やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/07 あんず]
[11/06 某.]
[11/04 あんず]
[11/03 某.]
[11/03 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
一度♀単で出品させていただいて
それから少しご無沙汰だったウェムケンミヤマ。
そろそろ全頭蛹になっており、全部♀かと思いきや・・・
(実は♂もいました♪)
でも画像が気になって落札しました^^)



出品者様は以前から落札していただいたり
落札させていただいたり(日本語ってちょっとの違いで
意味が大きく変わりますね♪)している信頼のおける方からです。
実際、♂の実物を手に取ってマジマジと見たのは初めてで
(手に取らないでプリンカップ越しには見たことがあります。)
第1印象は『カワイイ♥』



内歯の形状が特徴でそこが話題になりますが、
冠の形状や微毛の生え方など見所満載です♪



このアングルは国産ミヤマの趣がありますね^^)

ウェムケンやミシュミは個人的ではりますが、小型~中型ミヤマに
位置こそすれど、ミヤマならではの魅力が詰まった種類だよなー♪
という認識があります。
ヨーロッパミヤマに代表される大型ミヤマの魅力に翻弄されながらも
ウェムケンにも惹かれてしまう。。。
そんな自分がイヤになるときがあります^^)


と、言いましてもね^^)詳しく書けるほど
飼育していないのですね。。
ノコのスキルを自分なりにアレンジして
ミヤマに当てはめた程度のことなので、あんまり当てにならない
ことを先にご報告差し上げます。



産地として目にすることが多い北海道と宮崎県で比較しています。
まず産卵ですが、北海道でも北に位置する産地の個体は
温度を下げないとセット内で♀が暴れました。
ただ今年はほとんどがワイルドからの採卵なので
産卵セットの時期が真夏。。温度を下げているつもりでも
下がっていなかったのかもしれませんが。。



幼虫飼育に関しましては、同じ温度帯で飼育すると
北海道産のほうが先に加齢していきました。
ここは温度がね、北海道産からすると高いのかもしれませんね?
北海道産は♀がほとんど羽化してしまい、♂も小さく羽化して
います。対する宮崎県産は一部♀が羽化していますが♂は
ほとんど幼虫(しかもデカイ!)なのでウチの飼育環境は
宮崎県産のほうに合っているようですね^^)



温度設定は19℃で設定しているのですが、容器を置いている場所の
温度は20~22℃あたりをキープしています。



ちなみにですね^^)離島モノの国産や外産ミヤマも
同じ場所で飼育しているのですが、国産のほうが
温度設定は低いほうがいいような印象です。
イズミヤマもよく一年で羽化してしまうと聞きますが
ウチではほとんどの個体が2年目に突入しています。



そのことから考えるとエゾ型の大型はかなり温度を下げないと
出ないのかなー?とか思ってしまいますね。。
エサとして使用するマットはどちらも同じです。
市販のマットを自分なりに配合して使用しているので
偏りもあると思います。どちらの産地もまずは幼虫期間を
一年以上にすることが大型への近道とも思います。



あまりにも夢中になってしまい
画像を撮るのを忘れてしまいました。。



過去に掲載させていただいた産卵セットや成虫の
画像 類似した画像を織り込んでお届けいたします。

結果から申し上げますと、イイカンジの数が出てきました。
実は一桁も懸念してヤフオクで落札していたりしたのですが
取り越し苦労でした。。^^)

(画像は別種ミヤマ産卵セット)

よく飼育記などを読みますと、ミズゴケを引き込むなど
ミクラミヤマと同様の記述が見られますがその通りです。
ボクの場合は手持ちのミズゴケがなかったので
一番最初の画像のような産卵木の割カスをミズゴケに見立てて
セットを組みました。結論的にはノビリスなどと
同様の部分から幼虫が出てきたので特性的には同じだと思います。



セット期間は丸々2ヶ月で割り出しましたがちょっと早かったみたいですね。
♀もヘロヘロでしたがまだ生きていましたし、卵で6つ
(しかも産みたてと思われる楕円形のカタチがひとつ)も出てきたので
もう少し置いてからの割り出しでも良かったかもしれませんね^^)

