やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
8 9 10
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/20 少佐]
[01/12 あんず]
[01/11 はた坊]
[01/04 あんず]
[01/04 はた坊]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
これ・・・・ノコに限った話なんですが
個体によって違うんですね^^)



元々の血ではないようです。
同じ親からでもいろいろ出てきます。
羽化した時の外的要因(蛹室の湿度など)なのかな?
と、思った時もありましたが原因は不明です。

(画像はヤクシマノコ)

特にトカラノコやアマミノコ 本土系亜種の光沢が強く
艶が艶めかしい個体はため息が出てしまいます^^)

ノコの場合、大型だから艶がなくなるということはなく、
小型・中型個体と遜色ない艶が出る個体を見ているので
トカラオレンジプロジェクトの選別個体でも艶のある個体は
最後まで候補に残ります。ただ時間が経過すると艶感が
なくなってしまう個体も存在するので、ブリード時は
艶がなくなった個体でペアリングをすることもあります。



綺麗な発色で羽化した個体に艶が乗るともう
今までの飼育期間のことなど忘れてしまいます。
このあたりもノコの飼育を続けていく要因なのかも
しれません♪




あんまり記事として出てこないのは
まだ交換時期ではないのですね^^)



ノコは産地モノのみマット飼育で亜種はほとんど
菌糸に入っています。



トカラノコは中之島が中心なのは変わりないのですが
今期は臥蛇島産も飼育しています。

 

本土系亜種はクロシマ ミシマイオウ クチノエラブの
テカリ系が中心ですね♪ こちらも全頭菌糸に入っています。



意外と頭数のいるのがアマミノコで笠利町を2系統。
昨日、一頭だけ暴いてみたのですがちょっと早かったので
今月中旬以降にしっかりと菌糸を揃えてから交換しようと
考えています。

ミヤマはあのゴツゴツ感も加わって迫力が増しますが
ミヤマの横に並べても見劣りしないサイズのノコを
羽化させようと画策中です。国産ミヤマと同時期に羽化してくれたら
シビレますね♥ 




まだ2令だったりします。
今年は室温が低いというのが大いに影響していると思います。



ただですね^^)どこかで化けるのですね♪
とてつもないサイズの幼虫を拝めるときが来ると
信じているのですが、それがいつになるのか?は
分かりません^^)



ノコもご多分に漏れず幼虫期間を長くするには
ある程度低温で飼育することになります。
特にマットで大きくしようと考えると期間は長くなりますね。



ここ数年 イベント等に出品することも考慮に入れた
飼育をしていましたが、久しぶりに飼育を楽しむ
大きな個体を孵したいということだけを考えています。

以前のようにノコオンリーな飼育ではないことが幸いしてか
多方面からアイディアが出たり、スキルを蓄積したりと
自画自賛ですが幅も広がったように感じています。



久しぶりにノコの大型個体が拝めるよう楽しみながら
来年の夏~秋に期待します。


自分的にちょっと前は3種の神器的なイメージがありました。
クロシマ ミシマイオウ クチノエラブ。



なかなか見つからない、見つかっても数が少ない。。
それで当時としては高い。。。
今でこそ価格もこなれているし、探せば見つけることは
できますが、ボクがこの3亜種を探し出したときは
とにかく個体を見ることすらままなりませんでした。



すでにクロシマ ミシマイオウは採集禁止。
クチノエラブはワイルドが入手できましたが
今みたいに毎年というわけではなく、一時累代が
途絶えてから口永良部島が噴火。。。
4、5年は入ってこなかったのではないでしょうか?

そんなワケでこの本土系3亜種は思い入れが深いのです。
飼育に関しては本土系ノコのソレで^^)
菌糸でもマットでもいけます♪
大型を狙うには3亜種ともそれぞれクセがあり、
クロシマは幅が出て、ミシマイオウは他亜種が大歯となるサイズでも
中歯が出たり、クチノエラブは意外と大きくならない。。。
などなど大型狙いにはそれなりの工夫が必要です。
口永良部島も採集禁止は時間の問題と囁かれています。
他の島と比べて地理的には近い島々でこれだけ違いが出て
しかも飼育でもその違いが楽しめる本土系亜種3種。
今年は久しぶりに3亜種とも幼虫がいます♪




唐突ですが、国産ノコの中でどの亜種が産地が
大きくするのが難しいか?と、聞かれると
ボクは真っ先に『ハチジョウノコ』と答えます。

国産ノコは採卵や羽化まで持っていくには
そんなに気を使いませんが大型を孵す。と、なると
ハードルが上がります。お題に唱えている
クチノエラブもそんな亜種の1種だと思います。



クチノエラブノコの特徴は型が全体的に細く
アゴの湾曲が弱く細長いことで艶があります。
飼育で大型を出して同サイズ付近を他亜種と比べると
特徴こそはそうですが、クチノエラブ単体で見ると
なかなかどうしてけっこうな迫力となります。



飼育に関しては菌糸 マットの両方でいけます^^)
ボクの印象では最後のほうが長かったような気もします。
なかなか大きくならないとも言われていますが、そこは
本土系亜種全般な部分ですので、そんなに気にしなくていいと
思います。
隣接した島で亜種登録されているクロシマ ミシマイオウは
採集禁止ですが、口永良部島は採集可能です。
ただ最近頻繁に起こっている噴火で入島禁止になるなど
流通は途切れ途切れにはなってきています。
あとね、、やはりだんだん厳しくはなってきているみたいですね。。

クロシマ ミシマイオウとこのクチノエラブ
この3亜種は実物を見ると違いが顕著で、飼育していても
面白いと思います。他亜種と比べるとブリード個体は
少ないこともお伝えしておきます。



material by:=ポカポカ色=