やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
15
29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/24 あんず]
[05/24 東京クワジ]
[05/23 あんず]
[05/23 東京クワジ]
[05/13 KEN]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
産卵時期の記事、続けていってみます。
まずノコの休眠期間ですが、2ヶ月~最長で10ヶ月
(経験談)と、幅が広いです。
外産ノコは産地で結構違いますので産地の状況等を
事前に調べておくといいと思います。
やっぱり乾季と雨季がはっきりしている産地の種類は
それなりに寝ます。



自己ブリードでしたら羽化日ははっきりしているので
そこから判断できるのですが、購入個体の場合は羽化日の
記載をベースに管理方法などを変えて♂♀の状態を整えます。



国産ノコの場合はほとんど発生時期に合わせて起きだします。
ここ最近は、猛暑で当年羽化個体が羽化した年に
起きだすことがあります。
♀は温度を下げると休眠状態に入る個体もいますけど
♂は再度寝かすということが難しいので即ブリ状態の♀を
探すことも視野に入れます。



そんなことを踏まえての産卵時期なのですが、外産ノコの場合
温度を上げることができれば冬場でも産卵は可能です。
ただ孵化に時間が掛かったりしますので気長に待つことも
大事です。経験上では入荷時期の初回当たりに起きだしを
持っていけると爆産したりしていました。
ただ入荷時期が冬の場合はそれなりの工夫が必要です。



国産ノコはその年の発生初期・・・だいたい同じくらいの
時期に入荷するのでそこに合わせて産卵セットを組むと
良かったりします。あくまでも完全に活動を開始しているのが前提です。
採集禁止地域が産地の亜種も同時期で構わないと思います。
ちなみに晩夏~10月ぐらいまでは産卵可能です。
国産の場合、冬場は温度管理をしていてもいい結果は
得られないようです。ボク個人では冬場の産卵はしていません。



飼育された個体を種親に使う場合、羽化後の管理の仕方で
休眠期間の長さも変わります。これは購入個体の場合、
ほとんど分からないので、記載された羽化日と個体の状態で
判断していきます。ノコの場合、交尾をしていない個体は
意外と長生きですので状態を整える期間はないようであります。
これは国産でも同様のことが言え、購入後も寝かせる必要のある個体は
しっかり寝かせて万全な状態でペアリング・産卵セットに投入するのが
よろしいかと思います。



ノコの場合ですね、個体をしっかりブリード出来る状態に持っていくことが
大事で、それができると♀殺しなどの事故も減りますし、産む数も
相当変わります。ただ小ケースで50~出ることもありますので
販売目的でもない限りはケース壁面・底面に多数の卵が確認出来たら
♀を取り出すなど対策は必要です。♀が出たり入ったりする個体と
潜りっぱなしになる個体が観察できます。これは種類による特性よりも
個体差・・・どちらかというとセット内容がその個体に合っている
合っていないというほうが大きいようです。同日に同じセットを
組んでいるつもりでも微妙に違ってきますから、そこに♀が敏感に
反応しているように感じます。



個体の状態も万全、ペアリングもメイトガードまで見れるぐらいした、
時期も丁度よいなど3拍子揃ってセットを組むと早ければセット後
2日ぐらいで卵を確認できることもあります。寝かせている期間が
他の種類と比べて長かったりしますが、それ以外は割と結果が早く出る
ノコ飼育。材など必要ない種類もいますので、ちょっとやってみようか?
という感覚で飼育してみるのもいいと思いますよ^^) 



ミヤマクワガタの産卵セットは基本的に
同じです。ミクラミヤマに限定したセットという
ほどのことではないですが、少々違う程度だと
思ってくださっていいと思います。



画像はノビリスやルックといったヒメミヤマ系の
割出し時の画像です。ほぼこのセットと同じと
考えてくださっていいと思います。



ケースから見た感じはこんな感じだと思ってください。
アマミミヤマの産卵の時にはミズゴケの手持ちがなく
産卵木の割カスで代用したのですが、同じように
マット内に引き込む行為が見られたので卵座もしくは
孵化後の幼虫がすぐ食せるようなものなら何でも
いいのかもしれませんね^^)とかく離島のクワガタは
例外を除き、幼虫が育ちやすいとは限らない場所でも
産めそうだったら産んじゃう印象があります。
それだけ過酷だしそれゆえ特化した種類が存在するのだと
思います。



一番大事なのは個体の状態なので交尾後
消耗をできるだけ回避して産卵行動に移ってもらいます。



今期は成虫の数が少ないのでサンプル数が
少ない。。。いや、少ないから分かりやすいのか?
早々時間もありそうでないので見ている時間は限られます。

 

ミヤマに関してはそのほとんどがワインセラーに入っているので
そんなに影響は受けていないのですね。



でもノコは室内の低温の場所に置いているので
昨日今日の温度差にはかなり影響を受けているはず。

個人的に思うのはこの急激な寒暖差は国産種にとっては
かなり必要で活動を開始するスイッチだと思っています。

当ブログでもよく書いていますが活動を開始してから
充分にエサを与えて・・・と、あります。
経験上 そのほうが成功率は上がります。でも自然下では
どうなのか?



