消化吸収を助ける、外敵から身を守るなどが
考えに浮かぶのですが、この部分を中心に砕いて
次に交換するマットに混ぜると生育がいいので、
いいところを突いていると思っています。



これがミヤマやマルバネになってくると幼虫もデカクなるので
幼虫周りのマットの量も増えていくことになります。
ミヤマやマルバネもエサ交換の際、この部分をフルイ掛けしたりして
幼虫の周りに振りかけてあげると当然食べるわけですから
食べながら今まで食べていたマットと新しいマットを食べながら
その種類に適したマットを自分で作っていくことになります。

ただこの3種、どちらかというと朽木でも(洞の中でも)
かなり朽ちた部分に生息していることが採集記事などから
分かります。そのような観点から黒土を混ぜたり
低栄養のマットと配合したりして同じようなエサ環境にして
飼育するのですが、そうなりますとね^^)
ノコやヒラタのように2度食いはしないのかな?とも思います。
ミヤマやマルバネは交換の際 カブトムシの糞に似た糞を
観察することができますが、自然下で生息している環境から
推察して、混ぜてもあまりいい影響が出るとは思えないのです。



そのようなことから糞の部分は取り除いて
(もちろんコバエに侵食されている部分も)幼虫周りのマットと
新しいマットを配合して交換していけば大きな幼虫が期待できるかも?
しれません^^)最終的に取り除いた糞や羽化後の繭玉などは
取っておいて次の産卵に使います。特にマルバネは洞に溜まった
フレークに産卵したりするので効果は期待大だと思います。

このように今までエサとして使用していたマットを再利用することで
新しいマットの消費量も減るし、そのうえ発育もいいという
なんかとても得した気分になりますが、
コバエが侵食しているところだけは取り除かないと
痛い目に遭います。。





昨年の12月~いろいろと頭で考えてたことを
実践してきて、そろそろ小さい容器は変えてみようかという
時期です。
一番最初に入手したクラーツとユダイクス。
とてつもなく大きくなっていました。
因みにクラーツは黒土多用、ユダイクスは
低添加と高添加のミックスのマットを使用しました。
両種とも、もともと入っていたマットをふんだんに
使用しています。

(画像はアクベス)
なぜこの2種を取り上げたかというと
両方とも3令初期での入手だったからです。
ミヤマの幼虫は初令~3令に加齢する期間が長いような
気がします。これは大型になる種類ならではなのでしょうか?
それとも長年ノコの飼育に慣れ親しんだ名残を引きづっているのか
分かりませんが、とにかくやきもきさせられます。
あと、動きが鈍いのと暴れ(?)とも思えるような
広範囲に移動する種類と、といろいろです。
そんな時期を過ぎた個体を手に入れることができた
2種は、エサの相性を見るには一番だったのですね♪



結論としては今のところ好結果です。
この2種類のデータをベースにあれこれ考えていきたいと
思います。とにかく交換時期のスパンも長いし、
飼育期間も長いのですが、モチベーションが
途切れないよう切磋琢磨していく所存。。。
って、最後・・・・決まっていませんね^^)







ちょっとミヤマの状態をチェックしていました。
そのあいだに狙っていたのが横を霞めていきましたが・・・



ところでミヤマクワガタに使うマットって
1種類ではなくて大まかに分けて2種類。
細かく言ってしまうと3種類必要か?と
感じています。(これ、持論なんで世間話程度でお願いいたします。)



基本のマット(市販)に、ブレンドしていくのですが
それが3種類かなー?というお話なんですね^^)



ユーロ系と国産系、それと黒土を多用する系の3つ。
もちろん全部に黒土は入れますが、令を重ねることによって
黒土の度合いは減らしていきます。
あと詰め方ですね。詰め方もステージによって変えていくと
面白いかな?と、思っているんですね♪



ちなみにここで言う国産系というのは、いわゆる
『ミヤマクワガタ』です。ミクラミヤマとアマミミヤマは
違うカテゴリーとお考えいただければと思います。
国産については、掘り下げていくつもりなんですが
離島各地(例えば中甑と伊豆諸島のミヤマは違う的な・・・)も
そうですし、九州と関東はまた違うのかな?という印象です。



一番相関性のないのはミクラミヤマのような気がするのですが
外産の近縁種だったら似たようなところがあるかもしれませんね。



ほかの種類のスキルが活きるのはユーロ系かなぁ?
でも幼虫の大きさはハンパないですね。。
これは嵌まるワケが分かります。



ミヤマ マルバネ ネブト・・・
この3種は嵌りそうです。
何といってもマットをあれこれ考えるのが楽しいのです。







いやはや2月はいつも寒いのは分かっていますが
ツライですねぇ。。ところでたまに古い記事にアクセス
してくださる方がいらっしゃるので、回想録では
ありませんが、書いてみますね^^)
もう既に飼育は撤退しているものも多々ありますので
ちょっと違っちゃっているかもしれませんが
参考になればと思います。

