のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
7
13 14
21 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 あんず]
[11/17 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
と、言っても2島のみなんですけどね^^)
種子島産と屋久島産。



まずは屋久島産。ちょっと画像ゴメンナサイ。。
屋久島産はボクの周りでは一昨年あたりから
見ることができて、ワイルドで入手したにも関わらず
採卵に失敗し、友人がブリード個体を
2ペアプレゼントしてくださったんです^^)



その2ペアの小さいほうの♂です。
ワイルド♂も存命しています。



お次は種子島産。こちらもブリードモノです。
屋久島産とさほど変わりはありませんが
内歯の出方とかアゴの先端の湾曲具合・・・
いや、個体差でしょうね^^)



ちなみに種子島産のヒラタは大きくなるらしく
種子島産を好んでブリードしている方も
いるそうです。以前、紹介させていただいた
馬渡島のヒラタも大型になる産地なんですってね?
(ボクは知りませんでした。。)

大隅諸島のヒラタは、ボクはレアとの触れ込みで
思わず入手してしまったのですが、本当のトコロは
どーなんだろー?伊豆大島みたいにノコが多い島は
ヒラタ、コクワの個体数は少ないのでしょうか?
知っている方がいたら教えてください。

本土系ヒラタは、何故かいろいろいるのですが
やはり島ごとに見え方が違うように感じます。
大きく育ててみたい2産地です。



奄美大島周辺の島を産地とする
クワガタは、ボクの中ではノコでした。

この2年ほどノコだけでなく、ネブトやヒラタが増えて
何気に賑やかになってきたムシベヤ。



先日も紹介させていただきましたが
再度登場です。

アマミヒラタ(加計呂麻産)

実はこんなに反響があるとは思いませんでした。
アマミヒラタは、なぜか請島産が手に入り、
その請島産がきっかけで与路島が入手できて
こないだひょんなことからこの加計呂麻が♪



そのあいだに奄美大島のワイルドも入手することが
でき、あっとゆーまに大方揃いました^^)

以前にも書きましたが、数年前では考えられなかったです。



アマミヒラタの場合、島ごとの違いは
上翅のスジの濃淡が謳われておりますが
ヒラタ好きにとっては、個体差も含めて
型の違いを楽しむことができます^^)



アマミヒラタの良さって
太くてゴツイんだけど上品みたいなとこだと
思うんです。これはアマミノコにも言えるのですが
野蛮な中に宿る品の良さとでも言うのでしょうか?
まぁ、これは国産種全般に言えることでもあります♪
ダイナミックさやエキセントリックさで比べると
外産に劣るかもしれないけれど
安心感にも似た美しさがあると思います。

南西諸島のヒラタは、アマミヒラタ4産地
タカラヒラタ オキノエラブヒラタ
オキナワヒラタ サキシマヒラタ2産地と揃ったので
あとは大事に累代しようと思います♪


ですよ。。やっぱり。。
お酒も呑みたいしね^^)

ゼリー替えをしながら片づけているのですが
久しぶりにこの子たちを画像に撮りました。



アマミヒラタ(与路島産)



この子はデカイですよ^^)
譲ってくださった方の入魂の1頭!!



この子の子孫はいることはいますが
ボクの体たらくで卵で出してしまい
現在6頭ぐらいが菌糸に入っています。



お次はこの子(^^♪ アマミヒラタ(請島産)
もうおじいさんです。
この子の子孫はいません。
請島産アマミヒラタの幼虫はいますけど
この子の子孫ではありません。
やはり6頭ほど菌糸に入っています。



実は画像反対側の後脚2本のフセツがないのです。
でもすこぶる元気♪

アマミヒラタはこの2個体以外に瀬戸内町と加計呂麻が
いるので大満足なアマミヒラタの面々♥

南西諸島系のヒラタは、アマミヒラタ以外ですと
オキノエラブヒラタ オキナワヒラタ(伊平屋島)
タカラヒラタ(宝島)サキシマヒラタ(西表 与那国)
がいるので、たぶんこれで打ち止め。
本土ヒラタのことを考えるとけっこーな数になります。
ゴトウヒラタも今回ブリードしているので
ここらへんにしとこうと思っています^^)




季節の移り変わりが進むのと同じくらい
記憶が擦れていくのですが・・・

うちには伊豆大島のクワガタって
ノコだけじゃなくて
ネブトも伊豆大島産だし、コクワも♂だけだけど
まだ元気だし、先日まではこないだ採ってきた



イズミヤマもいたりして、オンパレード状態だったのですが



忘れちゃいけない♪
伊豆大島産ヒラタ。



しかし・・・失敗したのはノコだけじゃないね。。
ヒラタも小さいです( ^ω^)・・・
伊豆大島のヒラタは、けっこーレアで
あんまり見かけない。。意外なところで見つけて
即買いしました^^)

本土ヒラタは、この伊豆大島、奈良県 和歌山県
屋久島 種子島 馬渡島・・・けっこーいるなぁ。。



画像の子の親がまだ生きていて、今年も頑張ってもらい
15頭弱(ゴメンナサイ、記憶が曖昧です。)の幼虫が
いますが、今年の幼虫は大きいです。

ちょっと書きたいことが思いついたので
ヒラタのお話・・・続きます♪



昨日に引き続きユウタンさんへ。
頼んでいた菌糸を取りに行ったのですが・・・



やってしまいました。。^^)
アマミヒラタ(加計呂麻)
これで奄美大島付近は、ヒラタ ノコともに
コンプリート。



請島 与路 奄美大島瀬戸内町とこの加計呂麻。
今までは産地表示だけで済みましたが
今度から種類も表示しないと間違えます。



アマミヒラタはワイルド、ブリード共に
個体数を見ている数が少ないのでなんとも言えませんが
昨日の奄美大島産といい、この加計呂麻といい
アゴのエッジの出方がサキシマチックです。

ちなみに本土ヒラタとサキシマヒラタは
他の亜種に比べるとDNA的には近いそうなので
全産地ブリードして他亜種との類似点や相違点なんかを
あれこれ語り合うのも面白いかもしれませんね^^)



国産ヒラタは短期間のうちにいろいろ見ることが
できました。これは、ここに来てくださる方の
いろいろな情報や協力が大きいと思っています。
ノコにかけてきた約3/1ぐらいの時間で入手したり
閲覧ができたのは驚愕の一言です。
本当にありがとうございました♪
これからもよろしくお願いいたします^^)



material by:=ポカポカ色=