やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/07 あんず]
[11/06 某.]
[11/04 あんず]
[11/03 某.]
[11/03 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
久しぶりにノコを入手しました。



ミシマイオウノコ 硫黄島稲村岳産。
ミシマイオウノコで詳細産地が記載されている個体は
珍しいと思います。



亜種記載は古い部類に入ると思います。
ちょっと前までは本土系亜種と言えば、クロシマとこの
ミシマイオウのみでした。この2亜種は採集禁止ということも
あり流通も少なかったし、国産ノコとしては高額という
イメージが付いて回りましたが、それはオークションや
ネット販売以前のお話です^^)



この光沢と赤味、クロシマノコと比べるとスラッとした
ラインがミシマイオウノコの魅力です。
この個体は脚まで赤味を帯びているので美しさを
更に強調していますね^^)
型の好みは各々で違うと思うので言うことはありませんが
ミシマイオウノコとクロシマノコは両亜種持っていたいという
気持ちがよく分かります♪



さて、飼育はと言いますと経験からの話ですが、
多産です。正直なところかなり産みます。
一度に3セットほど組んで非常に困ったことがありました。
懇意にしているショップ様が業販で引き取ってくれたので
事なきを得ましたが、あのとき全部抱えたら相当大変だったと
思います。で、ボク個人が考えるミシマイオウノコ飼育の
醍醐味は幼虫飼育です。なぜ多産だということを書いたかと
言いますと、やはり数を持つと1頭あたりにかける時間が
少なくなると言いますか?乱暴な言い方をすると雑になります。
そこをね^^)根気よく1頭づつじっくり飼育していくと
幼虫サイズは本土系のソレですが、大きな個体を羽化させることが
出来たときの喜びは一入です❤



この個体は大歯ですが60前半でも中歯や中大歯で羽化することも
あり、飼育にきめ細かな配慮が必要な気もします。
菌糸でもマットでも大きくはなりますけど、マットで時間を掛けて
飼育した個体はワイルド個体の良さを損なわないキレイな個体が
孵ります。菌糸で飼育しても個体によっては特徴を強調した
大型個体が羽化することもあるので、両方で飼育して違いを楽しむのも
面白いと思います。実はこのミシマイオウノコ、記載者様と
イベントで話し込んだことがあるので思い入れも強いのです♪


 

亜種で揃えるか?産地で揃えるか?なのですが、
まぁ亜種はアマミ トカラ クチノエラブ クロシマ 
ミシマイオウ(ミシマイオウは明日到着予定)といるので
これ以上の増種の予定はなし。
亜種は・・・全部幼虫ですね^^)ミシマイオウは成虫で
到着します。



産地別では小値賀島 飛島 金輪島 伯方島 淡路島
中甑島 睦月島 鹿児島 姫路市 城ケ島などがいるので、こちらも
増種の予定はなし。ノコはいろいろ持っていそうで
北の産地がないけど、ウトロの♀は持っているのですよ♪
で、仲間が飼育しているハズなので♂単を分けてもらおうという
魂胆なのですね^^)ちなみに今羅列した中に成虫も入っているから
全てが全て今期、幼虫というわけではありません。



外産も少数ですが持っていて、
画像のトラグルス ラフェルト以外にドルサリスを
持っています。この3種はブリード予定で、これ以上は
増やさないつもり^^)

昨年のようにネブトいっぱいとかではないので、
(産地モノの国産ノコはご予約いただいています❤)
ちょっとお気楽です♪

国産ノコはとにかく大型 美麗を目標に頑張りますので
よろしくお願いいたします。






いやいや久々の人工蛹室での羽化シーンです。
しかも悪石♪
今期ラストです。



色づくのはこれからですね♪
まだ上翅に黒が載っていないです。



こちら側は色づいていますね。
色については温度だの湿度だのも囁かれています。
もちろん血の濃さが大きな影響を及ぼしているのは
確かなのですが、羽化時の温度や湿度も多大な影響が
あるなと感じています。
今期中之島産より悪石島産のほうが色のメリハリも含めて
綺麗な色羽化した個体が多かったので、今期の悪石島産の
飼育を大いに参考にして中之島産に反映出来たらいいなと
思っています。


悪石島産はトカラオレンジプロジェクトと
同じように飼育していないので、同系統を
累代しているのですが・・・



キレイに発色してくれています♪



中之島産と比べるとアゴの湾曲などは
確かに緩やかなのですが、今期羽化している個体は
総じて色がキレイ❤特に頭部と前胸のオレンジ色の面積が
大きいのですね^^)



艶のあるなしで言いますと、今回のは全頭艶ありですね。
やっぱり艶があったほうがキレイに感じます。



こちらの個体はすでに落札済みで
(ありがとうございました。ただいま中継中です。
もう少しお待ちください。)手許にはありませんが
こちらの個体もオレンジの度合いが大きく
艶が強い個体です。

最初に添付させていただいた個体も出品中です。
悪石島産はまだ♂が1頭蛹ですが、その個体が羽化して
全頭羽化してきます。中之島産と比べると飼育数は
圧倒的に少ないので出品数は少なくなります。

トカラノコは中之島産のみにしようか考えていたのですが
書いていて累代続行しようと決めたのでした^^)


って、野外品は地元産(♂のみ)がいるのですが
ブリードモノでは唯一です♪



姫路市夢前町産WF1.
65ミリです。大きく見えたけど数字にすると
そうでもないということは・・・
いかに最近大きな個体を出していないかということが
垣間見えます。。。



瀬戸内海近辺で見られるアゴの長いタイプです。
先ほどの桂島やアゴがふと短いタイプが多くみられる
伊豆大島産などと比べるとスリムな印象を受けますが
この個体、実際はすごく太いんです♪
そこにこのアゴが付いているので数値より大きく見えるんですね^^)



あと細長いアゴの割には付け根が太いので
画像のように頭が大きく見えるから迫力もあります。
ボクが所有する唯一の本州産。
この個体は持っていようと思います♪


material by:=ポカポカ色=