やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
7
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/16 あんず]
[07/16 少佐]
[07/15 あんず]
[07/15 少佐]
[07/15 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


今年もやります♪
トカラオレンジプロジェクト!!

今年は2♂2♀を使って行うのですが
全部別系統でペアリング2するので集大成に
なると思います。



ここに今年羽化、
今期活動開始も一応視野に入れていますので
数は60ぐらいを予定しています。
昨年から少しづつ考えていた大型個体でトカラオレンジが
映える個体を羽化させることを目論んでいます。



今期よりトカラは優良個体が入手できた場合を除き、
中之島と臥蛇島の2産地の飼育予定です。

尚、確認の意味で申し上げますが、トカラオレンジプロジェクト
は、血統を作るのが目的ではありません。
トカラノコは、インラインで掛けていくと
色が濃くなる傾向が確認されています。
型の遺伝やサイズの大型化などには有効ですが
色に関してはアウトラインで掛けていくことが大事なのです。
あくまでもキレイなトカラオレンジを有する個体を飼育で
長年出していくというのが狙いだということを
ご理解いただければと思います。





今期羽化の個体で特に赤く羽化した
個体をご紹介いたします。

今年採卵分も同じ系統が含まれますが
(この夏の猛暑で起き出した個体を採卵しています。)
ここからが本当のトカラオレンジプロジェクト♪になります。



この個体は上翅の接合部が黒いけど脚が赤い。



あと画像だと分かりにくいけど
頭部と前胸のオレンジの割合が大きいです。



中之島の型が崩れていないところも
気に入っています。

 

こちらは少し飼育色が出ていますがカッコイイ
と思います。画像だとこちらの個体のほうが
艶感がありますが、実物は同じぐらいの艶があります。
艶については個体差が出るので狙っては出せないかも
しれません。



実は画像よりも実物のほうがオレンジの割合が大きいです。

ちなみに先日紹介した個体からでも別系統の♀で
掛ければ、このような個体が出る可能性はあります。
トカラの色は同じ血で累代すると色が濃くなる傾向があるので
キレイなオレンジを保ちたいのなら、しっかりしたラベルの
個体を2系統以上保持して、別系統同士を掛け合わせていくと
出てくる可能性は広がります。
今、幼虫している中で違う系統の個体群も
いるから全部で3系統を掛け合せていきます。
トカラオレンジプロジェクト、ここからが本番です♪




いつも販売個体や羽化したてばかりの個体を
紹介しているのでたまには自分用のクワガタでも♪



トカラノコギリクワガタ(中之島産)
来期の種親候補です。

この個体に別腹の赤い♀を掛けようと思っています。



上翅の黒い部分が極端に少ないのと
前胸にスリットこそ入っていますがオレンジ部分が多いこと
画像では分かりにくいですが頭部もオレンジの比率が高いです。
残念なのがアゴに赤味がないことなのですが、ここは形状にも
拘りたいので型を優先しました。



特筆すべきは脚も随分赤いのです。脚の赤味が強い個体は
数を飼育しても中々出てこないので珍重しています。



ちなみにトカラノコの色彩変異ですが、これは遺伝だけでは
ないのですね^^)むしろ血を濃くしていくと暗褐色になっていき
(いわゆる色が濃くなる)黒化型とは一線を画します。
トカラオレンジプロジェクトは血統を作ることではなく
あくまでも色がキレイで型が良い『個体』を目指しています。
なので、色がキレイでカッチョヨイ♂と別腹の赤い♀との
掛け合わせでよりキレイな個体が羽化させることができるよう
あれこれ考えているワケです♪

今年の採卵分は別系統で3系統を得ることができたので
またバリエーションが広がります。バリエーションを
拡げたり狭めたりしながら飼育してよりキレイな
トカラオレンジが拝めればなぁ♪と、思っています。


8月のクワタでのことなんですが、
トカラノコを3ペアと♂単を出品したんですね^^)



今、販売に出せるトカラノコは中之島のみ。
クワタフェスタ前に♂単が2頭ほど売れて
色のきれいさに喜んでいただいたのがひとつ♪



いつも購入してくださるお客様がお土産に
悪石トカラを持ってきてくださったのがふたつ♪♪
(この方は本土ヒラタを中心に飼育なさっています。)



♂単をご予約いただいてやはり色と型に
喜んでいただいたのがみっつ♪♪♪



会場全部見て、ここのが一番キレイと
最大サイズのペアを購入してくださっつたことがよっつ♪♪♪♪
(これは素直に喜んでいます❤)



最後の1ペア(クワタ出品のね)は業販で売れていきましたの
いつつ♪♪♪♪♪



最後に現在セットを組んでいるのは全部卵が見えているのと
今年羽化の臥蛇が♂♀とも起きてくれてゼリー爆食中なので
週末にはペアリングがかけられそうです。のむっつ♪♪♪♪♪♪

現在、トカラノコは中之島を中心に悪石 諏訪之瀬
ペアリング待ちの臥蛇の4産地。
もちろんトカラオレンジプロジェクト続行です。

今期もトカラ目白押し❤
キレイでカッコヨイ個体を目指します^^)


では、あくまでも血統を作ろうとしていないことを
ここにご連絡差し上げます。
そもそもトカラオレンジを維持する血統は作ることが
できないのです。



トカラノコはインラインで累代していくと
色が濃くなっていくことが分かっています。

以前アマミノコ(与路島)の赤味が強い個体を選んで
累代したことがあるのですが、アマミノコの場合
黒いの中の赤なので、赤味が強い個体が出るには出ますが
だんだん黒みが帯びてきて、『出やすいね♪』のレベルに
なります。トカラノコも同様で、オレンジの部分が徐々に
茶色味を帯びてくるのです。原因は分かっていませんが
アウトラインで掛けると元のオレンジに戻る確率が
高くなるので現時点では『血が濃くなったから』という
結論で落ち着いています。もちろんエサの関係も大いに
影響があると思います。



個人的には羽化時の蛹室の湿度は大きく影響があると
感じていますが、データの集計等を行っていないので
なんとも言えません。

トカラオレンジ・プロジェクトと銘打ったとき
優良でラベルのしっかりしたペアが別系統で
2ペア入手できたのが発端です。

今年の猛暑のおかげで今年羽化個体の起き出しに
バラツキが出たおかげで系統がいろいろと出来てきます。
不幸中の幸いと言いますか、系統が増えることになります。
いろいろな系統を組み合わせることで更にオレンジの強い
個体が羽化させることが出来れば、トカラノコのオレンジが
維持することが可能です。もちろん遺伝がないという訳でもないので
オレンジの出やすい血統どうしを掛け合わせることにより
自然下で出現しないようなオレンジ色のトカラノコに
直面することも遠い先ではないように感じます。
このときは野外に近い個体と飼育ならではの個体の両方を
維持できればなと考えています^^)


material by:=ポカポカ色=