のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
7
13 14
21 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 あんず]
[11/17 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
が、2種類ウチにいます^^)



左:インターメディウスヒラタ 右:ウイックハムヒラタ

インターメディウスヒラタはガダルガナル島。
ウイックハムヒラタはオーストラリア(クイーンズランド)です。

インターメディウスヒラタはワイルドからの採卵で
ウイックハムヒラタはCBです。



アゴの形状もそうですが、複眼付近の形状
ボディ形状も随分違いますねぇ。



この手のヒラタはひょっとしたら国産レア産地好きより
少ないかもしれません。

ボクはこの型のヒラタは大好きなので
今後は集めるかもしれません^^)


この3連休は台風に直撃されそうですね?

一応まだ雨が降っていなかったので
今日の予定(バイクのバッテリー交換)をこなし
雨が強くなる前に帰宅できたので
ユウタンさんにマットを買いに行きました。
久しぶりに逢う店長と会話が弾む中、あれこれ話しているうちに
連れて帰ってきてしまいました^^)



佐賀県神埼産CB



ちょっと太めですが佐賀県産の特徴を
色濃く残した個体です。



前胸側淵のラインもキレイ♥



血統モノも素敵ですが、産地の特徴が
しっかり出ている個体も秀逸モノ(^^♪

今年羽化なのでブリードは来年です♪




意外と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
けどね、ボクがクワガタを始めたころは
まだまだ高嶺の花。
それでも先輩諸氏は、
『安くなった。。。』と、嘆いていました。

前胸側淵の形状が2種類あって
CタイプとGタイプに分かれます。
まー合いの子もいますが・・・
こっち側の型はC・・・だね?


こっちは完全なGだっ!^^)
上から見るとGなので、Gタイプとしときましょう(^^♪


何がいいかって眼上突起の鋭さ!
真横よりちょい上向きの内歯、先端の槍っぽいトコ♥



こんなに強そうなのに
臆病なトコもカワイイ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

今でこそインドモノが入手できるけど
当時は、ラオスが主流。インドは高かったからなー。。
と、この子 グランではないのです^^)
タイワンオオクワ。
しっかりとオリジナルな型が出ている個体を
探していたら、意外と身近にいました^^)
ボクはオオクワガタと呼ばれる種類は
あんまり詳しくないのですが、巷を賑わす血統モノは
凄いなーと思う反面、元々の型がしっかり出て
ラベルも確実・・・みたいな個体にも惹かれます。
このタイワンオオを入手したお店に
国産オオのしっかりラベルも販売していました。
お小遣が入ったら入手する予定です。



6日間あった夏休みも最終日。
メランコリーな気分は拭い去れませんが
ユウタンさんで野暮用済ませて、そのまま
最寄りの駅で伊豆大島に持っていく小物を
買って、最後は成虫のマット替えで締めくくりました♪



チョウセンヒラタ。
現在孵っている子たちの親です。



トカラコクワ(悪石)
中之島もいます♪



ヤクシマノコ。
今期はブリード断念です。。
♀が☆です。



アマミヒラタ(与路)
幼虫採れてます♪



本土ヒラタ(馬渡島)
別系統がいます。



タカラヒラタ(宝島)
この系統の♀は★。。
別系統がただいま羽化中。

 

スジブトヒラタ(奄美大島)
ブリードモノです。
現在産卵中。



本土ヒラタ(奈良県)
ワイルドはこの奈良県と種子島です。
この子の伴侶はいま、頑張っています♪



最後は屋久島産の本土ヒラタ。
この子はブリード。2ペアいます。

こないだ換えたばっかりのヤツは変えていないので
まだいるけど、とりあえずこんなカンジです♪


何故かいる。
先日もムシモンの♀が☆になっていて
ぁああ~と嘆いていたら
止まり木から幼虫が2頭。。
しかも♂♀1頭づつだったので大事に育てようと
心に決めて♪

ふとネブトの棚(いいでしょ?このネーミング(^^♪)
に、目をやると・・・



孵っていました。

ヤマトサビクワガタ(徳之島)
確か採集禁止になったんだよね?
むし社さんでWF1が出ていて
これが最後かもなー。。なんて思いながら
ケースをのぞき込んでいた。

随分前にプレゼントしていただいて
何ペアか販売もさせていただいて・・・
親もまだ元気で^^)



♂が前蛹なヤマトサビ。
この子もオススメの小型種です。



material by:=ポカポカ色=