やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/14 あんず]
[02/13 はた坊]
[02/11 あんず]
[02/11 はた坊]
[02/09 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


そろそろ暖かくなってきたので
そわそわしているのは飼育者だけではなく、
クワガタくんたちも動き出しています。

そこでなんですが、ネブトクワガタ
飼育のおさらいです



まずは個体の状態。
羽化後1ヶ月もすれば成熟と考えていいネブトですけど
やはりしっかり動き出している個体のほうが産卵数は
臨めるようです。タッパー+キッチンペーパー管理でも
他のクワガタ同様の動きを見せるので分かりやすいと思います。
一番いいのは自力ハッチです♪



後食の見極めはあまり減らないのでよく見てください。
楊枝など先のとがったもので擦り傷のような跡があると
舐めています。ゼリーは半切れより4分の1のほうが
見極めやすいです。ボクは動き出していたら♂♀一緒に
してしまいます。交尾の確認はできないこともないですが
あまり観察することが出来ないのでプリンカップなど
小さな容器で♂♀一緒に飼育するか、産卵セットに
♂♀一緒に入れてしまうのも手です。
ボクはほとんどこの方法です。

 

肝心の産卵セットですが
使う容器はミニケース、マットはNマットをふるいにかけて
さらに微粒子にします。少しだけUマットを混ぜることも
ありますよ^^)どちらにしてもふるいにかけます。
マットは固く詰めません。底を少し硬く詰めることも
あるけど、おまじないのようなものです。



あとは温度。若干高めの場所に置いてあります。
昨年はムシベヤ温度がミヤマ設定だったためネブトの産卵セットは
常温の場所に置きました。



ネブトであと気を付けることと言えば・・・

野外個体は発生初期のほうが産みがよろしいようです。
発生後期でも産まないことはないようですが数は少ない
(経験上です。一桁のときもありました。)
飼育個体と野外個体では飼育個体のほうが分があります。
そもそも野外個体はヤフオクで丹念に探すかしないと
出てこないことが多いです。ただオークションなので
落札価格が跳ね上がることはあります。
意外とショップで購入したほうが安価な場合も
ありますが、ネブトに強いショップ様は入荷・陳列即完売
なんてことも多いですからね。。
どちらにされるか悩むところでもあります。



比較的安価で入手したい場合、お勧めは幼虫で入手
羽化させて、その個体でブリードすることです。
成虫の状態も把握しやすいのでブリードしやすいとも
思いますが大型個体は一年かかります。
羽化ズレはほとんどと言っていいほどないので
安心ですけどね^^)
幼虫飼育に関してはまた後日書きますけど
どうするかは悩みどころです♪









ここのところ全然書いていないけど
飼育はしています。昨年の1,2月に入手した個体や
一昨年の暮れ(11月、12月の羽化)に羽化した個体を
産卵セットを組んだらセットの中でコロニー(蛹室のような)
を作って寝ていた個体も見受けられたので
今年はまだ産卵セットを組んでいないのですね^^)



そろそろ成虫をタッパーから出して様子を見ようと思っています。
現在いる成虫は、アマミネブト(加計呂麻・与路・油井岳)
ヨナグニネブト ネブト(伊豆大島)がいます。
ひとときから比べると随分減りましたが継続しています。



ネブトもですね^^)他の種類同様 大型を目指していまして♪
数はあまり必要ないんですね。。越冬個体は確かに産む数は減りますが
個人的にはそのくらいの数で充分です。
減ると言っても20は産んじゃいますからね♥



今年羽化してくる予定の種類も数こそは少ないですが
オガサワラ ナカノシマ オキノエラブ 苗我島と
特徴のある種類が羽化してくる予定です。
個体数も少ないので楽しみではあります。
縮小傾向ではあるけれどじんわり続けているネブト飼育。
ネブトと思えないような大型が拝めるよう頑張ります^^)




最近 記事にしていないネブトクワガタですが
主だった成虫ペアはほとんど売れてしまい
画像も古いものを使いまわしています。

そんなネブトクワガタなのですが
幼虫がそろそろ3令もいい具合だと思うので
少数ですが販売してみようと思います。

♂♀の判定もできると思うので
4頭セットで出そうと思います。
ヤフオクに出すかクワタに出すかは未定です。

一応明細を申しますと

オガサワラネブト
ナカノシマネブト
オキノエラブネブト
ネブト(苗我島)の4種類。

あと産卵セットを組んでいる種類も幼虫が採れれば
出す予定です。もちろん状態を把握したうえで、です^^)



今期のネブトは昨年得たスキルを反映して
比較的低温で飼育しています。
(このほうが羽化した個体が大きいのです。)
たぶんどの種類も限定1セットとなる予定ですので
よろしくお願いいたします。


大きくならない産地がございます。



主に島モノなのですが、同じように飼育したにも
関わらず大きくなりません。
あっ!画像がないので他のネブト画像で代用しています。
いつものように挿絵程度でお考え下さい。



他の亜種や産地で同じエサ・場所・容器サイズなのに
大きくならない。。もともと大きなサイズではないのか?
とも思いますが・・・



かつてボクが住む地域の河川敷で採れるヒラタは
大きくならないという経験がありました。
菌糸(オオヒラタケ・カワラ)を使っても
マットで飼育してもサイズに変わりがなかったということが
ありました。



まぁ亜種でサイズも変わりますからね^^)
往々にしてあるとは思うのですが・・・
有名産地ですと屋久島産のネブトはあまり大型になりません。
種子島産が大きくなるのに比較的近い屋久島産が大きくならないのは
面白く思います。これ・・・ヒラタにも言えるんですよね♪
ノコになりますと逆転します。ヤクシマノコのほうが
大きくなりやすく逆に種子島産のノコは大きくするのは難儀です。



一昨年の飼育でネブトは多亜種・多産地・多数の飼育で
見落としもあるかと思います。今年の飼育では
数も種類も絞っているので、どのような結果になるかは
分かりませんが比較的大きくならないナカノシマネブトなども
いるので結果をご報告したいと思います。


こちらも久しぶりです。
ネブトもね、低温でジックリが大型個体を呼ぶことが
分かったので、あまり弄っておりません♪



最近のマイブーム(もう言わない?)は、800に
2頭入れという飼育がよろしかったりします。



もちろん3令になってからです。これだと
他の種類と同じ棚に並べられますからね^^)
昨年出品させていただいたヤエヤマネブト(西表)は
この方法で満足いく個体が出てきたので、今年は
これ一本で飼育しています。



つい先ほど決まったのですが、今年はネブト採集に行きます。
詳細は予約が取れたら書かせていただこうと思っています。

ネブトはまだ産卵セット待ちの種類もいますので
今年も飼育続行です。
もちろん大型を狙っていきます。
そんなこんなのネブト飼育、楽しみながら続けていきたいと
思います。


material by:=ポカポカ色=