日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 特に離島モノが大好物です。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
4
14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/12 あんず]
[12/10 東京クワジ]
[12/01 あんず]
[12/01 s-れいん]
[11/24 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


早々に12月のご予約をいただきました^^)
どうもありがとうございます。
この子は一応千葉県産として入手した個体なのですが
ちょっと飼育色が強いので、どうしようか迷っていたところに
ご予約をいただきました。もちろん購入される方には事情は
説明してあります。



オオクワガタの産地による地域変異は軽妙ですが
やはり見る方が見ると違いがハッキリするそうです。
ボクなんかはまだまだ素人で少しづつ教えていただいているのですが
やっぱり個体数を見ないことにはどうにもなりません。



あと産地の特徴をね、後々まで残そうと考えるなら
菌糸の使いかたを少し考えたほうがいいかもしれませんね。。
大きな個体を孵したいというのなら今まで通りの飼育方法で
飼育されたほうがいいのですが、産地の特徴(サイズも含めて)
を保ちたいのであれば、少しマット。。。
使ってもいいかもしれませんね。。



オオクワガタの楽しみ方はそれこそ千差万別♪
ご自分のお気に入りになればそれが一番だと思います。




♂が2頭 ずーっと幼虫だったウイックハムヒラタ。
昨日1頭が羽化しました。
いやー長かった。。
こんなに時間が掛かったヒラタは久しぶりです。



おかげさまで最大個体です。
内歯が上向いてカッコイイですね❤



複眼の後ろもパプアヒラタみたいになってる。。



サイズ・・・どれくらいなんだろ?
今までは可愛かったけどこの子は違いますね^^)



♀がいつ羽化したのか忘れちゃったぐらいですが
現存しているのでブリードは可能。
たぶん12月のクワタに出しちゃうと思いますが♪




そろそろビン交換の時期を迎える個体も
ちらほら出てきました。
先日の神崎産オオクワガタから各産地ヒラタまで
そろそろです。



伯方島のヒラタ。
この数字がいいのか?どうなのかは
あんまり分かっていません。
ヒラタはサキシマと有田市以外はあんまり測らないのですね。。



神崎産オオクワ 最後の♂
うーん。。。こないだのより小さいですね。。

実はこないだの週末は、お買い上げくださった方に
クワガタを届けたあと、買い物を優先してしまったので
あんまりクワガタ・・・やっていないのですね。。

まだまだ交換しなくてはいけないのがいろいろあります。

今度の3連休にまとめてやるつもり♪
菌糸も買ってあります。


いやいや魅入りますよねぇ^^)



グランディス♪ ラオスです^^)
あんまり大きくはないけどお気に入りの個体です。



この角度からがカッコイイ❤
こんなに強そうなのに臆病なトコもご愛嬌です。



グランはタイワンオオほどの派手さはないけど
(タイワンオオもグランですが、あの煌びやかさは
ボクの中では別種です。)


グランならではのアングル。
前胸側淵の形状 眼上突起の鋭さ
真横な内歯❤
あと意外と語られないのですが内歯から先歯にかけての
カーヴと先歯の形状はグランならではです。


たまには目線を変えてみると新鮮です。
外産オオクワガタ❤





今シーズン・・・人気があったみたいです^^)
それもオオクワガタ。


ボクも随分手に入れました。



原点回帰なのかな?とも思うフシもあり、
ボクがクワガタ飼育を始めたころって
血統という言葉が使われ始めたころなんですね^^)



現在の90ミリという当時では考えられなかったサイズに
到達し、その血統に人気が集まるのと並行して
当時の血統モノや人気のショップ系統も再認識されている
みたいですね^^)ボクも買いましたし♪



併せて産地に拘る方々もいらっしゃるので
オオクワガタ飼育だけ取っても多種多様に
楽しむことができます。



実はクワガタ飼育が趣味として一般に広まろうと
していた時期はボクはまだクワガタ飼育はしておらず
ボクが始めた頃って、オオクワは人気こそはあったけど
大勢の方が他の種類にも目を向け始めていたころで・・・



血統モノは高額で取引されていたけどそれ以外は
割とお求めやすい価格で推移していたと記憶しています。



そんなワケで、実際にオオクワガタオンリー的な時期って
知らないのですね^^)ただオオクワガタやヒラタクワガタを
『黒虫』。それ以外のクワガタ、当時はニジイロや外産ノコなどを
『色虫』と呼んでいたことは記憶にあります。
確か当時懇意にしていたショップオーナーに理由を
聞いたりしていたと思います^^)



オオクワガタに関連があるかどうかは分かりませんが
ヒラタも人気があったみたい^^)
思い起こせば去年は、決まった方がまとめて購入してくださって
ヒラタは完売というケースがほとんどだったけど、
今年は昨年同様に加えフリーのお客様も随分購入してくれたもんなぁ。
特にサキシマヒラタはボクの中では意外で
西表と与那国を今期は販売させていただいたけど、
早いウチに完売となりました。



ヒラタも大型を探される方と、産地で探す方と
いろいろでこちらも多種多様♪
あと亜種で産地に拘る方もいらっしゃいます。

現在、タイワンオオと神崎産の幼虫がいますが
(あと奥多摩産をセット中)
来期はいろいろな産地と外産(グラとホペイ)の
セットを組む予定。
楽しみは増すばかりです♪










material by:=ポカポカ色=