のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2
6
14 17
22
25 26 27 28
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[02/22 あんず]
[02/22 バッビーノ]
[02/21 あんず]
[02/21 東京クワジ]
[02/20 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


8月~9月(遅いものは10月上旬)に割り出して、
今回はプリンカップを使わず
400cc菌糸をメインに使用。
割り出し時、既に2令後期の個体もいたので
♀は500、♂は800に投入。
ここで少し迷ったけど、菌糸の供給が思うように
いかなかったこともあり結果、引っ張ることに。
11月下旬から現在まで2本目の交換を実施中。。。



・・・・って、アンナチュラルっぽい?^^)
書いてある内容は事実ですよ^^)
事実はひとつですから♪って、99,9っぽい?^^)

最近は年甲斐もなく、ドラマに嵌っているんですね^^)



昨年から今年にかけて寒波の影響や菌糸の状態が
よかったこともあって(供給は残念でしたが。。。)
2本目は思いがけず好調です。ここで思いきり
育ってもらわないと幼虫の期間が長くなりすぎたり
交換しないが故の発育不良など、大事な時期ではあるので
寒いけど疎かにできないですね^^)
ボクにとっては晩秋~年末は繁忙期にあたるので
クワ飼育のみを考えると悔しい想いをすることも
あるのですが、昨今の労働基準の徹底とでも言うのでしょうか?
休みはしっかり取れるので、数の割にはうまくいっています。



ネブトは今回の交換でほぼ羽化まで行くと思うので
あとは乾燥をさせないコマメなチェックとメンテでいいのですが
ノコやヒラタはここからが本番。
大型に育ってくれた幼虫たちの容器を温度の低い場所に
移動させて様子を見ます。1月交換や今月の交換は気にしなくても
いいかもしれませんが、昨年交換分はそろそろです。



♀は早ければ、蛹室を作り出す個体も出てくるので
そのへんもチェックしとくといいかもしれません。

2月は意外と休みは忙しかったりするので
計画的にやっていかないと悲しい結果になるときもあります。

ここからがノコとヒラタは、飼育の仕方に違いが出てきます。
ノコでうまくいったからヒラタでも・・・が一概に言えなくなるので
『飼育のエトセトラ』・・・書かせていただきます^^)





よっしゃ!の28g。
これ・・・菌糸だったら小さくガッツポーズなんですが
マットなんですね^^)

ユウタンさんで販売している『完熟マット』で飼育している
個体です。で…種類は何なのよ?と聞きたいトコですよね?

トクノシマヒラタなんですね^^)

今期、ほぼ菌糸で飼育しているのですが
種類によってはマットで飼育しています。



色もまだまだこれからというカンジ♪

ところでこの『完熟マット』
トクンシマヒラタは御覧の通りなんですが
ゴトウヒラタやニジイロクワガタなんかも大きくなります。
ノコはトカラ アマミが大きくなりますけどバラツキがあります。



交換の容器も完熟マットなのでけど、すんなり潜ってくれました。

幼虫がこの色だと、たぶんもう一本必要です。
マットで大きいのを孵すのは醍醐味満載です❤

ここから先はいろいろしなくてはなりません。
次は4月下旬~5月にかけて交換して
蛹になってもらいます♪


外産種を中心に飼育されている方には
意外に思うかもしれませんが、国産種の場合
いくら温度管理をしていると言っても、やはり時期のほうが
産みもいいし幼虫の発育もよろしいです^^)



今日は時間に追われたせいで画像を撮らなかったので
過去の画像をイメージ的に添付しています。



本日の割り出しはミシマイオウノコ3セット。
ミヤケノコ(式根島)1セット、ニジイロ極赤1セットです。
セット日は9月下旬~11月上旬とけっこーバラツキがありますが
孵化あたりで温度が下がってきた時期ですので割り出しを
敢えて遅らせています。特に本土ノコ系は温度が下がってくると
卵のままだったり幼虫でも加齢が鈍るため、ある程度の期間を
設けても大丈夫です。また温度が下がるとマットの劣化も
表面だけで中は大丈夫だったりするのでそんなに心配はいりません。



