日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 最近は外産も飼育しています。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
5
13
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[06/15 あんず]
[06/14 KEN]
[06/14 あんず]
[06/14 KEN]
[05/26 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


まだ画像に出来ない個体が大半なので
今年(令和)羽化の個体画像を挿絵にさせていただきます。



ノコはウトロ 小清水町 城ケ島 粟島 姫路
今年は本土ノコのほうが早いのですが、それは産卵時期が
先だからです。あと本土系はヤクシマがイイカンジですね♪



コクワは先日のハチジョウの次は、藍島産。
藍島の♂は菌糸に入れているのでサイズは大きいです。



ちょっと意外なトコでパプキン(青)が羽化してきています。
ただ全部♀っぽいです。。画像の個体とは別系統で
もう少し青が強いですね^^)



ヒラタは大三島 伯方島 屋久島・・・って、こないだ
書きましたね^^)大型はこれからなので楽しみです。
亜種はサキシマのみですね♪



オオクワは大きい蛹が多数います♪
久しぶりに見るオオクワの蛹は圧倒されますね。

あと意外なところでは、ドルサリス ピプラギァトス ビソンなど。
ニジイロも2頭(ニジイロはまだ幼虫かもしれません。)いるので
これから賑やかになりそうです。

順番的にはコクワの♂からご紹介できそうです♪




なんせ蛹だ前蛹だで、画像にするのに
躊躇する状態なので、もう少しお待ちいただければと
思います。



これくらいまでになっていれば取り出せるんですが
蛹もまだ水風船状態なのが多くて困ります。

ほとんどがまだ♀なんですが、ちらほら♂も蛹になっています。
ノコは姫路とウトロ。あと小清水町と城ケ島 粟島 中甑島あたりの
♀が蛹。粟島は2頭しかいないけどペアになります。
なんとか羽化してもらいたいところです。

(画像は神崎ではありません。)

特筆すべきは神崎産のオオクワガタ。
アゴも太ければ前胸の幅もあるっ!
ドルクスは蛹の幅がそのまま成虫の幅になるので
とても楽しみです♪ 神崎産オオクワは2ペアになります。



タイワンオオ。♂も♀も前蛹状態。どう化けるか見ものです♪
親よりは大きくなります^^)

(画像はノビリスです。)

外産ミヤマ幼虫は全て順調です。
成虫があのサイズなのに幼虫はこんなにデカクなるの?といった
感じです。外産ミヤマは、ウェムケン ミシュミ ユダイクス
アクベシアヌス メアレー タイワン クラーツといます。



トカラは遅れ気味。まだ蛹室を作っている個体多し。
まぁ昨年のブリード開始時期にセットを組んで得た幼虫は
ほとんど売れてしまいましたからね。最終便のセットの幼虫が
多いんです^^)国産ノコの亜種はトカラが中之島 諏訪之瀬島 悪石島
あとクロシマの手向山がいます。

(画像は竹島産ミシマコクワ。)

コクワはハチジョウコクワがペアになりました。
ヤエヤマは蛹。トカラコクワも前蛹と蛹でかなりの数がいます。
藍島産のコクワや利島のコクワもいて、藍島産は中々のサイズで
羽化しそうです。



国産ミヤマ幼虫も順調で、中甑島 伊豆大島 北鎌倉
北海道は白老町と今金町。宮崎県は小林市と五ヶ瀬町。
五ヶ瀬町は来週にもエサ交換が必要です。
伯方島がもう少しといったところです。
真打の黒島と神津島 大きくなっています。
黒島は4♂2♀。神津島は3♂3♀になりそうです。
ここにミクラミヤマとアマミミヤマが加わりますが
先ほどUPしているので割愛させていただきます。



分からないのがネブトのみなさん。。
繭玉作りますからね。。
随時確認しようと思います。



最後にヒラタクワガタですが、伯方島 屋久島 大三島 見島
西表島が羽化 蛹です。意外といるなぁという感じです^^)

