日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 最近は外産も飼育しています。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
5
13
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[06/15 あんず]
[06/14 KEN]
[06/14 あんず]
[06/14 KEN]
[05/26 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
まぁ忘れていたんですが・・・
サキシマヒラタの♀を1400に2頭入れていて
(たぶん菌糸が余ったかマットが不足したかのどちらかです。。)



その上部分の♀を掘り出してみました♪

まぁデカイこと❤オオクワの♀ぐらいありますよ^^)
サキシマヒラタは、そんなに数は採らなかったので
全部で3ペアぐらいにしかならないハズなんですが
現在4♀羽化しています。



同個体の別アングル。この下に同じくらいの♀が
もう1頭います。明日割り出してタッパーに移します。


限定するすると言って増やしてしまった。。
野外ではすごく数が減っている。。全然採れないなどと
聞いてしまうと持っていたくなってしまうのが
いけないのですが・・・



ハチジョウヒラタ。樫立産・・・A型です。
とにかく何型だろうと持っていようと思った次第です。



飼育品なのでサイズは大きいです。



50ミリ台で、この存在感は嬉しいですね♪



お次は激レア 神津島産ヒラタ。
この個体は69ミリあります。
神津島産は2ペアいて、この個体は大きいほうです。
ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが
この神津島産、ハチジョウヒラタを大きくしたような
形状をしています。見ている個体数が少ないので
個体によるのかもしれませんが、興味深いところです。



あと伊豆大島産と比べるとアゴが長いんですね。
後脚のトゲが出たり出なかったりするのも面白いところ^^)

伊豆諸島のヒラタは全般的にレアだと思って差し支えないと
思います。ボク自体、クワガタを探すという行為は
どちらかというと得意なほうではないので、いつも友人が
フォローしてくださるのですが、あんまり聞かないので
流通は稀なんだと思います。

 

そろそろ伊豆諸島のノコは店頭に並ぶ時期になってきました。
ノコを探しながらヒラタも探してみるのもいいかもしれませんね♪


昨日の仕事はイレギュラーで
ちょっと遠くまで行ってきました。

そんなことで仕事中にクワガタ関連のことを
考える時間がなかったこともあり、今日は書けないなぁ・・・
なーんて思っていたら友人から電話があり(♪)
今、書かせていただいております^^)

画像等々は使いまわしになってしまうことを
お許しください^^)



友人からの電話は、レア産地ヒラタのワイルド♂が
手に入ったがいらないか?というものだったのですが
(♀は先に届いています。)
その電話を切った後、そういえばヒラタは
♀がいろいろいるよね?ということを思い出しました。

金輪島 小値賀島 大三島 見島(今期蛹中)糸島
中甑島 神津島・・・まだいるかもしれませんが
あっ!島名が思い出せませんが鹿児島のヒラタ・・・
いますね^^)これ、凄いレアだったと記憶しています。



あと、亜種別種ですが、与路のアマミヒラタとスジブトヒラタが
いて、今期は限定しようと思っていたヒラタ飼育に揺らぎが
生じていますーー)

今期のヒラタ飼育は、神津島と有田市 金輪島 小値賀島
与路スジブトあたりにしとこうと思ったけど
やっぱり全部セットを組むかと思い直しています。

ヒラタはノコとかに比べると入手しにくいし、
先日大三島の♂が羽化したんですが(まだ小型です。)
伯方島産と比べるとアゴは四角いし、ボディ幅は太いしで
あくまでも個体差の範囲は出ませんが、同じ瀬戸内海で
しかも隣接している島でこぉ違いが出ると
いてもたってもいられなくなります^^)



今期はミヤマ飼育のおかげでヒラタやノコが産みにくい
状態ではありますが、常温でセットを組む予定です。




大三島のヒラタが羽化しました。
あまり大きくはないのですが、上翅に軽いシワが・・・
残念です。。
この個体はマットオンリーで飼育したのでサイズはそれなりなんですが
このサイズでシワかぁ。。。
大きいのは早急に人工蛹室に移した方がいいかもしれないな。。



サイズは50台中盤といったところだと思うのですが
同サイズの伊豆大島産とかと比べると明らかに太いです。
アゴの形状も本土ヒラタならではというカタチをしていますね♪
そのへんは満足です^^)



この迫力で50台って、けっこーいいと思いません?^^)



内歯周りもカクカクしていて、なんかいい❤
マットオンリーの飼育でこの型は嬉しいですよ♪
もうそろそろ同サイズの伯方島産が羽化してくるので
比較してみようと思います。




記憶は定かではありませんが、その年羽化した個体が
晩秋あたりに起きだして、♂♀同居させていたこともあり、
12月の上旬あたりにセットを組んでそのまま年越し。
翌年4月ごろ、片付けるほうが強い意味合いで
割り出したところ、20~からの幼虫が出てきて
そのまま500㏄に入れて羽化まで持っていってしまった。。。



チョウセンヒラタ 対馬厳原町 F5
昨年10月あたりからちらほら羽化が始まり、令和最初の羽化
(この種類の羽化としては最終。)個体です♪



これ・・・
サイズを測っていないけど40台後半はあるんじゃないだろうか?
あとガッシリしていますよね?^^)



同日羽化の別個体。
内歯の出方が違います。



サイズ的には同じくらいです。
見え方はこの子のほうがスマートかもしれません。



現時点では販売できるような♀がいない
(翅パカが2♀ほどいます。)ので、ペア売りが
できませんが、♂単でもという方 いらっしゃいましたら
遠慮なくお申し付けください。
1頭500円で販売させていただきます。
昨年10月羽化は即ブリOK。サイズは42~44
画像の5月羽化はまだぼんやりしています。
大きいサイズがお好みでしたら5月羽化分です。
よろしくお願いいたします。







material by:=ポカポカ色=