やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/14 あんず]
[02/13 はた坊]
[02/11 あんず]
[02/11 はた坊]
[02/09 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
塞ぎこんでもいられないので
出来ることからコツコツと♪
とりあえずむ〇社さんのオンラインショップで
マットを購入。で、ちょっと計画も立てます。
まず・・・
・作業場兼荷物置き場にしているスペースの整理。

・洗い物

・ムシベヤの把握(交換が必要なものとそうでないものを
把握します。)

たぶん一番初めに書いた整理というところにすごく
時間を取られると思いますが、まずはそこから始めます。



それからどうするか考えます。
ちょっとモチベーション♥ 上がってきました^^)


今日のところはこの辺にしとこうと思います。
とにかく菌糸に入った幼虫たちを交換したい♪
入っているのはオオクワ ノコ各種 ヤエヤマコクワ。
どれもそこそこ大きくなっていました。



画像の幼虫は伯方島産オオクワ。
この産地にしては大きいのですよ^^)

画像こそありませんがヤエヤマコクワも相当でした♪



あーあとこないだ連れて帰ってきたサビイロカブト。
こちらは産卵セット投入です^^)
たまーにこーゆーの手を出してしまいます。
ウチにはサビイロとケンタウルスがいるのですね。



画像はノビリスですが、気になると言えば
クラーツが蛹になっています。
ウチのは原名亜種なのであまり大きくはならないのですが・・・
2♂1♀が蛹なので楽しみです♥

あとこれ・・・単品になってしまうと思います。



ミシュミミヤマ♂2頭がいい具合に大きくなっています。
なんとか引っ張って次のミシュミ♀と同時期に羽化してくれれば
ペアで出せるかもしれません。

その次は国産ミヤマの交換。国産ミヤマの2年目個体は
多分次の交換が最後となると思います。
ここで1400以上が必要になります。






全頭菌糸に入れたと謳っていても・・・
マットに入った個体を見つけました。。
しかもラベルは産卵セットに貼ったものが付いています。。



容器側面から見る分には大きいので・・・



・・・・そんなに大きくない。。。



悔しいので測ってみると15gありました。



まぁまだまだ成長しそうだからヨシとするかで、



1400にお引越しです♪




スペキオを小さな飼育ケースに移しました。
昨日あたりから温度が上がると天気予報で見たので
朝一番にやってみました^^)



♀はタイニーです。
ボクはあまりタイニーは使わないのですが
たまーに手に入ります。
ちなみにスペキオは材割採集ワイルドと銘打っていますが
現地飼育(材飼育)かもしれませんね^^)



まぁ休眠個体なワケなのでこぉやってゼリーの上に
個体を置きます。舐めればヨシ。まだならカビます^^)



とりあえず半日常温で置いて、状態を見てみます。
今のところ潜ってしまったのでムシベヤで保管です。
♂♀のケースは近くに置いておくこともけっこう大事です♪


元々1種類を何十頭も飼育することは稀で
(それこそ販売を開始する前までですね♪)
トカラオレンジプロジェクトのように目的があれば
別なのですが、それ以外はほとんど一桁に留めてしまう
ことが多いんです。



だからネブトのように3桁。。。とか考えられなかったのですが
ここにきて1種を二桁飼育していることが多くなってきました。



ノコはそんなに羽化ズレはしないけど、いつも自分のが
なくなるので^^)



ミヤマは多めに持っていたほうがいいみたいです。。



そう考えるとマルバネは優秀です♥
なんだかんだで同時期ですもんね♪ 
ただ最近聞いた話ではやはり同亜種同産地を2系統
持っていたほうがいいのかもと思えてきました。

このあたりがドルクスのようにいかないのが
もどかしく感じるのですが、新成虫を見たときは
どこかへ吹っ飛んでしまいます!


material by:=ポカポカ色=