日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 最近は外産も飼育しています。
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1
18
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/23 あんず]
[03/23 少佐]
[03/18 あんず]
[03/13 東京クワジ]
[03/13 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ボクの場合はノコが集まります。

北はウトロ 南は西表まで♪
亜種を含めなくても産地でずいぶん変わるので
興味は尽きないというのもあります^^)



画像は壱岐・大島のノコ。
壱岐・大島はご存知 壱岐島に隣接する小さな島です。
確か3島あってうち2島の長島と大島がいますねぇ^^)



実は中歯でもちょっと違います。
複眼下部分の型とか前胸の型が違うのですが
なんせ数が少ないので証明にならないんですね。。



こちらはレア産地でもメジャー(人気のある)な神津島。
こちらも友人からブリード用にいただいた個体なのですが
やっぱりちょっと違うんですね^^)
伊豆諸島は、先日ネブトをお買い上げいただいた方から
伊豆大島ノコの幼虫をプレゼントしていただいたので
何気に揃っています^^)
伊豆大島 式根島 三宅島 八丈島とこの神津島。
まぁ御蔵島は置いといて利島も入手したら
いいかもしれませんね^^)



最後に一応羅列しときますね^^)
記憶のみで書きますから、抜けるかもしれませんが^^)

ウトロ 小清水町 奥尻島 夕張
伊豆大島 式根島 三宅島 八丈島 神津島
姫路 睦月島 伯方島 飛島 壱岐島 壱岐・長島
壱岐・大島 小値賀島 下甑島(♀のみ)佐渡島(♂のみ)
壱岐の島 中甑島 口永良部島 黒島 硫黄島 屋久島
種子島(♀のみ)粟島 見島 城ケ島・・・覚えているのは
これくらいです。ほとんどが幼虫で成虫は数える程度です。
ここにアマミ系亜種を入れるとトカラ(悪石・中之島・諏訪之瀬島)
アマミ(キヤンマ山・加計呂麻・与路)ヤエヤマ(西表)
なので、ノコは減らした(むしろ増えた?)ワケでは
ないのです。ただ1産地ごとの頭数は少ないですよ^^)




ノコはいろいろ持っていて
特に離島モノはけっこういるなぁという印象。

隠岐の島 奥尻島 小値賀島 の自己ブリード分に加え
新しく入手した神津島など、今年ブリードは
お楽しみがいっぱいです。



もちろん亜種も飼育します。
クチノエラブ ミシマイオウ ヤクシマ ミヤケ
現在クロシマは♀がいないのですが、そこは仲間に
お願いすれば出てくるので安心しています。

今年は久しぶりにアマミノコを本気で飼育しようと
思っていて、現在笠利町を物色中♪
キヤンマ 加計呂麻もいるので平行して進めようと
思っています。



一度整理して備忘録を書かせていただきます。
なんせノコは休眠個体を部屋の方々で寝かせているので
なんか記憶に入らないのですね。。。

本土ノコは従来からの離島モノと北海道産がメイン。
ここに姫路が加わります。
なんとなく集めましたが、けっこう充実した
ラインナップになりそうです。


先日のクワタの余韻が残る中、自分用も
少しづつ整理していかないと、と思うのですが
中々時間が取れないでいるのですが^^)

以前から友人と話題にしていたノコの生体を
入手しました。



夕張産ノコギリクワガタ。
アゴがふと短くカラダが太い。。しかも大きくなる(!)



地域変異の枠からは出ないのでしょうが
特徴的な体型をしています。



なんかクロシマノコを思わせる型ですけど
友人からいただいた標本と見比べると
見事に特徴が出ていますね^^)

北海道は大きく分けて3タイプあるとは
ブリーダー様の弁なのですが興味深いですね^^)

先日のウトロ 小清水町や昨年夏の白老町と
最近は北海道産が少しづつ増えています。



九州産を始めとする南方のノコも魅力的ですが
北や瀬戸内海 亜種だけど伊豆諸島と興味は尽きません。



個体差の範囲なのでしょうが、この個体
上翅が真っ赤❤
そんなところも道産ノコの魅力なのかなー♪
なんて、思ってしまいます^^)


何気に集まる本土ノコの面々。



幼虫ばっかりで画像が古くて申し訳ないのですが。

けっこういますよ^^)



もちろん亜種も(^^♪

ミシマイオウ クロシマ クチノエラブ ヤクシマ
ハチジョウ ミヤケ・・・



亜種じゃなくてもいますね^^)
壱岐島 伯方島 隠岐の島 壱岐・長島
小値賀島 奥尻島 睦月島 ・・・ちょっと思い出せない。

ここに姫路とウトロが加わったので、けっこうな数です。
ただ、全部今年に羽化してくるかというとそうではなく、
幼虫と休眠中の成虫とに分かれるので年度ごとの飼育数は
そんなでもないです。これは先のネブトも同様で
うまくバランスが取れればそんなに大変なことにはなりません。

販売をさせていただいている関係上、本土ノコは趣味の中の趣味
という感覚があります。今年は北海道産も加わったので
面白い個体が出てくることを期待します。





たまには本土ノコでも♪
離島モノです。日本海です。
寒いような気がします。



佐渡島産。ちょっとヤクシマチックです。



でも縦湾曲のエッジが立たないんですね。
緩やかなんだけど角度がキツイ。



この個体はアゴの左右の型が違いますね。。。
頭部から前胸・上翅のバランスはいいのになぁ~。。



国産ノコのひとつのカタチですね^^)
佐渡島産は♀がいないので、累代はできませんが
標本で残すつもりです。
歯型の違う♂が4♂います。


material by:=ポカポカ色=