のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
7
13 14
21 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 あんず]
[11/17 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


トカラノコの最レア産地 臥蛇島。



もしかしたらトカラの産地の中で
一番アマミノコの面影がない産地なのかもしれない。

みなさんもご存じの通り、トカラノコはアマミノコの亜種です。
トカラノコを大きく孵すとアマミノコの面影が出てきて
それはそれでカッコイイのですが、アマミノコの面影が出にくい
産地・・・それの最たる産地かな?と、思うワケなんです。



黒化型も出ます。黒化型は色が濃くなった個体と
比べると色の出方が違うのは臥蛇島産も同様です。



臥蛇という産地は、飼育例も少ないので他の産地のトカラノコと
比べたりできないこともミステリアスな部分に一役買っています。



今回の飼育では全頭マットで飼育しました。
そこに加えてあまりお世話をしていないので全頭
中歯寄りの中大歯で孵っています。



この子だけ別系統。臥蛇島産は2系統持っています。
この子の兄弟は幼虫購入で4頭いて2♂2♀
ただ♂が1頭羽パカなんです。。。



この2頭の♂、2系統で累代予定です。
臥蛇島産は、出るときとそうでないときがあるので
(出ても少ないですが。。)
大切に累代していきたいと思っています。





国産ノコの亜種の中では光沢(艶)の強い種が
存在します。



ミシマイオウノコ。
(画像は全部自分用の小さい個体)



クチノエラブノコ。
(噴火前の個体です。)



クロシマノコ。
(ボクの飼育個体ではありません。)



ハチジョウノコ。
(種親です。)

どの亜種も魅力的な光沢です。
赤味の強い個体に艶がでるのもそうですが
ハチジョウノコのような黒に光沢もナカナカ魅力的です。

南西諸島系にも艶の強い個体は存在します。
こちらはまた今度紹介させていただきますが
どの個体も羽化直後の色づいてきたときの光沢が素晴らしく
飼育してきてよかったなー♥と、思える瞬間です。
ハチジョウノコは今期初飼育なので今から期待が
高まっています♪




中歯な型で際たるノコはオキノコだと思います。
大きくなるし(難しいですが・・・)、色もキレイ♪

ウチにいるのはヤエノコとオキノエラブ。



やはり国産ノコといえば、水牛なのでしょうか?
マニアックな印象もしくは、ある程度の種を飼育されてきた方が
触手を伸ばすとでもいうのでしょうか?もちろんこの型が
好みという方もいらっしゃいます。



ボクは以前、ヤエノコを大きくすることができなくて
最近になってやっと満足のいく大きさに羽化させることが
できました。どちらかというと飼育の概念を変えてくれた
クワでもあります。



オキノエラブには根気が必要な気がします。
ボクのところでは幼虫期間が長いです。
この他に中歯な型は、先のオキノコ クメジマ イヘヤなど。
ハチジョウも入るのか?という感じです。

 

個人的には今持っている2種を継続していこうと
思っています。



ヤクシマノコは亜種になるずっと前に
MATONO氏より紹介され、屋久島産ノコとして
飼育していました。
今回の飼育レコードで日ノコ研メンバーが
レコードを取得されたと聞きました。
おめでとうございました(^^♪



ヤクシマノコは個人的には入手しやすい亜種で
毎年ワイルドを入手できたこともあり、
系統で累代飼育ということをしていませんでした。
今年の国産ワイルドラッシュで入荷がないところに持ってきて
昨年の体たらく飼育で途絶えそうになりましたが
なんとか3♂1♀を確保。本日ユウタンさんで1ペア追加して
なんとか累代は繋げそうです。



ヤクシマノコの魅力は、なんといっても
50ミリ台から大歯になるところです。
あと比較的安価♪
個体的には大型になると幅が増し、アゴの湾曲が強くなります。
アゴの湾曲は上から見た横方向だけでなく、
横から見たアゴ付け根からクンと上に上って緩やかに
落ちていく立て湾曲もスバラシイです♪



あと意外と赤い個体が多いんです。



今回の画像のほとんどが中大歯ですが、これはこれで
珍しいかも(負け惜しみです。。。)^^)



亜種登録されてから間もないのと採集禁止ではないので
まだまだワイルドが入手可能です。
今のうちにコレクションに加えてみてはいかがでしょう?





画像がぶれていて申し訳ありません。。
今年、ワイルドが多数入荷した種子島産ノコ。
画像の個体はブリードモノWF1です。
昨年は少量入荷したのでブリードしました。
でもこの子たちは累代不可なんです。。
♀がいない。。



この子は赤い♪ 本土ノコでここまで赤いのは
今年の伊豆大島で採集した個体とこの子^^)



アゴや頭部まで赤いです。



中歯。。左右のバランスが悪いです。。。



黒い個体。
しかし、見事に小さいのばかりです^^)
昨年の体たらく飼育で一番被害を受けたかもしれないな。。

種子島産はいわゆる本土ノコの型とヤクシマノコの型が
存在していて、この子の親のペアはヤクシマ型でした。
でもワイルドだったので追い掛けはしていません。

今年もワイルドは手に入れて現在産卵セット中。
産地的にはあまり大きいのはいないようですが
(ヤフオクで落としている最中、横で62ミリが
グングン価格が上がっていました。)本気で飼育したら
どぉなんだろー??
幼虫は見えているけどまだ小さいので割り出しは
今月下旬にする予定。今年はしっかりやるつもりです♪


material by:=ポカポカ色=