日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 最近は外産も飼育しています。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
5
13
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[06/15 あんず]
[06/14 KEN]
[06/14 あんず]
[06/14 KEN]
[05/26 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
今度は正真正銘、キンイロクワガタです♪



青パプ♪ 見事に青で羽化してきました。



同個体。青いですねぇ❤



恥ずかしいトコからの2頭目。
こちらは少し緑が混じります。



前胸に薄っすら緑が・・・これからなんでしょうね^^)



3頭目。こちらも青い♪

ワメナCBF3.この3頭、販売します。
3頭まとめて¥2000❤
1週間から10日ぐらいで腹が引っ込むと思いますので
発送は6月下旬ぐらい。ご検討をお願い申し上げます❤


カテゴリーが正しいかどうかはさておき、
昨年12月に懐かしい顔ぶれに再会して
購入したインペラトール。
♂♀ペアの幼虫販売でした。
その♂が蛹化した画像がコチラ・・・



まだ蛹化したばかりです。
しかし、国産種の蛹に見慣れたボクからすると
神秘的にすら感じます。



まだ水風船状態ですね♪



これ・・・大きいのではないでしょうか?

購入は当時販売していたショップに参加を表明した、
高校生(ぐらいだったと思います。)のころから
知っていたマサくん♪
家の方角が一緒ということもあり、帰りがよく一緒だった彼も
30代になったと聞いて、時の流れの早さを感じたものでしたが
マットも作っていると聞いて、そのおすそ分けマットで
飼育していました。



思い切ってフタを開けてみたところ、こんな感じで
蛹化中❤

インペラはメタリフェルを飼育していたころ
周りでは(と、言っても2人ぐらい?)熱心に
語られていたけど飼育はしなかったんですね^^)
メタを飼育していたころって、飼育を趣味にした1~2年後ぐらいなので
ブログはおろか販売もしていないころです。
クワタフェスタに当時5歳ぐらいの息子とはしゃいで参加していた
ぐらいと記憶しています。



いやはや意外なクワガタが蛹化していたことに
ビックリの雨の週末です。



昨年の秋から飼育種を変更しようと模索して
右往左往しているウチに結局国産に戻ろうと
している当ブログです^^)

ミヤマを増種したので、他の種類の産卵セットを
室外に出すなどの対処は必要になりましたが、
改めて少数精鋭で飼育を進めていこうと思っている次第ですが♪



残った種類もございます^^)
キンイロクワガタはパプキンのブルー固定以外に
画像のインスラリスが残りました。
(他種は転売させていただきました。)



いわゆるキンイロクワガタと称されるクワガタで
何が厄介かと言うと、『休眠期間のバラツキ』
最低3ヶ月とも半年とも言われていますが、個体によっては
それ以上と言われる種類もいるようです。



ここらへんがね、難しいというか面倒と言いますか?^^)
あと最近は流通量も少ないですからね。。
自己ブリードの個体を店頭販売されているショップ様には
あるのかもしれませんが、なかなかお目にかかれないという
のが現状なんだと思います。



今回ご紹介するインスラリスもそう滅多にお目にかかれる
種類ではないのです。



そんなインスラリス、今日確認しましたら
保管用のタッパーに入れてあるキッチンペーパーを
ボロボロにしていたので成虫用管理ケースに移し替えました。
温度が低いところに置くとまた寝そうなので、こちらも常温管理に
してみようと思います。




昨年の暮れでしたか?
飼育を始めた当初、憧れだった色変わりの
メタリフェルがヤフオクに出ていて
飛びついたはいいけど、相当な競り合いを強いられ
なんとか入手することができました。
その後、出品者様とクワタの会場でお話しすることができ
いろいろなお話を聞くことができました。



その後、もう2ペア(♀オマケ付き)や幼虫も
揃えて万全な体制でのブリードを敢行しています^^)



当ブログに来ていただいている方々には
意外と思われるかもしれませんが、ブログを
始める前にはかなりの数を飼育していまして
友人にも当時のギネスホルダーがいたりしたので
当然盛り上がりを見せていたメタリフェル飼育。
現在はこのパープルとサンギレンシスがいて
キクロまで幅を広げるとインペラもいます。
累代を続けることと大型の♂を孵すことを
別に考えての飼育が必要です。
あまり表には出していませんが密かに
燃えています♪


色のキレイなクワガタは数あれど
やはり真っ先に思い浮かぶのはニジイロでしょうが
キンイロクワガタと呼ばれる種類も負けず劣らず
キレイな種類が存在します。
今日はその中の1種、ミカルドキンイロクワガタを
ご紹介♪



この個体はパープル色が強い個体。



幻想的な色合いです。



光の当たり具合や見る角度で変わる色に
魅入ってしまいます^^)



キンイロは♀の色も楽しめるのがいいです^^)
♀も♂同様で1個体でもいろいろと楽しめます。



パプキンを始め、このミカルドやアウラタ
ラトレイユ インスラリス タスマニアアウラタ
アエネアなどキンイロコンプリートなんてのも
アリかもしれませんね♪


material by:=ポカポカ色=