とりあえず経過報告でした♪





そういえばこないだちょっと話が出た
クワガタの寿命の話。
まず飼育環境で左右されるということは
大前提なのですが、冬場クワガタの生息可能な
温度帯を維持できるような場所で飼育できれば
外産種もそこそこ長生きします。
外産種で日本の四季に沿った温度帯で飼育できるのは
オオクワガタなどのドルクス系・・・
でもヒラタとかはやはり最低限の保温は必要かもしれません。



国産種は越冬する種類もいますから、ある程度の温度耐性は
あります。ここで羽化からまでの期間なのか?
活動開始してからの期間なのか?で、寿命の長さの認識が
大きく変わることをご理解いただければと思います。



まず羽化から数える期間ですと、ノコ・ミヤマで約1年
コクワ・ヒラタで長いと3年 オオクワで3年~
(あくまでも一般的な見解です。個体によって変動はあります。)
ネブトは~1年ぐらいでしょうか?

活動開始からの寿命はノコ・ミヤマで2ヶ月~半年
ネブトで約半年 コクワ・ヒラタで2,3年 オオクワは3年から5年?



活動開始後、寿命を延ばして長く成虫を楽しみたいのなら
交尾をしていない個体のほうが長生きです。
交尾をさせると♀はもちろんのこと
♂も交尾時に栄養分も♀に送るので寿命は短くなります。
ノコやミヤマは活動開始後、交尾産卵をしなくても越冬は
しないので、ドルクス系のような寿命にはなりませんが
環境さえ整っていれば自然下では考えられないほど
長く生きている例が多数ありますね^^)



ここで寿命を延ばす環境って?となると思うのです^^)
夏場の温度上昇や蒸れは大敵です。
一度でも採集に行かれれば実感するのですが
自分がふだん生活しているところよりひんやり感を感じると思うのです。
(感じる前に山登りで汗だくになることもありますが。。)
このひんやり感は単に温度が低いだけでなく
風通しや湿度が総合して感じさせることなので、同じような環境(状況)
を作るよう心がければクワガタは意外なほど長生きしてくれます。

尚、種類によって環境の整え方も様々です。
全て書こうとするととてつもなく長くなるので
また追々UPさせていただきます♪


明日は・・・と、書こうと思いましたが
もう今日なんですね。。

本日は久しぶりと言うか、時期になったので
アマミミヤマのエサ交換、白老のミヤマのエサ交換を
しようと思っています。



白老町産は昨年ワイルドで入手。友人が採卵して
戻ってきた幼虫です。確か複数ペアで入手して
型がいろいろだった記憶があります。
(まだ当時は型に拘りが・・・というより分かっていなかった。。)



あとオオクワの産卵セットを組みます。
伯方島 対馬 北峰(ホペイ)
オオクワの産卵セットはこれにて終了ですね^^)



たしか材はまだあるのでアマミシカもセットしたいところ。
ここまではなんとかできると思います。

ずーっと後回しになっているヒラタのペアリングもしないとね^^)
けっこうレア産地の交尾済み♀がいるのでヒラタは
自分で思っているより数が増えそうです。
ノコは伊豆諸島系が活動を開始しているので
そろそろペアリング。まずはハチジョウノコからです。



今期は2年越しの幼虫もいるので産卵セットは少し控えめ。
羽化してくる個体もこれから増えてくるので
成虫の数が・・・♪





今年はミヤマを飼育しているので
ムシベヤの室温は低め。。
なので、羽化時期が若干遅れています。

特に先日悲しい結果になったヒラタなど、
温度は低ければいいというワケではありません。



オオクワガタもやーっと蛹になってくれまして♪
今年は神崎と台湾の2種だけですが、久しぶりに見る
大型ドルクスの蛹は嬉しいものです^^)



一番困るのはノコのみなさん。。
画像のクチノエラブとかトカラはいいのですが
本土ノコがね、、まだ寝てたりするんですよ。。
6月の産卵セットって、ウチではけっこういい結果が出ているので
もう爆食してくれてないと困るのですが。。。



ネブトたちの羽化も遅れています。
仲間たちの2ヶ月遅れ。。。
ちょっと遅いですよね。。。
ただ、今年は去年より♂も♀も大きめ❤

いい結果がご紹介できるといいのですが^^)


material by:=ポカポカ色=