のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 5
10
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[07/19 東京クワジ]
[07/18 あんず]
[07/18 少佐]
[07/18 あんず]
[07/18 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


特に♀がですが・・・

この猛暑で起き出しています。
♀だけならまだしも♂も起きている個体が。。



6月のクワタで出品したクチノエラブは♂♀とも
起き出してゼリーを舐めています。

このように環境変化で起き出しの期間は変わります。
種類によっても様々で、ヒラタやコクワは固まる時間を
要しますが起き出しまでの期間は短いです。



南西諸島系のノコ、特にトカラは休眠期間にバラツキが出やすい
種類です。ボクの印象では本土系ノコのほうが体内時計が
しっかりしているのかな?と、思っていたのですが
その限りではないようです。

次のクワタ・・・8月横浜ですが
今年羽化個体で即ブリOKなペアを出品するかもしれません^^)



昼休みが長く取れたので
近所のスーパーで黒土と腐葉土を買い
ミヤマクワガタの産卵セットを組みました。



腐葉土は残念ながらこないだ購入したモノのほうが
クワガタ向きでしたので、今回使用を見合わせました。。



Uマットは持っていたけど他のマットは
3連休のうちに全部使ってしまったので
ネブト用寝かせマットとUマット、黒土と少量の腐葉土で
セットを組んでみました^^)




・・・・しかし。。炎天下の中でやるもんじゃないですね。。




先日、ミヤマクワガタ2亜種2産地の
産卵セットを組んで経過を見たら
イズミヤマの♀が潜っていない。。。

慌てて修正をして潜ってもらったのですが
同じ種類(亜種含む)でも産地によっては
細かな違いがありますね^^)



今期は本土ノコの離島モノが何産地か飼育しましたけど
幼虫の食性。。。違いますもんね。。
なんでもかんでも菌糸に入れればいいという訳では
ないようです。



画像は全然違いますが、今年ハチジョウノコを
飼育しています。♀は大きくなっているので
エサは間違いないと思うのですが、♂は
モノの見事に小さい^^)
これは・・・温度でしょうね。。
ハチジョウノコについては他のクワガタを飼育する
ヒントが当てはまりそうなので来期実践してみようと
思っています。



ヒラタもね、面白いことに気付きましたよ^^)
今年の産卵セットはほぼ本土ヒラタなんですが
完熟系のマットを底に敷いて上部をばくさん君にすると
反応もいいですが、産むのは完熟系マットに産んでいます。
単に底の堅い面に産んでいることも推察できますが
壁面に産んでいないことから何か違うのかもしれません。



産地による違いなのか、種類による違いなのか?
はたまた個体による違いなのかは、飼育してみないと
分からないことが多いです。
経験に頼らずその都度の対応も大事なのかな?
とも思います^^)




カテゴリー、どちらにしようか迷ったのですが
飼育的な話になるのでコチラにしました。



コクワガタの飼育は、どちらかというと
『飼育の基本』的な印象が強いのですが
離島モノとなると中々どぉして的な亜種、産地が
存在します。ここでも度々書いていますが
ボクは材産み種というのがあまり得意ではありません。
コクワも材産みなのでソレに当てはまったりします^^)



画像は竹島産ですが、トカラコクワなどは
成虫ペアで入手後2年越しでやっと満足のいく
結果を得ようとしています。



こちらのコクワは得意になってきました。
アマミコクワ系は人工カワラ材などが有効と聞きます。
これも産地でちょっと変わるみたいです。



あとコクワは大きな成虫を孵すにはコツが必要か?
と、思うこと暫しです。羽化までは持っていくのは
比較的容易ですが、温度が高いとさっさと蛹化するし
じっくり飼育するとその幼虫期間の長さに困惑したりする。。。



ヤエヤマコクワも例外ではなく、産卵時期によっては
幼虫期間4ヶ月~半年で蛹化羽化する個体が存在するほど。
ボクは1回目の産卵セットで得た幼虫は成虫までの期間が
短いです。温度を下げても下げきれていないのかも
しれません。



地元で採集したコクワをなんとなく飼っていたら
幼虫が見えて適当なマットに放り込んで忘れた頃に
成虫になっていたなんて経験がある方も
いらっしゃると思います。
ボクもその一人なんですが^^)
そんな経験がコクワの飼育を難しくしているのかな?
とか思ったりしています。



してますしてます^^)
ペアリング。



スペキオスス。
♀が待つのね?



ピプラギアトゥス。
仲・・・いいです♪



請島。
今期のアマミノコは請島のみ。
頂いているコメントに入荷情報あり♪
追加の可能性も^^)



悪石。
今期、中之島のブリードはお休みです。
休眠明けが早い個体がいればブリードします。



ネブト各種。ネブトはいろいろいるので
また今度詳しく書きます。



臥蛇。
けっこー♂が待ちます。
触覚立てて・・・
臥蛇は大切にしたい産地です。



ヤエヤマコクワ。
西表は大富ですね。
2系統所持しています。



ミシマコクワ。
竹島です。非常に稀な産地のコクワ。



ヒラタ各種。
どちらかというと本土系に偏っています。
これも今度別記事にて。



タイワンオオ。
遂にと言いますか、やっとと言いますか?
来週産卵セットを組みます。
オオクワガタはタイワンオオ以外もブリード予定です。

と、まー今年はいろいろですね^^)
これ以外にも入手する予定なので部屋・・・
どぉなっちゃうんだろー??




material by:=ポカポカ色=