やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/14 あんず]
[02/13 はた坊]
[02/11 あんず]
[02/11 はた坊]
[02/09 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

ミヤマクワガタのシルエットって
思い浮かべるのはこんな感じ?



小型(小さく羽化しても)でもシルエット的には
同一線上でしょうか?



そう考えるとミクラミヤマのシルエットは異なりますね^^)



こちらクリイロミヤマ。似て非なるものでサイズも違えば
実物を見るとかなり違います。



どこに魅力を感じるのか?
とにかく見ていて飽きない。形状的にはスマートでも
ないし、力強さも・・・これはありますか?^^)
ただすごく繊細なんですね♪ もちろん背景もありますよ。
なぜ伊豆諸島も御蔵島と神津島にしかいないのか?とか
しかもその両島が採集禁止だとかも魅力に拍車をかけます。



あと横紋が出るというのも飼育する魅力に一役買いますね♪
このあいだ友人がラインで送ってくれた個体も素晴らしかったです。
あんな個体が出せたらやめられなくなってしまいます♥

昨年は個体の休眠期間を含めた起きだしに失敗してしまい
苦汁を呑んだミクラミヤマですが今年はなんとか成功させたい
と思います。


今期ブリード 外産ミヤマクワガタを羅列します♪



メアレー。実はこのメアレー以外に
幼虫もいたのですが、なんとウェムケンが
羽化してきました。こちらは外に出さずに
ブリードして羽化させます♪



シュパンキー。形状が違うようです。
こちらも外に出さずにブリードします。



ルニフェル・フランシスカ。
この子は2月のとき嫁ぎ先がなかったのですね。。
なのでブリードします♪

ヨーロッパミヤマ系が2亜種 ミクラミヤマ2ペアいるので
これくらいでいいかなぁと思っています。

ちなみに幼虫ですが・・・
ラエトゥス ゲアン ミシュミ エラフス クラーツ
タイワン あと名前が出てこないけど珍しいヤツ♪
がいるので、(ちなみにクラーツは全頭 前蛹 蛹です。)
今年の外産ミヤマはバラエティです♥








燻したようなメタリック感漂うミヤマクワガタです。



メアレーミヤマクワガタ♪
これ、欲しかったんだぁ^^)
個人的には中型の外産ミヤマと言えば
ルニフェルとメアレーでした。
ミヤマの温度というのは長い間高いハードルでしたので
飼育をしようとは思っていなかったのですね^^)



手に入れて分かったのですが、ミシュミやウェムケンのように
頭部前方が凹んだような形状なのですね?
しかし、全体のバランスでいえば軍配が上がりそうです♥



長いアゴ 3Ðな頭部 メタリックな色 全体のバランス。
一番好きかもしれないな♥


まぁ真冬に比べたらそうでもないのですが
ここ連日の暖かいのに慣れた体には応えました^^)
先日落札したケルブスだけは大きな容器に移さないと
と、思っていたのです。



この個体と同ショップ様の個体ですね♪



全部で12頭♪
ケルブスは3令で7頭ほど幼虫がいるのですが
やはり羽化ズレ対策としてもう少し欲しかったのですね^^)



水がそんなに冷たくなかったのが嬉しかったです♪
ただいま容器不足でして。。800に入れたいところなんですが
とりあえずの500へ。
置く場所も考えなければならないけど
これで一安心です♪





昨日、撮ったのですが使わなかったんですね^^)
いろいろな角度から撮ったりするのですが
見栄え的なことを考えるとあまり変わり映えがしないという。。



クワガタに限らず甲虫はぜひ肉眼で実物を
見ていただきたいと思います。
その中でもミヤマクワガタは造形が3Ðを感じることが
出来るから(他のクワガタもそうです♪)お勧めです。



ただ中々ね。。。ゆっくり眺めるのは行きつけのショップさんなどが
あればできるのですが、展示即売会などではそうもいきませんしね。。



そんなところからも画像はいろいろな角度からと
心がけてはいるのですが・・・
センスの問題もあります^^)


material by:=ポカポカ色=