やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
8 9 10
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/20 少佐]
[01/12 あんず]
[01/11 はた坊]
[01/04 あんず]
[01/04 はた坊]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
結局昨日はクワ活らしいクワ活は出来ずに
終わってしまったので、せめてムシベヤの片づけぐらいは
と思い、羽化した成虫の整理やメンテをしたのですが
悪石はもう♂はいないんだよなーと思っていたら
いたんですよね^^)


しかもこんな赤い個体が!!
型は中歯だし、サイズも大きくはないけれど
黒い部分より赤い部分が多いんです♪



頭もアゴも前胸も真っ赤です^^)
若干上翅に斜がかかったように黒が混じりますが
この個体、9月羽化なんですね。
もう色も型も固定しているのでこのままで
活動を開始すると思います。
あと艶がハンパないんですね^^)



裏返すと・・・・なんと後胸がクリーム色なんですね。
飼育品でも♀には見られますが、♂は明るい暗褐色
(表現が変ですが気にしないでください♪)はあまり
経験がありません。アゴ同様 脚も赤いのが嬉しいところです。
実は♂がいないと思っていたので別系統を入手していたのですが
この個体で累代します。♀も同様な個体が羽化しているので
これで掛けてみたらと思うと今からワクワクします。
やっぱりトカラノコはやめられないですね♪ 




トカラノコを飼育して早や10年以上が経過していますが
ここにきて産地は中之島と悪石島 ほんのちょっと臥蛇島に
限定しています。



なんででしょう?と、お思いでしょうが
やっぱりこの2産地はキレイだし派手だし・・・
と言うのが本音です^^)



トカラノコは全産地揃えても5産地のみなので
揃えてもいいのですが、このトカラノコの流通が多い産地は
やはりそれなりの理由があると思うのですね^^)



その理由は国産なのに国産にはない魅力を
兼ね揃えているからだと思うのです。
あとしっかり国産ノコの形状であの色合いですからね^^)
その中でもその特徴が顕著な中之島・悪石島産は
飼育していく上でも魅力が満載だと思います。
もちろん他産地は流通も稀だし入手しづらいということも
ありますが、やはりトカラノコと言えば
上記の2産地は外せないのかもと、思います♪




昨日(厳密には今日ですか?)、お伝えした通り
今日はトカラノコの割出しと睦月島産ノコの割出しをしました。
これで今期のノコは全て割り出したことになります。



まぁいましたよ^^)
3令初期から初2令まで♪



全部で40頭弱です。
トカラノコはほとんど飼育しますが10頭ほど販売します。



♂は菌糸 ♀はマットで飼育します。



トカラノコ(中之島産)は、今回自己ブリードは1系統のみに
限定しました。
他から幼虫で1系統購入していますが(非常に優良な系統です。)
もう1系統幼虫で追加しようと思っています。
今年羽化個体は一応キレイな発色はしてくれたので
来年以降は大型化と野外品の良さを損なわない個体
飼育ならではのマッチョな個体と型にも拘りながら
しかもキレイなトカラオレンジで❤
という贅沢なバージョンで展開できればなと思っています。
目下、気になるのは大型化すると艶感が薄れるので
そこをどうにかしたいところです。ここは遺伝とかより
羽化直後と休眠中の管理の部分が大事そうです。
また面白いことや気付いたことが出てきたら
書いていこうと思っています。






つくづくトカラの画像を眺めていたら
あることに気付きました。



こちらの個体もキレイですが
というよりオレンジの割合は高いけど



この画像の個体のほうが鮮やかに写る?
たぶん黒が出る部分とオレンジが出ている部分の
コントラストが鮮明なんだと思います。



これなんかもステキなんですが、前胸のオレンジ部分が
画像ではぼやけているのと(実際ぽや~んとしています。)
頭部のオレンジが鮮明に映っていないので
そう感じるのかもしれない。。



この画像は別種ですが色の違いがハッキリ出ているので
鮮やかな印象がありますよね?



ただこの黒い部分って個体差なのと羽化後の管理の仕方でも
変わるのでコントロールは難しいんですよね。。



やはり上翅の黒がどう鮮明に出てるかも大事かもしれませんね^^)
ボクが中之島産を選んでいる理由の一つに型と色の両立という意味合いが
強いのですが、それともうひとつ優良個体が複数入手できたことも
大きいのですね。悪石島産も複数入手できる機会はあったのですが
すでに中之島産を複数入手した後だったので1ペアのみに留めて
しまったんです。こう考えると後悔先に立たずですが
このように複数見比べる機会ができると悔やまれます。



画像の個体たちは既に嫁いでいて手許には
ありませんが今後もこのような個体を多く羽化させることが
できればなと思います♪




キレイな色で羽化しています♪
だんだん羽化してから日が経つと黒い部分は
少し増えてくるんですが、それにしてもキレイ❤



この個体は中歯の最後と大歯の最初みたいな個体
なんですが形状は中之島のほうが一歩前に出るのかな?
というカンジです。



こちらは先日落札していただいた中之島産。
(ありがとうございました。)
羽化時期も違いますから完全な比較にはなりませんけど
頭部とかアゴ あと脚の赤味は悪石ですね^^)



こーゆーのが出ると続けたくなってしまうんですよね❤
これだから困ってしまう。。。^^)


material by:=ポカポカ色=