やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/21 あんず]
[08/20 はた坊]
[08/20 KEN]
[08/20 あんず]
[08/20 KEN]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
あっとゆー間はいつものことですが
大したことをやっていないのに早いよな?と
毎回思う長い休み。



ヤフオクへの出品もそうですが、それ以外に
当ブログからと、業販 あとですね^^)
これ非常に嬉しいことなんですけど
イベント クワタでいつも買ってくださる方からのオファー♪
意外と多くてですね^^)ありがたく存じています。
この休みのあいだも一回ありましたしね♪



この休みの最後はいただいている業販の下準備で終わりそうです。
当ブログからの販売は、ヤフオクと重複しますので
この個体販売しますよ的な告知は少なくなりますが、
告知していなくても遠慮なくお申し出ください。
ヤフオクに出品 ご予約済みという返答になってしまうかも
しれませんが複数いる種類もございますので
お問い合わせいただければと思います。
あと幼虫はあまり告知しませんから、幼虫に関しては
飼育記事などで確認していただければと思います。
割出記事などで気になった種類をご連絡いただければ
取っておきますのでよろしくお願いいたします。



まぁこの休みは台風10号に翻弄されたような気も
しましたが、おかげで受験を控えた息子と話しができたことも
大きな収穫でした♪



なんでこんなにハイテンションなのかと言いますとね。。
郵便局に荷物を持っていくときに降られたのですよ。。。
ビチャビチャにはならなかったけど、ここのところ
ギリギリセーフだったので悔しい限りです^^)
そのあとお昼を食べて、ちょっと映画見て
(夜、本腰入れて観ます♪)クワ活始動です❤



とにかくケースを空けなきゃ何も始まらないよ。。。ということで
絶対ダメなやつとそこそこのやつを割り出しました。
奥のベッド下などに収納するケースはこのあと悲惨な結果になります。



まずは伯方島産オオクワ。こないだ2頭ほど出して
途中でやめたんで、まぁそこそこいるだろうの9頭。
全部で11。。。まぁ自分で飼育するにはいい数(☚マケオシミデス。。。)
ですねーー)

外産ノコ2種は絶対産んでいないと踏んでいたので
この2種は割愛♪
寒い時期の産卵セットはどうもダメです^^)



お次はアマミシカ。♀は☆。。
こちらはマットに幼虫が見えているから期待できるか?・・・



だいたい材産み種の幼虫が画像のようだと爆産の気配を
感じるのですが・・・



トホホの7頭。
まぁ今日は数の問題(☚マケオシミ)ではないので♪
ヨシとしときましょう^^)

これでなんとかケースが空いたので明日は天気と相談しながら
産卵セットを組みます。


羽化した個体ばかりに気を取られて
組んだ産卵セットを放置状態にしている現在、
もう割り出しとかないと不幸な結末が待っている
セットがありますね。。

ハチジョウノコ オガサワラネブト・・・
まだ確認していないセットもあります。



アマミシカも幼虫が見えていますね^^)



利島のミヤマも割り出したいところ。
こちらは飼育品です。
利島産のイズミヤマは飼育品とワイルドと両方いるのが
嬉しいところです♪



ほとんどダメだと思うのが外産ノコで、やっぱりやっつけで
組んでしまうとダメみたい。。ここらへんもよく考えないと
いけませんね。こぉ考えるとやっぱりプロの方々には脱帽です。
いろいろな種類を飼育してそれなりの結果が出ていますもんね^^)

ちなみに幼虫なのですが、今一番いるのはオオクワなんです。
鹿児島産 伯方島産 奥多摩産とホペイがいて
棚のひとつを占領しています。ここからノコが増えていくと思いますが
ミヤマも増えてくれればなという願望もあります。

もう少し増やしたいのはマルバネで徳之島産のアマミマルバネが
出ていて触手が動きますが・・・うーん。。今年は・・・
でもマルバネの場合、来年があるかどうかが分からないので
悩みどころです。とにかく規制が厳しい種類なので
入手できるうちにとは思っています。

とにかく少数を確実にと思いながらやっていることが
真逆だったりする自分に気が付いて、凹んでしまったり
していますね♪






やっぱり販売をさせていただいている関係上
気になります^^)人気のあるなし。。。



やっぱり大型血統のオオクワなのかなー?
とは思うのですが、ここを追随するのは至難の業ですし、
産地ごとの軽妙な違いや美しさに惚れ惚れするので
手も出しにくいということもあります^^)



どちらかというとマニアック向けと言われていたネブトは
今年、動きが大きくないと言いますか?元々少数の方が
こぞってお求めになられていたところもありますからね^^)



ノコに関しては、ボクはちょっと違うと言いますか?
世間様と動きが違います。これはここに来てくださる方々の
おかげです♪



ボクも今年思いっきり波に乗ったミヤマ。
野外個体大型の入札額はけた違いです!
ボクは野外の大型は標本。飼育は島モノとあまり聞かれない産地の
ものを飼育中。ここ数年の夏の風物詩とも言えそうですね♪
いつかは77オーバーを拝みたいものです❤



根強いのはヒラタ。あまり残りません。
全体数も多いし、お持ちになられる方も多いと思うのですが・・・
まぁボクのところに個体数が少ないというのもありますね^^)

ただ最近の傾向として、ユーザー様の動きが非常に早いので
人気があると分かってから追いかけたら遅かったりします。
昨年の人気種が(高額で取引されている種類)半年経ったら下落傾向という
のはよくあることで・・・
でもじゃあ全然ダメかというとそのようなワケでもないようなので
判断が付きにくいというのが本音のようです。

結論としては、ボクのようなブリーダーは
自分の好きな種類を飼育して、納得された方にお譲りさせていただくという
スタンスが一番いいように感じます。
ただ愛情を注いで飼育した個体というのは、お求めになられる方々にも
伝わることをヒシヒシと感じているので、今後は今まで以上に
1頭1頭、手塩をかけて飼育していきたいなと思っています。

産地に傾倒した、特徴がハッキリと分かる個体と飼育ならではの大型の
2極を織り交ぜながら今後も出品させていただきますので
どうぞよろしくお願いいたします。











先日、壱岐島のノコが羽化したんですね^^)
壱岐島といえば野外ギネスの産地で有名で、
ノコの数も多く日本のノコパラダイスな産地のひとつです。



ノコの飼育に関しては、マットと菌糸の両方で飼育していて
マットも完熟マットほぼ一辺倒で飼育しているのですが
たまたま産卵用のマットを800に入れて飼育していたのが
壱岐島産のノコだったのですが・・・
まぁ実績のあるマットで飼育していないので
イマイチかと思い、割り出してみると
800にしてはいい結果で63ほどありました。



これってやっぱスキルが邪魔してしまい、
もうノコはコレっていう蟠りを払拭する
いい結果だったりするのですね^^)

これはもしかしたら産卵用マットをベースに
一捻り加えればもう少し大きくなるかな?とか
思ってしまいます。



ちなみにですね、ノコとミヤマは産卵時の温度帯に違いはあれど
幼虫飼育に関しては温度帯の差は棚の上と下ぐらいの差で
飼育できることが分かりました。
共通することは、容器サイズで大型♂を羽化させたい・・・
しかも個体のポテンシャルに頼らず引き出して大きくさせたい
と、お考えならやはり最低1400は必要です。

まぁ趣味だから無駄も覚悟でいろいろ試せるのが
楽しかったりするので模索する時間は大事なんですね♪






material by:=ポカポカ色=