やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
8 9 10
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/20 少佐]
[01/12 あんず]
[01/11 はた坊]
[01/04 あんず]
[01/04 はた坊]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


来ましたねぇ♥
黄金のミヤマクワガタ。



このコントラストがね♥
他のミヤマにない魅力なんです。



実はこの個体より小さな♂のペアも持っているのですが
もう少し大きな個体も見たくて落札しました。
ちなみに同じ出品者の方からなのでこちらの大きな♂で
2♀ペアリングも可能です。




左が今回、右が前回です♪
ルニフェルの魅力って、まず国産ミヤマとサイズ的には
似通っている(ルニフェルのほうが大きくなりますが)
ので型の違いを比較しやすいところなんかもそうなんですが
なんか隙がないようにも感じているので、色とか型とはまた別の
部分が好きだったりします。

ヨーロッパミヤマや国産ミヤマとまた違う魅力を持つルニフェル。
嵌りそうな予感です♪



ミヤマクワガタは温度を低くしなければならない、
幼虫期間が長い、マットって何使えばいいの?・・・
と、何かと二の足を踏んでしまう部分が多いと思います。



一番手っ取り早いのは自己採集で得た個体をブリード
してみるのが生体のコストは採集費用を考えなければ
ただですし^^)ノウハウとスキルを手に入れられると
思っていただければ、飼育してみるのもいいと思います。



いやいややっぱり気になる個体をなんとかして入手してこそ
のモチベーションでしょ^^)な方♪
ボクもその中の一人なんですが^^)・・・ミヤマは
その前に何かと準備が必要でしょ?と、お思いでしょうが
少々の温度管理さえできればなんとかなったりします。
確かに産卵時は夏場と言う時期に低温を維持しなければならない
というハードルを克服しないとなりませんから
なんとかエアコンを作動させ続けられれば
いいのですが、幼虫飼育に関してはそう低温にしなくても
なんとかなったりします。特に羽化の時期に10何度とかにしてしまうと
羽化不全になったりしますからね。。



ボク個人が飼育していてお勧めなのはヨーロッパミヤマ。
意外と強いし、マットも率なく食べてくれます。
幼虫サイズが大きくなるので、量も使いますけど
いわゆるミヤマ用と謳われているマットでなくて大丈夫です。
秋から冬にかけて幼虫で購入して(この時期は常温で大丈夫です。)
暑くなる前に温度対策(もちろんご家族のある方は説得も含みます。)
をするための時間に充てられればと、思います^^)



アクベス ユダイクスは100ミリを凌駕するサイズになりますが
ケルブスはそこまでにはならないから少し飼育しやすいかと思います。
問題は生体の価格です。。意外とケルブスのほうが値が張ったりします。



あと変わり種ではラティコルニスなども入手は可能ですが
見つけた時点で買わないとなかなか手に入りませんしね。。



成虫サイズこそは小さいですがその分スペースと言う点で
メリットがあるのはエラフスミヤマ。
生体の価格もミヤマの中では安価な部類ですし、
60ミリに満たないサイズでも形状はヨーロッパミヤマのソレですので♪
迫力は充分にあります。個人的には一押しのミヤマです。
幼虫飼育に使用するマットもヨーロッパミヤマと同様のマットで
大きくなります。こちらも成虫や幼虫の出る時期はある程度
決まっているので、今からだと今秋ぐらいからとなると思いますが
そのあいだにね^^)温度対策を考えたり(資金繰り含む)する
期間として考えれば弾みも付くと思います。

もしミヤマクワガタも興味があるよと言う方、参考になれば幸いです。
もちろん温度対策の設備は他のクワガタにも使えるので
決して無駄にならないということをお伝えしておきます♪


と言っても幼虫画像なんですが^^)



中甑島・木の口山産F2 初記載モノからの累代です。
ボクがミヤマを本格的に飼育しだした個体からの
累代です。



種親の画像はたぶんこれですね。。。
もうずいぶん前になるので画像が合っているか
信憑性に欠けますが^^)
確か50~採れて、販売したり業販に出したりして
何とか10頭台まで絞り込み現在飼育中です。
♀がほとんど羽化してしまったのでワインセラーにて
コールドスリープ中です。

