日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 最近は外産も飼育しています。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
5
13
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[06/15 あんず]
[06/14 KEN]
[06/14 あんず]
[06/14 KEN]
[05/26 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2]


唐突にマットの画像から始めてみました♪
今日はマルバネのエサ交換。
石垣と西表ですね^^)
ちなみに同じヤエマルでも石垣と西表は全然型が違うので
両方飼育して違いを楽しめます。



まずは石垣産。いましたいました♪



初2令といったところなので500㏄プリンカップに。
ここで・・・なのですが、今まで入れていたマットに
新しいマットを混ぜ込むか?新しいマットと古いマットを
分けて入れ替えるか?迷いますよね?
今回は新しいマット(U+無添加微粒子+赤枯れ)を底と上部に
幼虫の周りに今まで入れていたマットのフルイ掛けでやってみます。
個人的には赤枯れはいいかなー?とも思うのですが
すごくいい感じの赤枯れマットをいただいたので使ってみます。



新しいマットを軽くプレスして・・・



そのうえにドーナツ状に今まで使っていたマットを入れて♪
真ん中に幼虫を置きます。
あとは新しいマットを被せて完成♪
1頭だけ小さかったので350㏄に。あとは500です。
全頭単頭に切り替えました。

で、お次は・・・



これですね^^)西表は、3令で購入なので
いきなりこれからでした。
ここでも継ぎ足し派と糞取り新しいの混ぜ込み派と
いるみたいです??^^)

今回は糞取りのフルイ掛けに新しいマットを混ぜ込む形式で
替えてみました。



まずは体重測定・・・14gですかぁ。。。
微妙な数値ですね。。
ちなみにですね、2300と1400のボトルに入れていますけど
体重差はそんなに違いませんでした。
1400に入れ替えようかとも思いましたが、意地を張って
2300は2300のままで入れ替えです^^)

新しいマットのレシピは。Uマット+無添加微粒子マット+完熟マット
と幼虫の状態で赤枯れを少し混ぜました。このときの完熟マットは
フルイ掛けをしたものをほんの少しです。
完熟マットはよく混ぜ込んだほうがよろしいかと思います。



よく育ってくれているのでヨシとしときます。
西表産はこれでマットを継ぎ足して水分調整しての方法で
繭玉まで持っていくつもり。石垣産の次は全頭1400に交換して
状態を見ながら考えます。



マルバネはこれで少し様子をみます♪


ボクもあれこれ書けるほど飼育はしていないのですが
マルバネだからと気負いすることなく、いつも通り
楽しみながら飼育しています。



現在、入手できるマルバネはヤエヤママルバネのみ。
ヤエマルも石垣島は採集禁止なので累代品の入手のみと
なります。まぁ採集禁止でなくともワイルドはお高いと思います。
ボクも視野にさえ入れたことがないので価格等は
皆目見当がつかないけど、標本を集めている友人の
話を聞く限りでは、まぁいいお値段です^^)

マルバネの産卵についてもひとつハードルが高い気もしますが
最近は市販のマットでも産みますのでチャレンジしてみるのは
いいのかなと思います。



ただ先日のネブトみたいなワケにもいかないので
少々コストは覚悟が必要かもしれませんね。
友人は小ケースで産卵させましたが、ボクは大事をとって
大ケースで産ませました。そのかわりマットの量もハンパないので
ここでコストが変わってきます。

マルバネ飼育で大事なのは友人知人、知り合いで先に飼育を
経験されている方がいらっしゃると成功率はグンと上がります。
ノウハウの伝授だけでなく、使用済みのマットをくださったり
するので、それだけで随分と変わってきます。
もし周りにマルバネを飼育している方がいらっしゃらない場合、
ボクは幼虫の飼育からをお勧めいたします。
まず生体が安価(と言ってもマルバネの範囲内での話です。)
で入手できることと、使用済みマットが手に入ることが重要です。
マルバネの場合、幼虫が食していた廃マットは非常に重要で
この使用済みマットを混ぜ込むことでマルバネ用のマットを
作ることの近道なんですね^^)



