のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
2 4
10 11 12 14
16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[04/18 あんず]
[04/18 あんず]
[04/18 ALse]
[04/18 岩崎]
[04/17 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア


ミヤマクワガタの飼育は初めてではありません。
ノコと同時進行で飼育をしていた時期があり
(と、言ってもブログを始める前です。)
ミヤマにしては短期間で割と大きいのを
孵したことがあります。


むしろネブトより明るいぐらいなんですね^^)



画像のイズミヤマはブリードモノ。
イズミヤマは採りに行くと分かるのですが
♀が採れません(と言いますか少ないです。)。

なのでブリードモノで勝負します♪
 




友人が所有していて、他の友人が所有したいと願った
幻のミヤマクワガタ。
先日の大宮クワタで所有したい友人が来れなかったので
代わりに受け取って、諸事情により♂が本日届きましたので
友人の許可を頂いているのでご紹介いたします。



ボクも初めて見るのでどーのこーの言えませんが
イズミヤマほどの違いがあるように感じます。
と、ゆーのはですね^^)長男が好きなんですよ。
ミヤマクワガタ。ボクが住む地域にはほとんどいないので
へっぽこ採集のボクにとっては遠征しないと
採れないクワガタで、長男が小さいころはシーズンになると
車を走らせて採りにいったので数はそこそこ見ているんです。
(ここ最近の伊豆大島採集もミヤマがメインです。)



友人からは『脚が白いから一目瞭然』と、特徴を
聞いていたのでひっくり返しての画像。
確かに違いますね。しかし、このクロシマと中甑のミヤマが
ウチにいるなんて俄かに信じられません^^)
イズミヤマも購入したので、変わったのばかりいるよなー♪



イズミヤマを購入した友人曰く、一年一化で小さく孵っちゃうから
温度をかなり低く持っていかないと大型が望めないと言っていましたが
同様の管理が必要かもしれませんね。
とにかくこのクロシマミヤマは25日には友人に届けるので
ボクの手許を離れますが、中甑のミヤマとイズミヤマで
まずは幼虫を採るところからですね^^)

一昨年のネブト、今年のミヤマで飼育種類の幅が出てきました。
従来からのノコ ヒラタ コクワも続けるので
種類数(亜種 産地を含む)を絞るか、飼育数を絞るかの検討は
必要かもなー^^)


まぁ相変わらずオオゲサに始まりましたが^^)
今年はミヤマクワガタを本格的に始めようと思っています。



画像はイズミヤマ。今回のクワタで入手。
イズミヤマは採集こそ経験があるけどブリード経験はなし。



伊豆大島産WF1で、一緒に伊豆大島採集に行く友人からです。



時期的には早いほうがいいのかなー?



この子が手に入ったので本気モードになってきたのです^^)
中甑島産。



イズミヤマは亜種ですが、中甑島は原名亜種です。
中甑島のミヤマは記載が・・・と、囁かれるほどの珍品。



♀も実物は違って見えますが、なんせミヤマは見ている数が少ない。



こちらも大珍品。クロシマミヤマ。
この子は友人に頼まれて購入。来週には嫁いでいきます。



この子も実物はかなり違います。画像では分かりにくいですが
脚の色がかなり違いますねぇ。

飼育してみようと思ったきっかけは、前述した大珍品が手に入ったことが
大きいですが、ネブトで使うマットと相関性が
あることや大型の蛹を保管する場所がミヤマ飼育に適していることも
手伝っています。
それとミヤマは以前、ユーロミヤマを本気で飼育しようとしたとき
いきなり高額のミヤマをやる前に国産で練習的な発想で、累代こそは
しませんでしたが2,3年自己採集のミヤマで採卵~羽化までは
成功しているのでスキルもあるんですね♪
あとすぐ近くにあわゆき氏がいるというのも大きな安心材料で
分からないことを聞ける環境があるんです^^)

そんなこんなで始めることにしたミヤマ飼育。
今年の目玉でもあるんです♪




カテゴリーも追加したので本気です^^)
いきなりスゴイのが手に入ったので・・・



ミヤマクワガタ(中甑島産)

この産地のミヤマは初記載なんじゃないか?と
仲間内ではしゃいでいましたが、まさか手に入るとは
思っていませんでした。。譲ってくれた友人も
『生きているの持ってるの2人だけかもよ❤』なんて
プレッシャーをかけてくる始末^^)



この子は上翅に難がありますが、敢えてこのような個体を
送ってもらっています。(なんと言っても貴重です。)
サイズ的には小さいのですがやはり大きな個体は2年かかるようで
友人宅でも大きくなるであろう個体はまだ幼虫です。



島モノミヤマにありがちな耳上突起の発達は本州産に比べると
悪いようですが、ボクは何年かぶりに見るミヤマの新成虫の
金の微毛にウットリ❤です^^)



まずは産卵シーズンまでしっかり寝てもらいます。

お次は♀。



個体差なんだろうけど本土のミヤマに比べると
スッキリした印象です。



前胸が丸いのか?上翅がスッキリなのか?
分かりませんがとにかく違う印象を受けます。



何よりもビックリしたのが画像では
分かりにくいかもしれませんが上翅が赤いんです!!
オキノコみたいな赤(ワインレッド)!
艶も強い気がしますけど、ミヤマは数年ぶり。
個体だってしっかり見たのは一昨年の伊豆大島で
採集した個体で♀は1頭のみ。



脚なんかも違う気がしますけど
あんまりアテにしないでください^^)
なんせ見てませんから♪

久しぶりがいきなりハードル高いかな?とも
思いましたが頑張ってみます。
一応ミヤマは今期、この中甑島だけにしようとは
思ってはいますけど、今年も始まったばかり。
ちょっと分かりません^^)


material by:=ポカポカ色=