やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/07 あんず]
[11/06 某.]
[11/04 あんず]
[11/03 某.]
[11/03 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ついつい隣にいたので思わず連れて帰って
しまいました。。



ファブリース・タカクワイ。
この色でこの大きさ。
国産に見慣れた目で見ると異種独特といいますか?
新鮮さすら感じます。



アゴ先が少し欠けているとのことでA’扱いだった個体ですが
よく見ないと分からないぐらいの欠けです。



即ブリ個体なのでかなり色がハッキリ出ていますね♪
実際のところ、ペアリングは初めてです。
タリアブ島のファブリースがでかくなるということが
分かったころは成虫で孵しては横から売れていくという状態。
しかも当時の仲間が、ボクが成虫に羽化させるころ
なぜか爆産させて幼虫を持ってきていたので採卵する
チャンスを逸したという、面白いエピソードがあるノコです。



ただ狂暴ですね。。。荒いとは聞いていましたが
こんなにもとは思っていませんでした。



大きい♂は80超えてくるんですよね?
アマミノコの大きいのと並べてみたくなりました♪


ここのところ続く外産ノコの話題。
とにかくですね、ここに来られる方もうっすら
気が付いていると思うのですが・・・




アゴがまっすぐなのが多いんですよ^^)
カネギエーテルがすこーし湾曲しているのかな?
といった具合です。魅力的な種類もいますよ。



どちらかと言うと型よりも色ですね。こぉ並べると
派手ですよね^^)ボクはブログを始めたころはまだ若干ですが
外産ノコの飼育はしていて(国産にシフトするころ始めています。)
それまではノコというと外産ノコを中心に飼育していました。



この画像はかなり古いです。このころが一番多かったと思います。
ボクはニジイロが初飼育なので、材を使った飼育に苦手意識があり、
またいい材が入手しずらくなった時期にも重なります。

そんな画像のラフェルトなんですが、昨年(今年初め?)
オークションで落札した個体がやっと活動を開始して
先週ペアリング。ミヤマだ国産ノコだの幼虫のエサ交換の
合間に1セット組んで、いま♀が潜っています。

活動さえ開始してしまえば国産ノコと同様のセットで
そこそこ産んでくれて、幼虫も強いのでけっこういい確率で
羽化までいけるのですが、休眠期間が種類によって疎らなのと
活動開始後の寿命もいろいろなので、困惑は隠せないのですね^^)
ただ国産ノコの中に1、2種加えているとエッセンス的な要素
(飼育も見た目も❤)があるので少数でしたらお勧めです。
あんまり流通しなくなってはいますから、その気になったときが
買いな種類でもあります♪




ただいま出品中のトラグルスノコ。
♂の黒い個体が羽化してきました。



トラグルスと言えば通常はこぉなんですがね^^)

トラグルスは昨年のオークションで、ワイルドが1ペア
♀単ワイルドが1(だと思いました。)が出品されて
ノコギリとしては高額で落札されてビックリしたのですが
それだけ入荷が少ないということなんでしょうね。。



当のボクはと言いますと^^)昔取った杵柄を
取り戻そうと、幼虫と成虫ペア(累代品)を落札。
しかもトリオと♂単まで落札して万全の体制で臨んだつもり
だったのですが、冬場の落札でセットは組むも玉砕。。
♂単に至っては休眠中に★。。という散々な結果でした。
現在出品しているのは、幼虫落札でのペアです。



ただ♀に関してはトリオ落札した際に、画像の♀と
黒い♀が付いてきて但し書きにも、
『様々な色をお楽しみください。』と書かれてあったので
出るのかもしれませんね。



画像で比較してみると上翅のオレンジの部分はしっかり黒く
前胸が上翅がオレンジの個体は縁取るようにオレンジで
黒い個体はボヤっと赤いのですがよく見ると



このようにしっかりとは縁取れていませんがオレンジ(赤?)の
ラインが紋のように出ています。



飼育は活動したところさえ見極めれればそんなに
難しいものではなく、簡単に大きくなります。
(今回はダメでしたが・・・)この個体で飼育レコード
(当時は飼育ギネス)を取った時も同様の個体が複数
エントリーされていたし、翌年抜かれています^^)
ボク自身も同様のサイズの個体が複数出ていたので
しっかりと飼育すれば大型を狙えると思います。
ボクがエントリーしていた前後は毎年更新されていたのですが
それからはパタっと止まっています。



この個体は50ミリ前半で通常サイズの個体です。
もし入札がなかったら11月のクワタに出品してそれでも
残ったら自分でブリードするつもり。
実はこのペア以外にもう1♀とハサミムシのような♂蛹が
いるので、どちらにしてもブリードはするつもりです♪
遺伝性(というかいろいろ出るとは思います。)の有無は
分からないけど複数の色が楽しめると分かっただけでも
面白いなと思います。


外産ノコ・・・続いていってみましょう♪



ドルサリスノコ。
ルソン島イザベラ州ストドミンゴ産

上翅だけでなく前胸の側面も赤い(この場合ホントの赤です。)
しかも頭部中央も赤が載る個体です。



トラグルスよりコルポラアルに近い形状のアゴ。
この辺のノコは好きですね❤

あまり大型にならないのが嬉しかったりします。



当ブログでお馴染みのトカラノコに代表されるような
オレンジ~黄色ではなく、いわゆる赤い色が載るクワガタは
そんなにいなくてむしろ珍しいと思います。



この個体は自分用に入手したものなので
出品はいたしませんが、次の横浜クワタで出品個体が
揃わなければ卓を埋める意味合いで持ち出す可能性アリ❤
あまり実物を見る機会も少ないと思いますので
もし持ち出したら見に来るだけでも寄っていただけたらと
思います♪


通常トラグルスノコというと・・・



上翅がオレンジが普通。。
でも今回羽化した個体は・・・



マックロ。。

♀は見たことがあるんですけどね^^)



前胸の淵に出るオレンジラインもありません。



珍しいのかどうかは分かりませんが
近々出品予定です。
まだね、腹がしっかり納まっていないので
もう少し安定してから出すつもり♪
これ・・・前胸のラインだけ残った個体なんかは
カッコイイかもしれない❤


material by:=ポカポカ色=