やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/14 あんず]
[02/13 はた坊]
[02/11 あんず]
[02/11 はた坊]
[02/09 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4]


先日はシンセリさんの画像をお借りしての
ご紹介でしたが、昨日乗って帰ってきました♪
バスと電車でシンセリさんに行きましたが
どの交通機関も空いています。正直なところ
ボクもどうにかしたかったけど
こればかりは仕方ありません。
さて、シンセリさんに着くや否や他のお客さんも
いらして、そそくさとバイクを受け取り帰ってきました。



で、帰ってきてからの1枚目がコチラ♪
ライトがそうだからか?四角感が増した全体ビュー。
地面と平行なライン。これが長さを感じさせるのかも
しれませんね^^)実際のところはホイールベース等は
弄っていません。



後ろから見るとかなり長さが強調されるように見えます。
ハンドルは拳ひとつ分高くなっています。
これでポジションはかなりラクになりました。
シートはかなり硬いです。腰高感はあまり感じられませんが
バックステップ感は薄れています。バックステップにしての
あるあるなんですが、オンスの厚いデニムなどを履くと
膝の裏側にデニムが食い込み痛い。。。なんてことがあるのですが
ステップの足の置き方でずいぶん軽減されます。



サイドバッグが付いた画像。非常に気に入っているけど
緑×緑の配色がちょっと気になります。タンクの色は考えています。
思っていたより目がいかないキナリのグリップ。
フロント部分、トップブリッジとハンドルの銀の範囲が
広いせいでしょうか?ミラーは以前から重宝していましたが
より見やすくなっています。



今回、試走したときに一番気になっていた部分。
走りには全く影響は出ません♪ ただ音は少し変わりました。
籠らなくなったといいますか?少しヨソヨソしくなっています。
見た目は一瞬ですが何のエンジンか分からないぐらい変わっています。



画像だと大柄に映りますが、実物はかなりコンパクト。
ノーマルと並べると400と125ぐらいの排気量差を
感じさせます。これは自画自賛だし、ボクの目から見た
印象なのですが、クラシックなパーツを組み込んでいるのに
斬新に感じます。全高は高くなっているけど高さを感じさせない
全長は長くなっていないけど長く感じるという目の錯覚を
見事に具現化できているのが嬉しい♥

実際、乗ってみた感想はかなり乗りやすくなっています。
シートの硬さもそこそこだしハンドルが手前に引かれている分
上半身が立つので視界もかなり広くなっています。
ボクは半メットに眼鏡といういでたちで乗るので
上半身が立つことで眼にかなり風が入らなくなるんです。
セパハンによる前傾で風の巻き込みには悩まされていた
のですが、これで軽減されます♪
あとタイヤがけっこう路面の影響を受けやすいので抑え込むのにも
一役買っていますね^^)怖さがなくなりました。

これで外装はほとんど手を入れたと思いきや
細かい部分はこれからです^^)
カスタムには終着点が見当たりません。





このシートを思いついたのは実はウィンカーからです。
元々ボクの発想からですとブレットぐらいしか
思いつかない。。でもシンセリさんのオーナーが
こんなのもあると自分のハーレーに付いている
ダイヤ型のウィンカーを勧めてくれたのが始まりです。



ダイヤ型のウィンカーからこのライトにたどり着き
あのシートとなったのですね^^)



シートデザインを考えているときによく目にしたのが
古い英車のスクランブラー。古い英車はとかく
エンジンが目立つ。何が目立つんだろうとよくよく見ていたら
冷却フィンがやたら細かかったり多かったりしていたので
ビッグフィンを思いつきました。ヤフオクで落としたのですが
非常に安価で手に入れられたところも気に入っています♥



前のSRでもお願いした前後ドラムの黒塗り♪
足元を引き締めます。



今回は洒落でお皿付き。いつもより多く回ってもらいます^^)



素敵すぎるシートライン♥ ベイツのTTシートレプリカに
なりますが、やはりそこはワンオク♪ 嵌り方が違います。
こぉなってくるとキナリのグリップが気にならないですね。



