やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/20 あんず]
[09/20 某.]
[09/16 あんず]
[09/15 KEN]
[09/15 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
お仕事の方もいらっしゃったと思うので
こんなこと書くと怒られそうですが^^)
この3連休は仕事同様に起床・・・行動の3日間でした。

発送用の発泡スチロール容器が近所の100均に
売っていなくて。。。最寄りの駅の100均まで
足を運んだのですが・・・その理由がわかりました!!



1個150円なのです。。

ボクは仕事で一日中 車に乗るので
休みの日は極力 公共の交通機関を利用するので
(個人で動く場合のみです。)あまり駅近くの
駐車場って把握していないのですが、今回それこそ何年かぶりに
駅近くの駐車場を利用して買い物に出かけました。
しかもですよ^^)その100均の入っているショッピングセンターは
10:30オープンだったので開門を待ってのお買い物。
これも初めてです♪

そんな初めてづくしの3連休最終日でしたが
出かけていないのにお昼がシュウマイ弁当だったりで
嬉しいこともありました♪



このあいだホペイのセットを暴いたとき、材を粉々にしていたので
太い材で再セット。今年は室温が低いことで
ノコやヒラタ、オオクワは常温でセットを組んでいるのですが
外もあんまり温度が上がらない。。。今日で最高気温が24℃です。
あんまり芳しくないですね。。
伯方島産オオクワのセットを少し暴いてみたけど初令幼虫が
2頭 材を少し割った部分から落ちてきたので割るのをやめました。
同時期に組んだ対馬産も齧ってはいるけど材が硬かったので
ゼリーをあげてもとに戻しました。



この画像はアンバランスオオクワの幼虫です。
アンバランスも材をグズグズにしていたので♀を取り出して
そのままにしていたのですが、幼虫は2頭。。
やっぱり材が細いんですね。。

ここからは先ほどの鹿児島産オオクワの出品準備を始めて
そのあとノコ・ヒラタ用の産卵セットを2つ作って
この3連休のクワ活終了です。
仕事のメールをひとつ見落としていたので
早めに切り上げて仕事することにしました。。
(ここらへんがね、、自営のいいところでも悪いところでも
あるのです。。。)

そんなワケでお楽しみのミヤマの産卵セットは今度の週末です。
ミヤマは淡路島を筆頭に宮崎 北海道。
(宮崎と北海道は既に別産地でセットを組んでいますが
ワイルドなので各1セット組みます。)

少しづつですが場所も空いてきているのでちょっとは
整理がつくかなぁ。。。というところです^^)



やっと・・・やーっと羽化してきています♪
いつもですと5月下旬の話が今なので、約2ヶ月遅れですね。。
今年は2年かけて飼育したい種類がいるので
(しかも多い。。)そんなに気になりませんが、でも周りがね。。。
いろいろ羽化しているのに全然羽化してこないのも考えモノです。



藍島産ヒラタ。藍島はいわゆる本土ヒラタです。
個体差なのでしょうが少し丸っこいですね



粟島産ノコ。先日地震の被害に遭われた島です。
サイズ的にはあまり大きくありませんがしっかり大歯で
羽化してくれました。



トカラコクワ(中之島)。この個体は
大きいです♪ もう少し固まったら個別でご紹介します。



伯方島産。あまり幼虫が採れなかったところに
持ってきてお引き合いもあったのでほんの数頭の飼育です。
それなのにトホホの中歯。

画像以外では中甑島ノコの♀ ヤクシマノコの♀
トカラコクワの♀ ビソンのチビ♂ ミカルドの♀など
が羽化してきて少し賑やかになってきました。

以前から書かせていただいている通り今期羽化成虫は
ほとんどが予約済み。もちろん全てではないので
ご予約の個体が出たらヤフオクに出品いたします。


今年はまだあまり暑くならない関東地方ですが
そろそろ多湿高温になってきそうですので羽化も
早まりそうです。タイワンオオも全て蛹化してきているので
オタノシミの時期がそろそろ来そうです♪






少し遠ざかっていた感のある亜種ノコギリ。
今年は再燃しています。
クロシマ ミシマイオウ クチノエラブ ヤクシマ



南西諸島亜種も・・・
アマミ トカラ 



伊豆諸島亜種も・・・
ハチジョウ ミヤケ

一応全て大型狙いで行きます。

ノウハウはあるので、まずは採卵。
幼虫の選別 飼育の管理など今までやってきたことで
いいなと感じたことのみ実践します。



原名亜種もレア産地に限って(もしくはお気に入り個体)
は、随時飼育していきます。

数は少数。内容は濃いめで飼育する予定のノコ各種。
じっくり深く掘り下げていきます。(予定です♥)


入荷状況がイマイチ掴みにくいです。
ボクはあまりショップを回ったりはしないので
分からないというほうが正しいのですが、
それにしても分かりづらくはなっています。



クロシマやミシマイオウなどの採集禁止地域の亜種は
自分で飼育していなくても仲間が飼育しているので
大丈夫なのですが、ヤクシマ クチノエラブは
この時期になってもワイルドの入荷の話が
聞こえてこないのが寂しいところ。。。
種子島産も今年は聞こえてきません。



アマミ系は入荷してきました。
トクノシマも入荷予定と聞いています。
今年はアマミ・・・頑張ろうと思っているので
一安心です。こないだ飼育品を購入したのですが
やっぱりワイルドから採れるといいなと思っていた
ところです。



トカラも出ているようで思っていたより出ていません。
これはボクのところではいつもいるノコなので
錯覚も混じっているのかもしれませんね^^)

ここ数年のあいだに国産種も今まで見たこともなかった産地が
入手できるようになりましたが、少し抑えめになってきているのも
事実なので、やはり持っている個体を大事に累代していければな
と、しみじみ思ったのでした^^)






一言にクワガタが趣味と言っても
飼育 採集 標本と、やることが異なってきて
それはそれで非常に楽しいことだと思います。
ここ最近は飼育種が増えたことも手伝って
採集は年に1,2度程度に抑えています。
国産種の飼育がメインなので、なんで?ってことに
なるのですが、飼育する種類のなかでも
やはり中心になる種類が出てくるので
(今年はミヤマです♪)近隣で採れないからということも
手伝っています。



最近始めた標本・・・これはミヤマ飼育と
大きくリンクさせていて、ミヤマやマルバネの場合
飼育した個体と採集個体とでそんなに差が出ないので
コレクションするときにラベルの記載をしっかり
しとけば充分コレクションになるなぁというのが
ホンネで^^)。。特にミヤマは、飼育した個体のほうが
微毛がきれいに残るのでキレイだったりもします♪
あと、同サイズを野外と飼育で並べるなんてのも
面白いかもしれませんね。
ミヤマやマルバネは、飼育で大型を出すのは至難の業だし
野外品は標本で購入というのは、かなりの大枚をはたくことに
なるので、どちらにしても憧憬も含めて・・・
ということになりますね^^)



ミヤマの飼育も進めていくとノコ同様
離島に目が向いています。
ミヤマもコクワ同様、いる島と
そうでない島に分かれたり、本州産にない魅力があるので
そこらへんが分って来るといてもたってもいられません^^)

ボクが知っているミヤマのいる島は伊豆大島。
イズミヤマの中では比較的流通はしていますが、
採集に行くと決して数が見れるワケではありません。
今までは飼育として考えていた伊豆大島のイズミヤマですが
標本という目線で見ると行きたくなってしまいます^^)






material by:=ポカポカ色=