結果はと言うと、ミシマイオウノコの11月19日セット分が
ボーズ以外は満足いく結果となりました。
ミシマイオウノコは残り2セットで70弱
ミヤケは13頭、意外だったのはニジイロ極赤。
初令で10頭ばかり出てきました。
♀もまだ脚を踏ん張って威嚇するぐらい元気です。
ケース側面から見る限りではそんなに徘徊している様子は
見られなかったので、こりゃ力尽きたか?と、思っていました。
(このニジイロの♀は産卵が2回目で、1回目は50余り産んでいます。)
ちょっと休ませたら温度の高いところでもう一度セットを組みます。



あと残りは3セット。ヤエヤマノコとチョウセンヒラタと
伊豆大島産ノコ。この3連休のあいだに片づけてしまおうと
思っています。


ボクがクワガタを飼育するうえで大事な
キーワードです。



ワイルドを購入したらすぐセットは組みたいですよね?
でもちょっと待ちます。
自分の飼育スペースの環境に慣れてもらいます。



半年休眠させました。活動は開始しているみたい。
でもちょっと待ちます。
ケースに移す、エサを与える、ペアリング。
ここですぐ行動に移すのはケースに移すことぐらい。
あとはちょっと待ちます^^)



産卵セットを組みました。卵が見えています。
小さい幼虫も見つけました。
でもちょっと待ちます。
♀がどこにいるのか?気温はどうか?
どのくらい数が欲しいのか?
考える時間を設けます。



エサ交換。これは個々の状態に応じます。
割と焦ります^^)



菌糸ビン。まずは購入後、すぐに入れられる状態か?
把握します。分からない場合は聞きます。
ショップ等で冷蔵庫保管しているものは2,3日
待ちましょう^^)そのほうが何かとよろしいです。

こー考えるとクワ飼育は待つことが多いです。
個人的には大切だと思っています。


なんか乗ってきたので書いちゃいます^^)

この時期の成虫管理なんですが



ノコは極稀な例を除き、ほとんどが昨年羽化の
休眠個体だと思います。これは過去の記事を
参照にしていただければと思いますが、



このへんは管理の仕方が違います。
コクワはあまりスペースが必要ない(個体が小さい)
ので、ノコ同様の管理でも大丈夫な場合もありますが・・・
ヒラタの場合は、活動している個体同様、
後食している個体と同様の管理にしています。
意外とタッパー内を動き回る傾向が強いので
あまり狭いとこに入れとくとアゴ先が欠けたり
サイアク・・・☆。。。なんてこともあるので
活動開始後の成虫と同様の管理をしています。

やっていることは、クリアスライダーにマットを半分ぐらいの
高さまで入れて止まり木(できれば底面積が広い)を入れて
ゼリーの半切れも入れておきます。
食べる個体はゼリーが空になるし、食べないのは
ゼリーが縮んでくるので判りやすいです。
(この時期は腐敗することはあまりないです。。)



ネブトもヒラタ同様です。小さいので
タッパー内を動き回っても大丈夫なのですが
やっぱり不慮の事故を考慮して、プリンカップに
マットを半分ぐらい入れて様子を見ます。
ネブトとはいえ、クワガタなので力は相当強いので
種類別にCD等を保管するプラケースに入れておきます。

ここで一番大切なのは乾燥に気を配ることで
定期的なキリフキは欠かさないようにしたいところです。

比較的、自然下で活動する時期が早い種類はこぉしといたほうが
後々ラクかなー^^)なんて思っています。

採卵から幼虫飼育を得て、やっと孵った成虫を
些細なコトで次世代に繋げないのはけっこー凹むので
ここは大事にしときたいな^^)と、思うのでありました♪


material by:=ポカポカ色=