納車時の画像。



こぉなりました♥
まだまだ細かいところに手を加えていきます♪







バイクのシートが仕上がってきました♪



ベイツのスクランブラーシートがモチーフで
ワンオフとなります。



まずはバックビュー。
タンクのラインとシートのラインにご注目ください。
あまり小さくするとフレームが内ももに当たり、走行中
痛くなるのを懸念して、若干ですがシートがフレームに
被ります。絶妙なラインを形成しています。
この辺はビルダーの繊細さが見て取れます♪



バックビューその弐。
元々ベッタベタだったシルエットはそのままに
もう少し背高になるかと思いきや、意外とスッキリしています。
ハンドルはアップセパハン。グリップはIKワークス・キナリです。
ワンオフ感の強いアップセパハンですが実はヤフオクで落としています。



テカリ感の強い革(合皮です。)を使って
古さを演出♪ 見事に具現化しています。フレームのループ加工を
敢えて無視してこれでもか的なワンオフ感はなくしています。
シートはサドルバッグのベルトが通るようほんの少し
隙間を空けてあるのもミソ♥
ここからだとエンジンのビッグフィンが目立ちます。



ドラムブレーキカバーも装着。ちなみにドラムブレーキは
黒に塗ります。



塗料の都合もあり前後のブレーキを黒くします。
こちらは下準備終了後のリアブレーキ
ウェットブラスト処理済みです。



ウェットブラスト処理前と処理後。
こんなにちがいます。もちろん裏面も同様の仕上がり。
リアブレーキで所要時間はそんなに待ちません。

全ての加工はシンセリティワークスさんでしていただきました。
ちなみにシートはシートベースから作ってもらっています。
シングル・ツインならいろいろと相談に乗って下さるので
お勧めです。

元々弄っている車両をベースに再カスタムしているのですが
和洋折衷ならぬ無国籍感が色濃く出ているところが
嬉しい今回の令和SRクン。
これで美味しいランチ探します♪






現在シート製作中のSRクン♪
今回のシートはハイトがあるためハンドルも交換♪
(セパレート・アップという珍品を装着予定。)
それに合わせてグリップも交換します。



IKワークスさんのキナリです。
黒以外のゴム製品を装着するのは長いバイク遍歴の中で
初めてです^^)



グリップ購入と同時にフロントドラムブレーキのカバーも
購入♪ こちらも完全なアクセサリーパーツを装着するのは初めて。



ドラムブレーキの黒い部分(穴みたいに見える部分)を
隠すんですね^^)これは本当に飾りなのですが、
最近はこうゆうのもアリかなぁと思い、購入しました。
見た目はこれでグッとクラシカルに♥



今回のSRはライトといい、ビッグフィンといい
飾りモノの装着が多い仕様になっていますねぇ^^)



クラシカルだけどコミカル♥
そんなバイクになりそうです。


バイクで美味しいごはんを食べに行こうと
目論んで、バイクをドレスアップしているのです♥



こないだまでこんなカンジでした。



現在。
どこが変わったか分かりますか?



ライトとエンジンフィンが変わっているのです。
ちょっとコミカルになっています。



で、本日のシンセリさんにて♪
2つめのワンオフシート。

今回はですね、全体のイメージは英車なのに
使っているパーツはアメ車(チョッパー)という
ヘンテコリンな仕様です。
アップセパハンという珍味も揃えています。

ちなみに今回のシートは取り付けにだいぶ悩まれていました。
シンセリさんではワンオフシートなどの凝ったカスタマイズから
ヤフオクで落としたパーツの取り付けまで快く受けてくださるので
SRやツインなどお乗りの方で一味変わったことがしたいという方は
一度相談されてみてはと思います。



もちろん車両を探すところからもやってくださいますので
これからバイクで楽しいこと・・・
お考えの方はぜひ♪



このSRは以前 作ってもらった車両。
フロント19 リア16と言うセットですが見事にカフェレーサーです。



2台目のXS。カフェレーサーに仕上げたつもりですが
ドラッグマシンの趣露わという。。。
これ・・・手放すとき後ろ髪を引かれました。。
パーツの交換が数えるほどしかないのも特筆モノでした。



3台目は始めから弄ってある個体をさらに弄繰り回すという
荒業をしてシックに仕上げようという所存です。
果たしてどうなるか?自分でも楽しみです♪



material by:=ポカポカ色=