のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
7
13 14
21 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 あんず]
[11/17 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


本土系ノコの魅力は亜種を含め、散々書いています^^)
では、飼育面からみる魅力を綴ってみたいと思います。



産卵は基本、発生時に行うのがいいと思います。
だいたい6月~9月。ここ最近では10月ぐらいまでは
温度的に範囲内です。このとき飼育個体の場合は
起き出しの状態や交尾の有無等、注意しなければならない
トコロもございますが、採集個体はそのまま産卵セットに
入れても成功率は高いのでお気楽に構えていてもいいと
思います。セットはマットの固詰めセットでも構いません。



6月~のセットだと、早ければ2、3日で卵が見え始めるし
そこから2週間もすれば孵化します。
流行るキモチを抑えてケースから見えてる幼虫が2令になって
割り出すといろいろなステージの幼虫が割り出せます。
あまり数が必要のない方は、♀が上に上ってきたら取り出して
幼虫数をコントロールするという技もありますよ^^)
幼虫数をコントロールしたい場合、採集個体なら追い掛け
飼育個体なら多めの交尾をさせて臨むとよろしいかと思います。



ここで少し心配なのは、幼虫の初期ステージが真夏に
差し掛かるので、常温飼育される場合は少し配慮が必要です。
これは時期が来た時にUPさせていただきます。
温度が高いのはよくない・・・だけではありません。
うまくやりますと3令まで到達するのに短期間で済むので
そこからじっくりでも間に合います。
本土系ノコの幼虫体重は、アマミ系より乗らないので
心配はありません。♀で10前後、♂で14~だったら大成功ぐらいに
思っていていいと思います。飼育レコード狙いの方は、
それこそ本土系ノコはやりがいがあると思います。



幼虫に使用するエサですが、マット 菌糸のどちらでも
大丈夫です。いろいろ自分なりに工夫してみるのも
楽しいですよ^^)マットオンリーで飼育するにしても
添加が強い 無添加を分けたり、ブレンドするのもいいと思います。
途中菌糸で最後はマットなんて飼育もOKなので、数が採れた場合は
いろいろ試してみるのもいいと思います。

一番厄介なのは、前蛹 蛹の時期。
このときは細心の注意が必要になる場合があります。
ここをうまくクリアできれば待望の新成虫です。
ボクは飼育し始めのころは、近所の山で採集してきた個体を
外産と一緒に飼育していました。60ミリ前半だったと記憶していますが
初羽化は、当時飼育していた外産より嬉しかったように思います。
当時はニジイロやパプキン メタリフェル ビソンを飼育していたので
あの見慣れたクワガタっぽい蛹が随分カッコよく見えたものでした。



本土系ノコは亜種や産地によって飼育期間やサイズで大歯になる
頃合が違います。まずは羽化、その次は66以上を目指してみると
ハードルの高さを感じてきます。でも羽化までは持っていけてる、
ある程度大きな個体を孵すことができたなど、自分なりのモノを
越えていける楽しみがあり、翌年もとなっていきます。
そのときに亜種を含め、増種されていってもいいと思います。

本土系ノコは、亜種でなくても個体差 地域差が出るので
本当に面白いと思います。旅行ついでに採集して
その個体をブリードするのも楽しいと思います♪






国産ノコの2大巨頭と言っても過言でないでしょう^^)

飼育に若干の違いがあるのでご連絡させていただきます。



産卵に至るまでの成虫ですが
やはり管理している環境で休眠期間は変動します。
これは本土系もアマミ系も同じですが
本土系のほうが体内時計がしっかりしている印象です。
どちらも休眠期間の短い個体は産む数が少ないです。



産卵セットは同じで構いません。
幼虫はアマミ系の小型・中型と本土系ノコの幼虫体重は
同じくらいです。(若干本土系のほうが大きいです。)
アマミ・トクノシマ・トカラは
17g~が期待できる数値です。
幼虫期間は本土系のほうが長いと認識していますが
アマミ系も産地・亜種によって幅があります。
菌糸に対する特性は、アマミ系のほうがいいように
認識しています。