グロールコクワ

産卵は産卵木にしますが、この産卵木が決め手です。
他のクワガタに使った産卵木の割りカスの大きな部分を
止まり木替わりに使ったりしますよね?(使わない??)
だいたい割ってから半年とか経過したものなんですが^^)
そんな木に産みます。ボクはクリアースライダーで
産ませていました。一応マットで埋めましたが
マットは産卵一番かばくさん君です。
幼虫が産卵木からこぼれることがあるので幼虫が食べられるような
マットを使っていました。幼虫飼育は200ccカップで
羽化まで持っていった記憶があります。
だいたい20ぐらいは産みますよ。

ポルトンノコギリ

いわゆるノコセットで産みます。
幼虫飼育はマットで行いましたが菌糸でもいけるのかな?
という印象です。アスタコ同様温度が高いとあっとゆーまに
加齢していきます。

ラフェルトノコギリ

これもノコセットで産みますが、問題は幼虫飼育期間。
長いです。。幼虫の期間だけで14ヶ月ぐらいと記憶しています。
あと最後の部分で暴れて何本も菌糸ビンを無駄にした記憶が
あります。再開予定ありです♪



パプアキンイロクワガタ

最近、再開したので新しい記事を上げていく予定ですが
青固定の血統のお話でも^^)
青は固定されますが、ノーマルカラーより産む数が少ないのと
あまり大きなサイズは羽化しなかった記憶があります。
産まなくなると聞くことがありますが、ボクの場合は
モチベーションの低下が大きかったと記憶しています。
ボクが以前飼育していたころは、ワメナばかりでしたが
アルファックの青固定も出てきて楽しい限りです。



メタリフェルホソアカクワガタ

こちらもパープルメタリで再開しています。
産卵は無添加系微粒子マットの固詰めで産みます。

メタリは産卵より幼虫飼育が大切で、だいたい大きな♂
を羽化させるまでに♀が2回転ぐらいしてしまうので
複数お持ちでない場合は、小さな♂を羽化させる必要があります。
幼虫で購入の方はまず、同時期に♂♀を羽化させて
その次世代で大型の♂を狙うといいと思います。
小型の成虫は羽化させるまでの期間はそんなに
長くなかったと記憶しています。

ムシモンオオクワガタ

イタリアですね♪ コクワやオオクワのセットで産みます。
幼虫があんまり食べないので心配になりますがほぼ羽化してきます。
小型種がお好きな方、今は比較的安価なので入手しやすいと
思いますよ^^)

フォルフィクラ、モーニッケ、ミルメコレオンなど。

ここら辺のノコは記事にしていないかもしれませんが
全然産みませんでした。特にフォルフィクラの台湾亜種は
難攻不落です。。どなたかうまくいったら
教えてください。

あとカテゴリのアマミノコ(産地公表できず)は与路島産です。
与路島は当時、採集禁止と囁かれていたので公表しなかったのですね。。
現在で採集禁止ではないけれどワイルドの入手が見込めないのは
ヨナグニネブトだと個人的には思っています。
ネブトとマルバネの生息域がほぼ同じなので、採集がまずできない
と思います。あと近年採集禁止地域になった石垣島。
時間の問題といつも話題にあがる西表島。このあたりのクワガタは
お持ちでしたら大事にされておいたほうがいいと思います。
付随してヤエヤマコクワなのですが、国産種の中で一番
価格変動の大きなクワだと思っています。最近はニセモノも
出回らなくなってきたので安心材料も増えてきました。
今が底値なので、お探しの方は入手するチャンスです❤
半年後に今の三倍とかになるかもしれません。



最後にネブトクワガタなのですが、全般的には流通量は少ないです。
あまりショップで取り扱わない種類ということが手伝っているのか
は分かりませんが、全般的に高騰気味です。
飼育に関しては以前のようにマットを作ったりしないで済むので
チャレンジしてみてもいいと思います。

2月クワタを皮切りに今年もシーズン突入します。
少しでも参考にしていただけたら幸いです♪







さすがに5セット分のマットはなかったので
ひとつパプキンと同じ大きさのケースになってしまいました。
パープルメタリは複数の方から落札しまして、お一方は
5♀も届いたのですね。。残念ながら出品地域とそのときの寒波の
影響で5♀のうち2♀が死着だったのですが、そんなにいても
仕方ないので、これでよしとしておきます。
余談ですけど、脚が絡まるような状態で届いても(疑死とはまるで違う。)
暖かい部屋でゆっくり元に戻してあげると蘇生する個体がいますから
嘆く前にティッシュをぬるま湯に浸してちょっと待ってみると
いいですよ。。ただ、この時期は発泡容器でないと心配かもしれませんね。。



ボクが飼育を始めたときは夢のまた夢だった
青や紫、黒のメタリフェル。いろいろな色がいますが
サンギレンシスとはまた違った魅力がありますね。
♀もこんなに黒い(実際は深い紺・・・というか紫といいますか?)
しね^^)話を戻しちゃいますけど、蘇生してもフセツが全部
取れちゃったりする個体も出てきますが、元気なら大丈夫です。



全部違う♀で画像にしていますが、見事に紫黒でしょ?^^)
メタリの♀って、見るの10年ぶり(そのあいだに一回ぐらい見てるか?)
ぐらいなんですが、こんな色の♀は初めてです。



ここまで大きくすると分かりやすいと思います。
4つのうちひとつでも数が出たら嬉しいですね♪


material by:=ポカポカ色=