もちろん自分で羽化させた個体を累代するのが一番なのですが
この幼虫が入っていたマットを使って、新たに採卵からチャレンジして
みるのもいいと思います。なんせ羽化まで2年はかかるので
あいだのときに成虫を入手して産卵セットを組むというのは
いいと思いますよ^^)
あとマルバネ飼育のメリット(?)として、10月下旬~11月に
産卵セットを組むことになるから、その時期って幼虫の
ビン交換(国産種メインの方は特に)が飼育のメインになる方も
多いと思います。そんな時期に産卵セットを組むなんて
目先が変わって面白いと思うのですよ。

そんなこんなで地味に燃えているマルバネ飼育。
面白いですよ^^)




と言ってもですね、始動したのがいつだったか
忘れてしまうぐらいウチでは希少種です。



このあいだ2つある産卵セットのうち、1セットを割り出しました。
なんとか30ぐらいは採れたので、販売もできると思います。
まぁコバエが凄まじかったので止む無く割り出したのですが
いい具合に採れてくれました^^)



まだド初令なので、もう少し安定したら出すつもりです。
マルバネはいろいろな規制の下、現在採集できるのは
西表島産のヤエマルのみ。(でしたよね?)
石垣島も採集禁止だから間違いないと思います。



ボクが所有しているマルバネは、石垣島産と西表島産の
ヤエマル、あと規制前に入手した亜種の計3産地。
もうこれ以上は増やすことができない(それはそれでいいと思います。)
ので、ある意味飼育に専念できますね^^)



販売に当たってですが、まずは幼虫で販売させていただきます。
石垣島産野底産のF3?になりますね^^)
累代に関してはもう一度確認します。
西表島産ヤエマルは、マルバネ図鑑を購入したあと
実践してみたいこともあったので、幼虫で購入。
自分用なので販売予定はありません。
なので販売させていただくのは石垣島産のみなのですが
もしお考えの方がいらっしゃいましたら
個別で分けるか、多頭でひとつのカップに入れるかを
聞かせていただきます。個人的には幼虫の入っているマットが
重要なので、大きめのプリンカップに多頭でお渡ししたほうが
マットは多く手に入れられると思います。
マルバネも使用済みマットを市販のマットに混ぜることで
マルバネマットは大方完成したも同然なので
使用済み(もしくは使用中)のマットが多いほうが
よろしいかと思います。
さてさてここから2年。根気よく飼育したいものです♪




この画像の子はボクがブリード用に入手した石垣島産。
ホントに細々と続けているという言葉がピッタリな
マルバネ飼育。


この画像は以前、友人からプレゼントしていただいた
西表島産。これを目指して飼育で同じような個体を
羽化させようと思っていたら・・・・
先日友人から比較画像が届いたのです^^)



左が西表。ボクがいただいた個体の兄弟だそうです。
右が石垣。けっこう違いますね。
画像を大きくして見ていただくと分かりやすいのですが
複眼をカバーする突起の形状や全体のフォルムが全然違う。



先ほどの比較画像では見にくいとの注釈付きで解説されていた中に
タテヅノの型も随分違うそうなので、やはり大きな個体を
羽化させて違いを比較したいですね^^)

マルバネはレアとされる(もしくはコンプリート)産地は
ほぼ採集禁止。中には売買譲渡まで禁止の割合が高いので
集めようとは思っていませんが今までの細々から少し拡大して
飼育を続けて行こうと思っています。





先日、ヤフオクで落としたヤエヤママルバネ。
石垣島産です。大きな個体はスゴイ値段が付いていますが
種親を探していたので、お求めやすい価格の個体を落札しました。
(あと、いつも購入させていただいている方の出品だったので)
現在、ハンドペアリングで交尾を済ませて産卵セット中です。



マルバネはそれこそ気負いなく細々と続けていて、増種も
久し振りです。以前は2年かかるクワガタってマルバネだけだったのですが
ここのところミヤマやノコ(大型の♂はそれなりの期間がかかります。)
ヒラタなどで飼育期間の長さが自分に染みついたせいもあるかも
しれませんね^^)



まぁ実際のところ、こんな大きな個体は孵したことがないのですよ^^)
ちょっと触発されてはいますね♪



まぁ飼育種を少しづつ変更しているから
自分の中での考え方や思い込みも変化が出ているのかも
しれませんが^^)



ちらほら優良個体のお話もいただいているので
これからどうなるか分かりませんが今まで通り続けて行くつもり。
スパンが長いことを楽しもうと思っています♪







material by:=ポカポカ色=