前蛹、蛹の期間はサイズで変動します。
これはどちらが長いとかは言えません。
双方とも3令後期でマットに移すと頭部幅があり
腹がスッキリした個体が孵りやすいです。



羽化した成虫のサイズですが、トカラで72
アマミで76 クロシマで66 本土ノコで66あたりは
大成功と思っていいのではないでしょうか?
大歯になるサイズも各々異なりますが、これを
書いちゃうと長くなるので割愛させていただきます^^)
どちらも産地で型の違いが確認できるので面白いですよ♪
本土ノコ系は個体数を見る機会が多ければ多いほど
産地による違いを確認できるので嵌ってしまいます。

最後にノコは多産です。
種類を増やして産むだけ産ませると大変なことになります。
自分なりの拘りでコレクションしたり、
産卵数をコントロールするなどして楽しんでください^^)
きっと面白いと思います♪



スミマセン。。
思いついてやってしまったので
画像がありません。画像は全て種親です。

6月24日セット分(1回目)
8月8日割出分の菌糸交換をしようと思い、
13頭ほど割ってみました。
うち1頭は蛹でカワイソウなことをしてしまいました。
2頭はまだ幼虫(1頭はかなり大きかったですが
もう1頭は、菌糸があっていないような印象)でしたが
あとは全部羽化していました。1頭のみ羽化直後で
残りは羽化後、ある程度時間が経過しているようでした。


(画像は種親です。)

現在、2♂8♀2幼虫(1頭は♂、もう1頭は判別不可能)
1蛹(☆。。。♀でした。。)
今日が11月12日(割り出しをしたのは11日)で、
羽化時期は最低でも2週間前ぐらいだと思います。
前回の飼育でもそうだったのですが、1回目の採卵では
数が多く、だんだん少なくなっていくのは他のクワガタ同様です。
また♀が多いのも同じ、1回目のほうが幼虫期間が短いです。
今回も約4ヶ月で羽化まできています。
温度管理をエアコンでしているとはいえ、夏場の外気の影響は
受けるので、そこらへんが関係しているのかな?とも思います。
ただ今回は500ccに投入しているのでサイズ的にはソコソコです^^)
(前回は菌糸カップ1個で羽化していました。)
残り2頭の幼虫は同じ菌糸の500ccに。
2度目のセット分は、8月中旬9月17日割出しなので交換はもう少し
後にしようと思います。



幼虫の食餌状況ですが、♀ということも関係しているのでしょうか?
あまり食痕が見られませんでした。明日明るいウチに♂の食餌状況も
確認してみようと思います。
面白かったのはどの個体も菌糸上部に蛹室を作っていたこと。
蛹室脱出が容易にできるようにしているのかな?と
感じました。
(おかげで蛹1頭カワイソウなことをしてしまいましたが。。)
新成虫は動きが早いです。あと色がね♪しっかりと赤いことが
確認できるので、これは飼育者冥利に尽きるところです。



9月割出分が羽化してきて、ペア数が確認出来たら
若干ですが販売も考えています。
可能な限り、対面販売が希望です。
残念ながらヤエヤマコクワは、偽物も出回りました。
一時期、ワイルドが採れた時期もありましたが
現在では採れても少数です。貴重なクワガタには
変わりないので購入される方の納得のいく配慮を
させていただきたいと思います。
販売できる時期が来ましたら再度UPさせていただく予定です。
そのときはよろしくお願いいたします。


以前は完全乾燥タイプとかありましたが
(今でもあるにはあります。)
現在ではほとんどがそのような表記はありません。
加水の有無、量は飼育する種類やマットの状態
管理するスペースの湿度などで加水量を変えていくのが
ベターだとは思います。でも、そんなのワカンナイ。。
(ボクも毎回試行錯誤です。。)と言うのがホンネ♪



だいたいこんなカンジのものを購入されると思うのですが。。
密閉はされています。こまかーく言いますと
微量ですが漏れていると思ってください。(ここは空気です。)
ボクは購入後、ビニール袋に画鋲で表裏9ヶ所ぐらい穴を開けます。
で、それから1週間ほどしてから使います。
ボクはマットを購入する場合、ほとんどがショップで選んで買っています。
マットの色、袋から漏れるニオイなどでどのくらいの期間で
いい状態になるかを判断します。
この時期、朝夕と日中の温度格差が激しいので、そんなこんなを
しているとマットに水滴が付き、水分量が変化します。
要は大気中の水分を取り込んでしまうのですね^^)
これは画鋲で穴を開けなくてもそうなります。