この年に入手したミヤマはこの中甑島と利島、宮崎県小林市
北海道白老町とご当地北鎌倉産。一部一年で♂が羽化した産地も
あって、ヤフオクでも出品させていただきました。
ここから伊豆大島や淡路島 黒島 神津島と快進撃をすることに
なります。



話を中甑島産に戻しますと、けっこう幼虫が大きくなっていて
嬉しい限りです♪ 今日は秤の電池切れで体重が測れませんでしたが
このままいけばけっこういいサイズで羽化してくれそうです。

今年は国産ミヤマの羽化ラッシュが見込めますのでこうご期待です♪



小型ミヤマと聞いて真っ先に思い浮かぶのが
ミクラミヤマです。



現在は飼育品のみの流通ですので、起きだしさえしっかり
出来ればセットは小ケースでいいし、幼虫飼育はほとんど
500でいけるので省スペースでいけます^^)



こちらはクリイロミヤマ。クリイロミヤマも♂が50ミリ台なので
小型の部類に入れていいと思います。クリイロミヤマは
最近は見かけますがいつ入荷しなくなるか分からない種類でも
あるので興味のある方はお早めに^^)



小型ミヤマの代表格と言っても過言ではないアマミミヤマ。
昨年は幼虫が少しこなれた価格になりましたが成虫ペアは
まだまだいいお値段です。飼育面でミクラミヤマと
似通った部分もありますので、ミクラミヤマを飼育してからでも
いいかもしれませんね。もちろん好みが最優先ですが^^)



60ミリを超えたら大きい部類に入るエラフスミヤマ。
カッコイイし、価格もそこそこなのでお勧めです♥
幼虫はヨーロッパミヤマと同様のマットで大きくなります。



意外とお勧めなのがイズミヤマです。
価格はその時々でマチマチですが、伊豆大島産は
流通していることがあります。各島ごとに軽妙な違いがあるようにも
感じます。割と一年で羽化してしまう♂もいるので
2年という飼育期間がなぁと思っている方にはお勧めです。



ノビリスやルックなどのヒメミヤマ系。
採卵にクセがあるとされるヒメミヤマ系ですが
ワイルドも入荷するし、価格も驚くような価格ではないので
チャレンジしてみるのもいいと思います。
ただフジタミヤマなどレア種はそれなりの価格です。



ウェムケン、ミシュミなど。
一昨年ほどではないですが、ヨーロッパミヤマなみの
価格ではあります。飼育はそんなに難しくはないとの
記述を見かけましたが、ボクは採卵はしていないので
言及は出来ません^^)魅力的なミヤマではあります。

あと成虫ではいないのですが、クラーツやラエトゥスなども
いて、ラエトゥスは良好なのですがクラーツは
いったいいつ羽化するんだろう?といった感じです。
小型とはいえ、1400に入れたほうがいいなぁという種類もいるので
ネブトのように絶対省スペースとは言い切れませんが
魅力満載の小型ミヤマ。今年の飼育予定に考えてみるのも
いいかもしれませんね^^)




マルバネの次はミヤマです。
ミヤマは外産主体となります。



このへんが交換時期です。
ヨーロッパミヤマの幼虫はアクベス ユダイクス ケルベスと
いて、そのどれもが交換時期です。



こちらも3リットル。。。必要かもしれませんね?
ところでマットなのですがUマットは若干使用するのみで
ほとんどが完熟マットベースで交換します。
コスト面でいえばマルバネと比べるとお財布にやさしいです。



交換タイミングはもう分からないので^^)
幼虫とマットの状態で見極めていっていますが、
ボクにとっては30グラムを超えてくる幼虫を拝むことは
滅多にないので、ヨーロッパミヤマの幼虫は
カブトムシの幼虫感覚です^^)

これから徐々に交換の記事が増えていくと思います。
所々で菌糸に入れたノコも交換していきます。





material by:=ポカポカ色=