セットの温度帯ですがミヤマなので20℃以下です。
これは変わりませんが、マットはね、友人が教えてくれたマット配合
がよかったと思っています。黒土の割合が多いとだけ明記いたします。

(画像はノビリス割り出し)

一応セット内容を書きますと

小ケース マット(黒土配合ブレンド)
産卵木割り出しカス といったところです。

割った時に感じたのは掘った形跡が複数見られたので
出たり入ったりして産んでいると思います。

初飼育で中々の結果が出たアマミミヤマの産卵。
すでに3令幼虫が3頭 保険をかけて落札した幼虫が3頭の
計3系統となっています^^)
いきなり体制が整いました♪
若干数 販売すると思いますので気になられた方は
遠慮なくお申し付けください。
よろしくお願いいたします。






今年は北海道産ミヤマ・・・
凄い人気でした♪
友人に聞いてもエゾ型ってなかなか見れないので
ミヤマと言えばエゾ型が欲しかったという言葉を
思い出すぐらいでしたね^^)



では北海道と他の産地で飼育で何か違うのと
聞かれると、セットの方法は同じなので
取り立ててどうということはないのですが・・・



幼虫を飼育する際、温度が低いほうがよりいいみたいなんです。
個人的には宮崎産に代表されるようなフジ型で派手な印象のある型に
目が行っていたのですが(このときは型に対する意識はなし、
後で知るようになります。)、なぜか来たのは北海道産。



ほどなくして、宮崎産の幼虫も得て両方同時期に飼育したのですが
今年羽化してきているのはほとんど北海道産。
♀だけではまだしも♂まで孵ってしまうほどでした。
もちろん小さく羽化してくるのは言うまでもなく、しかも
♀1頭は活動まで開始してしまう始末でした。



あとですね、個人的には北海道産は少し型に特徴が
あるように感じています。大型になると顕著なのですが
内歯が小さいからかは分かりませんが、頭でっかち
(この表現はクワガタではかっこよく見えます。)
なのに冠幅が出ない(横にはみ出さない)、どちらかというと
冠が上に反り上がる(頭部の厚みが出る)個体が多いように
感じます。これは小型個体にもみられるなと感じています。
なので北海道産で冠幅○○ミリなんて表現を売り文句に出来る個体は
実物の迫力はかなりのモノと思っています。



面白いのは東北産で、東北になると普通型が多かったです。
(ボクが見た個体では・・・です♪)
同じ北海道でも南部は同じサイズでもいろいろ見れて
エゾ型は大型が多かったです。

ミヤマは産地別(地域変異)より個体差が顕著なので
同産地でも複数持ちたくなる魔性のクワガタ^^)
ミヤマで標本に目覚めた感 オオアリです♪




まぁ増やさないとは言っても欲しいものはあるわけで^^)
あとですね、こんな価格じゃ落札できないだろうというのが
落札できたりしてというのもあります。
昨年から積極的にオークションに参加しだして
始めた当初はこれじゃ・・・なんてことも多々あったのですが
今年は少し落ち着いている感を感じます。
そんな折、入札していたのが無事落札できまして♪



ケルブスです。サイズは大きくないけれど自分用なので
嬉しい価格で落札できました♪
これで流通している(とされる)ヨーロッパミヤマの
全てが揃いました❤
産地的には南フランスなので、いわゆる通常なケルブスですが
昨年はケルブスもけっこうな落札額でしたからね。。



この赤いアゴとカクカクした形状が魅力です。
やはりミヤマは飼育期間が長いせいか、出てくる亜種や種類に
バラツキを感じます。今年はケルブスはあまり見ません。
昨年はアクベスが比較的安価でしたが、今年はそうでもないので
ヨーロッパミヤマは続けていくことが大切なのかもしれません。



このサイズですとラティコルニスが亜種だということが分かります。
特にこの画像は実際目にすると似ているなぁと実感できます。



ミヤマの飼育にはある程度のスペース(大型容器)が
必要だということが分かったので、種類数は絞らざる得ないなと
いう感触なのですが、やはり押さえておきたい種類ではありますね♪



material by:=ポカポカ色=