やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/20 あんず]
[09/20 某.]
[09/16 あんず]
[09/15 KEN]
[09/15 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
続々と羽化が始まっている
有田市産のヒラタクワガタ。



人工蛹室の個体が羽化してきました。
この子が今んとこ一番デカイかもしれません。



3頭とも幅が出てしまいましたね。。
この子が一番上翅がスッキリしていますが・・・



痛恨のキズ。。うーん残念。。。

ここまでの個体は菌糸で最後まで飼育しています。
ここからは最後はマットに変更していますが
型に違いが出たらおもしろいですよね?
♂があと5頭(うち1頭はまだ幼虫)です。
♀が4頭しかいないので3ペアは販売予定です。
もちろん♂単の注文も受け付けます。
気になられた方はコメント欄にて^^)


いつも画像や個体を発信してくださる
友人からメールが届きました。



左が千葉産、右が神津島産。
後脚の棘のあり無しなどが
特徴なのですが、全体的なフォルムが違いますね^^)

そんなこんなで平日が休日の友人♪
最寄り駅まで届けてくださいました。
ありがとうございました^^)



うーん♪ハチジョウヒラタをデカクしたみたい❤
ヒラタの中では繊細なイメージです。



唯一残っている伊豆大島産ヒラタ。
サイズこそ違うけど、それを差し引いても随分違いますね。

ちなみに神津島のヒラタは激レアです。
ボクに至っては、友人から話を聞くまで存在すら
知りませんでした。



しかし・・・伊豆諸島のクワガタたちの興味はそそるばかりです。
ハチジョウノコに想いを馳せていたところにまたまた
1種魅力的なクワが増えました。
これで伊豆諸島のクワガタは、イズミヤマ ミクラミヤマ
ハチジョウノコ ミヤケノコ ハチジョウネブト 伊豆大島産ネブト
と伊豆大島と神津島のヒラタ。
累代ができない種類もいますけど思いっきり深みに嵌っていきそうです。



クワタの後って何かとやらなくては
いけないこともあって、今回は幼虫を出品したので
残った生体を元に戻したりしなくてはなりません。
そのときに他のクワガタも一緒にやってしまうから
(大掃除のときに古いアルバムを見つけて
魅入るソレと一緒です♪)
けっこー時間がかかったりするのですが。。



おっ!・・・



完品❤・・・・この時点ではサイズまだは分かりません。。



出ました!!がっ、まだ腹が納まっていませんね。。



こちらは別個体。
残念ながら内歯のトコに小さなディンプルあり。。
でもこっちのほうがデカイかも?



うーん。。。デカイ!!
本土ヒラタなんだよなー^^)

有田市のヒラタでした♪




まぁこんなカンジなんですよ^^)
これはマットに入っていますけどね。



開けてみたら蛹室がキレイだったので
露天掘りでもいいかな・・・とは一瞬思ったのですが・・・



取り出しました♪
まるで外産ヒラタみたい。



ミニケースになんとか納めましたけど
できればクリアースライダーのほうがいいかもしれません。

体重は測りませんでしたがかなりの重量でした。

こんな蛹が現在3頭。
有田市のヒラタです。


残念ながら画像にできる状態ではないので
文字放送です。

和歌山県有田市のヒラタ。
ただいま3頭ほど♂が蛹になっています。
とてつもない大きさです♪

菌糸で蛹になった個体が1頭と菌糸⇒マットで蛹が2頭

特筆すべきはまだ幼虫体重が最大の個体ではないこと。
この3頭以外に4頭ほどいるのですが
こちらは容器から蛹室が見えていません。
非常に楽しみになってきました。

有田市のヒラタは、産卵セットで友人からいただいて
初令~2令で割り出し、全頭菌糸800へ
ここからが長くて実に半年ほどこの800を引っ張っています。
菌糸の状態がいい状態で長期間保てたことと居食いしていた
ことも手伝って半分放置状態。この800はほぼ食い尽くしています。
♀はこのあと800マットへ。♂は1400菌糸へ。
このときの体重は以前お伝えした通りマックスで31gぐらいでした。

その後1400を食い尽くしてきた個体が出てきたのと1400菌糸が
必要数揃わなかったことも手伝ってマット1400と菌糸1400に
分かれます。ここまででほぼ12ヶ月の歳月が経過します。
これは国産ヒラタとしては長いほう。サキシマヒラタの大型♂でも
ここまでの期間を要することはありません。

現在蛹になった個体もここから約2ヶ月は蛹のままだと
思います。現在蛹室を作っている個体もいますが
この個体で前蛹期間がどのくらいか分かると思います。
今後、人工蛹室に移していくと思うので画像がUPできると
思うので乞うご期待です❤

国産から逸脱した大きさです。


material by:=ポカポカ色=