ここからが本題です。
マットの袋を開けてバケツ等、他の容器に移すのですが
このときマットの量は少量にします。あまり多いと分からなくなるからです。
で、グっと握ってお団子が出来たら加水の必要はありません。
手の端からマットがこぼれるようでしたら少しづつ加水します。
ここを雑にしてしまうと後々メンドーなので慎重に事を進めます。
水はマットより重いので底からたくし上げるように撹拌して
状態を見極めます。マットの出荷状況で変わるのと
季節ごと温度湿度が違うので、この状態を覚えておくと
イイと思います。
加水量は、エサの寿命もそうですが幼虫の生育状態も
大きく左右するので大切だと思っています。
特にこの季節の変わりめの時期は迷うこと多々です。
ご自分の一番を見つけてください^^)




まずは割り出し時期からですね^^)
国産ノコの場合、状態のいい♀ですと
産卵セットに入れてから2日程度で卵が見え始めます。
今回は、採るだけ採ろうという前提で話を進めます。



ノコ♀の行動はさておいて、早ければセット2週間前後から
幼虫が見え始めます。採るだけ採るのが前提なので
ここはほっときます^^)
で、その後も産み続けますのでどのタイミングで割り出すか?
が問題ですが、ここはもう飼育されている方の好みです♪
早い段階で割り出すのでしたら、割り出しに細心の注意が必要です。
例えばセット後1ヶ月半で割り出したとしましょう。
そうするといろいろなステージの幼虫や卵と遭遇することに
なりますが、個人的にはケース壁面に見える幼虫が2令初期になるまで
待つことが多いです。セットに使用しているマットが著しく劣化したり
しない限りはそうしています。
初令で割り出した幼虫はプリンカップ。
2令初期あたりで割り出したら500もしくは800の容器に入れます。
このときの温度帯はプリンカップならセットよりやや低め、
PPボトル等でしたらセットと同じくらいでいいと思います。
初令はセットと同じマットで構わないと思います。
水分が若干多めがいいです。プリンカップは乾燥が早いので
たまにキリフキしてあげるといいと思います。
PPボトル等も同様ですが、何故プリンカップは温度を少し低めに
するのか?小さい容器のほうが外気の影響を受けやすいからです。
菌糸に入れる場合、セットより低めの温度帯の場所に置きます。
菌糸のほうが容器内の温度が高いのと、菌糸にいい状態の
温度帯のほうが幼虫環境も安定するので若干低めの場所に
置くようにしています。プリンカップに入れた幼虫も2週間程度で
大きな容器に入れたほうが無難です。
ここからは期間で交換するか?個体の状態を見ながら交換するか?
なのですが、ボクは個体の状態で交換しています。
マットの状態が悪い、多頭飼育等以外ではだいたい2ヶ月あたりが目安
ではありますが、大きい個体は居食いするしマットが揺る詰めだと
マットの高さが低くなってきます。
ちなみにヒラタとノコを比べるとノコのほうが3令に達するまでの
期間は長いです。
居食いをしている個体は引っ張れるだけ引っ張りますよ^^)
交換は少ないに越したことがないのです。



8月に割り出したとして、10月~11月に交換。
お次は2本目ですけど、ここはもう個体の大きさで判断します。
大きな♂幼虫なら1400。♀や小さな♂は800です。
ボクは2本目は引っ張るのでマットなら水分多めで温度低め。
このときの温度低めは幼虫が活動できる範囲の低めです。
あまり低いと休眠状態になり、幼虫期間が長くなります。
ここからはまた時期になりましたらUPさせていただきます。
ノコ幼虫は2令中期あたりから強くなりますが、それまでは
意外と弱いです。そのことを覚えておいて
割り出しや容器投入をされるとカワイソウなことが
少なくなると思います♪



material by:=ポカポカ色=