やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/20 あんず]
[09/20 某.]
[09/16 あんず]
[09/15 KEN]
[09/15 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2]


展脚していたミヤマが固まってきたので
標本箱に移しました。
画像の個体は北海道空知郡の74.



あとはクリアケースに入れました。
小さな個体は宮崎県小林市の野外品。
まだラベルを作っていないのでサイズを表記したシールが
付いています。



ミヤマの大きい個体はサイズと冠幅を記載します。
ここは個体差が出る部分でもあるので数値は必要です。



アゴの開き具合が斑なのはご愛敬。。
友人に軟化して型を揃えるやり方を教わったので
随時修正します。



同産地ですが飼育品の64.
この個体は残念ながらフセツ欠けなのですが
型がキレイなので展脚しました。この個体になってくると
展脚にズレがなくなってきている(自画自賛❤)
ようにも感じます^^)

ちなみに小型個体はこれから集めようと思っている島モノミヤマとの
比較にも使います。特に64などは島モノミヤマだと大型になるので
比較するにはちょうどいいサイズなんですね。



手前68飼育品 小林市。奥67小清水町野外品。
小清水町の67は産地としては大型です。この2体はお気に入りです♥



もう一度空知郡74飼育品。
やっぱミヤマは大きい個体を見てしまうとなぁ^^)
展脚待ちの個体が5体ほどあって
宮崎73 北海道71×2 70×2で、北海道の70は基本型とフジ型で
71はエゾ型です。これ以外に神津島 奥尻島 山梨 夕張があるので
随分増えてきました♪

先日届いた淡路島もペアリングが済み次第標本にします。
ここでお気づきかと思いますが、宮崎と北海道が多いのは
フジ型の大型とエゾ型の大型をまず揃えて、そこから派生させようと
思っているからで、最終的には島モノの大型個体を並べたいなという
目論みなんですね^^)ここにノコの大型も並べたいとも思っているので
大型をまず自分で出さないことには始まらないかなとも思っています♪


昨日の晩、短い時間ですが友人と会って
ちょっとだけクワトークをしてきました^^)

そのとき持ってきてくれたのがコレ♪



もちろんこれだけではないのですが、今日は
標本をご紹介いたします。



山梨県産。立派な趣です。



しかも2個体!!
山梨なんですが型はエゾ型です。
北海道産とは明らかに異なるエゾ型です。



お次は夕張。この産地も特殊な趣♪



こちらは4個体。夕張産は個体差かもしれませんが
サイズの割に太く感じます。
友人曰く『フセツ欠けなんかもあるんだけどさぁ』と
申しておりましたが、そんなことを感じさせない迫力です。

北海道産ミヤマはこれでけっこう揃いましたが
ミヤマの場合、産地よりも個体差がいろいろあるのが
面白いです。
・・・・ほとんどビョーキに近くなってきました(^^♪


いえいえちゃんとブリードもしますよ♪
でも♂はしっかりと標本にして残します。



大型はカッコイイし❤



小型もコレクションには加えときたいし♪



習うより慣れろの展脚も少しは見られるか?^^)



一番気に入っている小清水町ワイルド6月8日採集品。

この時期にこのサイズ(小清水町産は大型自体が少ない。)
は非常に珍しいそうです。
ミヤマの場合、飼育品も野外品もそんなに違いがないことと
飼育品は金の微毛が多く残った個体が多いのですごく
見栄えがいいんですね^^)
あとミヤマの場合、飼育品も野外品もそんなに変わらないという
利点もあります^^)

とにかく、お小遣いが入ったら昆虫針と標本箱を買いに行かないとね♪




この個体に魅せられて始まった。

隣に赤いのが欲しかったけど高かった。。



なのでこの子を隣に置いた。



そーしたら数が欲しくなった。

この2つは安かった♪



結局・・・こぉなった。。



値段は大して変わらない。。。


けど、持っています^^)



凄いですよね?
この柄、色合い。
自然のものとは思えない。



見入ってしまいます^^)

トライバルとでも言うのでしょうか?
色のコントラストもキレイ❤



顔は仮面ライダーです♪


material by:=ポカポカ色=