のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
7
22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[09/17 あんず]
[09/16 東京クワジ]
[09/15 あんず]
[09/15 あんず]
[09/15 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3]


こちらは壱岐島産のミヤマですが
いわゆる離島のミヤマと北鎌倉。
来週、割り出そうと思っています。



中甑島 伊豆大島 淡路島のシマモノと
最近はもういないんじゃないかと言われていた
北鎌倉産です。この中で比較的いるのはイズミヤマ(伊豆大島)
ですが、『ウチにいる中では…』という注釈が付きます。
伊豆大島産も決して多くはないのです。
しかも♂♀ペアで採れるとかメイトガードを観察というのは
中々お目にかかれるものではありません。



中甑島は友人が羽化まで持っていっているので
ブリード期間等のデータがあるのですが淡路島に関しては
やはり2年かかるのかなー?
どの産地も大型を狙うには2年を費やしたほうがいいのですが
イズミヤマは1年で蛹化・羽化してしまう個体が多いそうです。



あと共通点として耳上突起が発達しない個体が
多いですね^^)



まー、こんな立派にはならないのですね^^)
ミヤマは今回ご紹介した以外にミクラミヤマの幼虫が
いるのですが半分売約済みなのであとは自分用です。
販売については幼虫を若干出そうか検討中です。
(中甑島・伊豆大島・北鎌倉は幼虫が見えています。)



成虫ペアは随分先になるか?もしくは・・・
まぁ先のことなのでまだ分からないと言った方が
妥当ですね^^)
けっこう他の種類に影響も大きいので
今後のブリードは少し考えてするつもりです♪



ミヤマクワガタは中甑島、淡路島 伊豆大島 北鎌倉と
4産地 産卵セットを組んでいます。


(画像は北海道産です。)

とりあえずの途中経過なのですが・・・

中甑島 伊豆大島は幼虫がケース側面に見えています♪

淡路島 北鎌倉はセット時期が少し遅いので
もう少し経過を見ようと思っています。



割り出しはもう少し先になります。
ミヤマの場合、ちょっと準備が必要なのですね^^)

温度帯の低いところのスペースの確保や
エサの調達に少々時間がかかります。



大型というより、産地でしっかりと
特徴が出るような飼育がしたい反面、
それでいて大型 短期間を目論んでいるのです。



ただなぁ。。。。お金・・・かかるなー。。。^^)




イズミヤマ 北鎌倉産ミヤマクワガタ
淡路島産ミヤマクワガタ 中甑島産ミヤマクワガタと
関東から南に位置する産地が多い我が家のミヤマ。



ブリードが目的なので♂のサイズ(というより
ミヤマはほとんどがプレゼント♪)は、50~60クラスが
ほとんどなのですが、やはりミヤマと言えば70越え
それも75~77なんてサイズが存在するので見てみたいな~♪
なんて軽く思っていたんですね^^)
なので、宮崎県産(こちらの産地もデカイのいますねぇ。。)
は、外して北海道産を探しました。



さすがに74~はお値段が違ってくるので70あたりでガマンしましたが
70でも迫力はスゴイものがあります。



鎧を纏った・・・とは素晴らしい表現です^^)
正にそんなカンジ❤



同じようなサイズが5頭届きましたが
どれも表情が違うのが面白いです。



ボディバランス、アゴの長さ太さ、冠の幅や捲れ上がり具合など
スッキリ見える個体もいれば、仰々しいヤツもいる^^)



やはり耳状の冠に幅が出るのはカッコイイですね♪



落ち着いている個体もいれば暴れてしまうのもいて
画像に納めるのに難儀する場面も。。。



同じサイズでも太さやバランスで見え方が随分違います。



標本目的で入手したのですが、19日のクワタにも
持ち込みます。ノコのエレガンスさもステキですが
サムライチックなミヤマクワガタも魅入ること
間違いなしです!
ぜひお立ち寄りくださいね^^)




これは本日深夜にUPさせていただいた画像。
新たな画像が送信されてきましたので
ご紹介させていただきます。



少々画像処理はしていますが
色の濃淡と鮮明度をあげているぐらいですので
ほぼこの画像と同一と考えていいと思います。

詳細産地も明記されてきましたし、
採集者名も分かっているそうなので
(公表可とのことですが、ここでは伏せておきます。)
正真正銘の壱岐島産 ミヤマクワガタ。
脚も白いですね~❤

とにかく数がないので比較ができないし、次はいつ出てくるか
分からないという秘中のミヤマ。
南方のミヤマ 北方のノコ。面白いです♪



先日、壱岐島からクワが届いていることも
手伝って壱岐島を題材に書かせていただいていますが
友人からスゴイ画像が飛んできました。
ボクが日ノコ研のメンバーから聞いたクワの種類は
ノコ ヒラタ コクワ ネブトでしたが・・・
正直なとこ、黒島にミヤマがいるのは納得できたけど
中甑にいたのはビックリしたし、同様の驚きがありました。



壱岐島産 ミヤマクワガタ。
いつも離島のクワガタをくださる友人からの画像です。
(画像は友人はもう少しいいのを送るからと言っていましたが
ガマンできないので書いています^^)
♂のみなので標本にするとおっしゃっていましたが
これ・・・・・スゴイですよっ!!!
もちろん未記載ですし、採集例も12年で3匹。
今年以前に採集したのが5年前(!)
(これ、全部友人から教えてもらっています。)
採集された方は壱岐島在住の方のようですね。
画像拡大していただくと分かるのですが
耳状突起の型が変わっています。
あと前胸側淵の形状も面白い。
複数を見ることができないので比較が難しいとも
おっしゃっていましたが、いるという事実だけでスゴイですよね?
伊豆大島ではミヤマとノコの生息場所の境界線みたいなのが
ハッキリしていて(実は一ヶ所知っています♪)、それはそれで
納得がいくのですが、あ~、でも伊豆にも
ノコとミヤマが同所で採れるトコあるもんな~。。
やっぱり必ず行こうっ!壱岐島❤



material by:=ポカポカ色=