日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 特に離島モノが大好物です。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
4
14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/12 あんず]
[12/10 東京クワジ]
[12/01 あんず]
[12/01 s-れいん]
[11/24 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


実は最近、気が入っていないアマミノコ。
今年もキヤンマ山と加計呂麻は羽化して
累代はできるよう確保はしていますが、ずーっと続けていた
油井岳は終了。請島は完売。与路は・・・あっ!います^^)

奄美大島産キヤンマ山と与路島、加計呂麻島の
3産地がいるんですね^^)

ところでアマミノコは奄美群島の個体は入りませんが
奄美大島産のワイルドは毎年入荷するので
少し興味が薄れた感があったのです。

でもね、大きいのはやはりカッコイイし♪
いわゆる国産ノコのフォルムで77~というのは迫力があります。

南西諸島のノコはトカラノコ(中之島)に集約しているとはいえ
少し寂しいかな。。

ノコとヒラタってウチでは大型種になっちゃうんですね^^)
まぁオオクワもウチの飼育種の中では大型の部類ですが
ノコ・・・大きい個体も拝みたいなぁとか、ふと思ったんですね。

アマミノコの大きな個体を飼育で羽化させるのは気にかけなければ
いけないことも多く時間もかかるので少し敬遠気味でしたが
種親もいることだし、ちょっと頑張ってみようかなと
思っています。




最近、お酒を呑んでいないのです。。
それでも転寝するようになってしまいました。
ちょっと疲れているかもしれません。



ところで、ちょっと前にヤフオクに嵌っていると
お伝えいたしましたが、まだその余韻が残っていて
見るのがクセになっています^^)



これ・・・凄まじく古い画像から出していますが
今、特殊カラーのパプキン。。人気ありますねぇ^^)
ボクも途中まで入札していたのですが、この画像の子の
親を購入したときの金額を考えると・・・
ちなみにパプキンは色が固定できます。
この画像の周辺画像から推察すると、この子はたぶん種親から
数えて3~4世代目。全部青系の個体が孵ったと記憶しています。



キンイロ系で見てみると、何気にニジイロは累代してみたり
購入したりと、けっこう長く付き合っています^^)
まぁ身近に御大がいるというのも大きいです♪



ピカール血統チックなのも持っていたんですね?
まぁこの子たちは販売して累代はしていないかもしれませんが。



これ・・・完全に忘れていますね。。
たぶん当時は随時いたんだと思います。



おおっ!これ・・・自己ブリードのミヤマですね!!
羽化したばかりだと思います。羽化したばかりの個体は
全体に金色の微毛に覆われてとてもキレイだった記憶が^^)



この画像も・・・かなり古いです。ゾウカブト、
やっていましたね^^)いっぱい幼虫が採れて
困ったんだ。。。emoji
たぶん標本がまだあるはずです。自分で羽化させた個体は
羽化後触りすぎて☆に。。。
そんなときもありました^^)



スマトラヒラタが逃げたの図。
かなりビックリしました♪

ちょっと回想録っぽくなってきたので
やめます^^)









・・・なんてね^^)


読みますけど♪


と、仕事先では挨拶代わりになってきている
このフレーズ(^^♪

クワガタ絡み(でないやつも入っています。)の
離島の海で少し和んでください^^)



え~っと?



どこだっけ??



これは分かります^^)竹富島。



久米島。



与論島??



石垣島。



式根島です。

少しだけクワ絡みでしたでしょ?^^)


古い記事を読んでみたり
画像を整理したりすることはあるんですね。。



いや。。。今とでは考え方が偏っていたり
違っていたりして、(内容によっては
かなりこっぱずかしいのもありますよ。。。)
やはり記録に残るのはいいですけど
比較もできちゃうワケなんですね。



ここ最近ではやはり起き出し。。
当時は半年と断言していますからねぇ。。^^)

以前から自分の好きな種類を大きく育てるために
他の種類を飼育して、ヒントを得たりしたものなのですが
最近は単純にそのクワが好きだからという理由のみで
飼育しているので、ある意味ズボラな部分が
垣間見えます♪



ブログの横にカテゴリーが羅列してあって
種類単体でカテゴリー分けしているカテゴリーって
今はほとんど使っていないのですが、
アマミノコの産地を公表していないのとか
ミヤケノコが仮称になっていたりとか当時の面影を
残しているカテゴリーもあります。
これ・・・削除しちゃうと画像から全部削除されてしまうので
そのままにしてあるのですが、当時はミヤケノコ・・・
(産地が未記載ですね。。。)
デカイの孵しています^^)今では考えられない。。。
ボクがミヤケノコで印象に残っているのは式根島産ですが
友人は『初めて会った時に神津島産のデカイのを持ってきて
ビックリした。』と、言います。
本人はあまり記憶にないのですが、記事には
『やっと大歯が孵った。。』なんて書いています。
当時はあまり詳細産地とかより種類(亜種)自体が少なかった
のかもしれません。



あと当時は持っていたけど今は中々入手しずらい産地なんかも
ありますね。。福江島 対馬のノコは今では中々手に入りません。
福江島はたしかブリードする前に♂が☆になってしまいガッカリした
のを覚えています。あと対馬産は大きくならないので
やめてしまったかもしれません^^)



国産ノコギリを本格的に飼育しだして記録に留める意味
も含めて始めた当ブログも今では種類・産地も多岐に渡り
飼育・紹介させていただいています。
これからもそうなるとは思いますが、少数を大事に飼育
する方向を模索していくのもいいかなとも思います^^)







material by:=ポカポカ色=