のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
7
22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[09/17 あんず]
[09/16 東京クワジ]
[09/15 あんず]
[09/15 あんず]
[09/15 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


臥蛇は今年もブリードしているのですが
自己ブリードで残しておいたペアは♂が♀を追い掛け回して
☆にしてしまい。。。ウチでは滅多に起こらないので
ちょっとビックリしました。
困ったときのユウタンさんに連絡したところ
タイミングよく入荷するとのことで購入。
ただ、今年羽化個体だったので起きるかどうかが
心配でしたが無事ペアリング、産卵セットへと漕ぎつけ
ただいまセットには卵を確認♪
やれやれな今年の臥蛇です^^)



この子も前脚のフセツが両方取れているので
もう少しなんだろーなー。。。
色合いといい、型といい中歯ですが臥蛇の趣バッチリです。



敢えての逆光^^)頭部も赤いです。



別系統とは言っていますが、臥蛇は限定されますから❤

 

心配していた今年羽化個体なだけに
こうして画像に残せているのですね^^)







画像ボケています。。スイマセン。。。
あんまり目立たない、どちらかというとマイナーな
印象があるハチジョウノコ。
価格的にもこなれていますが飼育すると
中々どぉして♪ 魅力満載なノコギリです。
ほとんどが画像のような先歯、よくても中歯なので
飼育には根気が必要です^^)
大歯は飼育はおろか野外でもほとんど見られないという
国産にしては難関種のノコギリ。

国産のノコはある程度飼育を続けて行くと
大歯や良型に出会うことができますが、これが最大サイズに
迫る大きさで尚且つ良型となると難易度は上がります。
このハチジョウノコは、そんな国産ノコ飼育の奥深さの
真髄を極めたようなノコギリです。
なんせ大歯がね。。。出している方はほんの一握りでは
ないでしょうか?



♂も♀もマックロで、それも国産ノコでは
珍しい部類に入ります。型についても同様で
先の♂もあのサイズ(50ミリ弱)で、頭部のV字が
あんなに出るのもあまり見ません。
♀も上翅の梨地具合・・・けっこう潜るかもしれませんね?

飼育に関して採卵は他のノコ同様、同じセットで
同数程度は得られるので難しくはありませんが
幼虫飼育は同じようにはいかないようです。
ただ♀はそこそこのサイズで孵っているので
エサは問題ないように感じています。
あとは♂の容器サイズ、温度管理など掘り下げていく部分は
多いかもなー。。。

伊豆諸島のクワガタは調べていくと目を見張る部分が多々あって
このハチジョウノコに限らず、面白い種類が多くいます。

今年から来年にかけて細かく観ながら飼育していきたい種類です。









新成虫のご紹介はホント久しぶり。
もうほとんどが羽化していますからね^^)



アマミノコです。加計呂麻です。
加計呂麻は昨年の最後にセットを組んだので
この時期の羽化なのですが、まぁ最後ですから
後回しになってしまってのこの型は嬉しいですね^^)



確か500の菌糸と500のマットで孵っていますよ♪
加計呂麻は♀がポツポツ羽化していて♂が中々羽化してこなかった
のですが、3♂7♀ぐらいで羽化しています。
与路がほとんど売れてしまい、今年はついに油井も
終了してしまったので加計呂麻の羽化は嬉しい限りです。



それとですね^^)何と言っても赤いのです❤
アマミノコは細かく見ていくといわゆるアマミノコの
型で赤く孵るのは加計呂麻が顕著なんですね。
与路はどちらかというとトクノシマ寄りの型、
請島は両方でるのですが赤味という点では与路の方が
出やすいんですね^^)
この個体以外はハサミムシなので販売するのは
画像の個体のみになると思います。
気になる方はコメント欄へお願いいたします♪




離島ノコ。
今ではけっこう販売もされているので
ショップで入手も可能です。
伊豆大島 壱岐島 種子島あたりは当ブログでも
ちらほら出てくる産地です。



ここに亜種が加わります。
ミシマイオウ クロシマ クチノエラブ
ヤクシマ ミヤケ ハチジョウ ミクラ。



南西諸島の亜種も加わると・・・
アマミ トクノシマ トカラ オキノエラブ クメジマ
イヘヤ オキナワ ヤエヤマ。



まぁあとは産地ですね^^)
この15亜種に加え、産地別を拘るととんでもない数字に
なりますね^^)地域差や個体差などがあり、
コレクション性は高まります。



飼育内容を楽しむという手もありますよ^^)
大型狙い 良型狙い 色彩に拘るなどなど。

産地別を細かく集めていくのはそれ相当の労力と情熱が
必要で、現地採集家もしくは特定地域を専門に採集されている
採集家に出会えることが一番の近道のような気もしますが
実はここに辿り着くまでが大変だったりします。



見つけたら片っ端からぐらいの勢いと気合
(うん、気合・・・必要だと思います。)がないと
数は集まらないかもしれないな。。。
友人が集めているのを、ラインやメールで教えてもらうのですが
見つけたり入手したときの連絡はこっちが嬉しくなるくらい^^)
見つけてからもいろいろとあるでしょうしね。。

個人的には飼育がメインになるので、飼育に重きを置くことに
なるのですが、今ノコで嵌りそうなのは、菌糸や高添加のマットに
対応が難しい産地の大型化。亜種や産地で書くといろいろあるので
割愛いたしますが、ヒントはネブトやミヤマの飼育方法なのかな?
と、考えていて試してみるのが面白かったりします。






う~ん。。。少し腹がはみ出してしまうな。。。
画像を撮ってから確認したところ
腹部が色づいていたのでたぶんこのまま固まってしまいます。
と、ちょっとネガな出だしで申し訳ありません^^)

種子島産ノコギリクワガタです。



いやなんでかと申しますと、種子島産のノコは
面白いことがありまして、飼育での大型は大概
ヤクシマノコの型で羽化するよ、という話があって
この個体も見事にヤクシマノコ型なんですね^^)



種子島産は昨年、国産のワイルドが大量入荷した前年
一昨年に、ユウタンさんに入荷していて購入しています。
そのときに運よく大型の♂ワイルドを手に入れることができ
(どこもそうなのですが、ワイルドの大型はショップに
入荷する前に採集家が標本に廻してしまうので生きた状態で
入手するのは非常に稀。もちろん事前に予約を入れることができれば可。)
確かここでUPしていると思います。

そのときに種子島産はいわゆる本土型とヤクシマ型の両方がいて
その個体はヤクシマ型。で、その時に前出の話が出たので
面白いから追い掛けしないでどぉなるのか?と、してみたところ
その年に飼育した個体はそんなに大きな個体が出なかったのと
羽化したころには話自体を忘れていてのですが^^)
昨年、種子島在住の方から購入した個体からの飼育で画像の
個体が羽化してきました。



まだお尻も完全に納まりきっていないこの個体、
種子島産って、ワイルドだと65もあればすごく大型で
この個体もその近辺のサイズ。
データ自体も残っていないので曖昧な記憶を遡ると
たぶん最初のみ菌糸(500)で、あとはマットで孵していると
思います。いや・・・これ、最近よく書いている
(自分ではその印象があります。)菌糸が有効でない産地の
飼育に試金石を投じることができるかな?と、思っています。
最初から菌糸に拒絶反応を起こす個体は存在するけど
採れた幼虫のほとんどが同じ反応を示す産地の本土ノコに
割出後最初の一本目に適切なエサと環境を与えてみたら
どうなるのか?というヒントがあるように思うのです。

あと飼育では大きくなりにくいのに野外では70ミリを超えている
個体が存在する産地の飼育。
試行錯誤の中からヒントを見出すのはとても楽しいのです♪


material by:=ポカポカ色=