かつて伊豆大島で大量のノコを観察したことがあります。
それこそヤシャブシの若木に♂も♀もかなりの数が付いていたのですが
♀が交尾を拒否することもあるんですね^^)
♂同士のケンカはもちろん、♂と♀のケンカなども見ることができました。
そのときは大量のノコを見たことに歓喜して、いろいろと考えることは
できなかったけど、今思うと好み云々(これはもう擬人化しています。)
もあることにあるんだろうけど、♀のほうに交尾を受け入れる体制が
整っていなかったのかもしれないなと思えます。



話を飼育個体に戻して考えますとね^^)
休眠個体も4ヶ月も経過すると複眼は機能しているし
脚の力も相当なものとなっています。
たぶん羽化後、ある程度の期間を経て完全に成熟し
活動を開始できる時期(交尾産卵が可能な時期)を
見計らっているとは思うのです。その時期を教えるのが
ここ最近の寒暖差だったり季節の変わり目と称される時期なのかな?
と、思います。



ミヤマ、マルバネ、ネブトと飼育していると
自ずとマット飼育が中心になってきます。
いろいろな種類をブレンドしたり
ショップ様のオリジナルを使ったりして楽しんでいるのですが
どの種類も必要な栄養素は同じなので、同じマットでも
大丈夫という考えもあるにはあるけど・・・
(これ、持論なので信用しないでくださいね。。)
やはり消化吸収や好み、あと環境でもあるので
(クワカブはご飯の中で生活していますからね♪)
やはり種類ごとに変えてあげています^^)



まぁ一番知りたいのはどの種類にどのマットが適切か
ということなのですが、それが分かったり均一性を
保つことができ、個体の状態が良好でさえあれば
(もしくは大きくなる血統)ほとんどの幼虫は
大きく育つと思います^^)
大きな成虫をキレイに孵すということは他の要因も
絡んでくるのでまた違う話にはなりますが・・・



最近の飼育はミヤマが中心のひとつになっているし
まだまだ模索段階なので、どうしてもマットについては
ミヤマ中心になります。ただ副産物としてミヤマ用のブレンドを
少し変えたマットがノコをデカくしていたりします♪



では具体的に最近、どんなことに気を付けているか?
なのですが、やはり安定させることが大事だと思っています。
購入してから少し時間を置いて、状態を見てから
添加の強いマットと低添加のマットの配合の度合いを
変えたりしています。あと使用済みのマットは必ず状態を
見てからフルイ掛けをして交換の際、幼虫の周りにまぶすか
混ぜ込むかはしています。使用済みを使う頻度は個体ごとに
変えています。使用済みについてはその個体に入っているマット
ではなく、大きな幼虫が出てきた使用済みを主に配合していたり♪
ただ種類はしっかり分けます。ネブトのように自然下ではいろいろな
部分から出てくる種類は他種類の使用済みが有効な場合もあります。
こんなことをしていると時間がいくらあっても
足りないし、全部が全部そうしているわけではないけど
できるだけそうしたいなぁと思っています。



そんなところからも飼育種は絞って・・・
なんて書いていますが増えていますよね?^^)


なんとも長いタイトルです♪



若干♂が1年で羽化してきましたが
ほとんどの個体が1年を越えて2年目に突入している
ミヤマクワガタ。



やっぱり自己ブリードの個体を拝みたい♥
そんな欲望から早く成虫を見たいのですが
特にノコの場合なんかは、変える必要のない容器を
敢えて変えて、交換ショックで羽化させてしまうという
荒業があるのですが果たしてミヤマでもそれができるのか?
疑問です。



ヒラタなどは割と簡単に交換の影響を受けるので
小さくはなりますが羽化に持っていくことが出来ます。



確かにミヤマも急激な温度変化でスイッチが入るところを
確認していますしね^^)出来ないことはないかもしれませんが
少しチャレンジ感がありますね。。
ちょっと頭数が多い産地のもので試してみます。
過度な刺激を与えすぎるとカワイソウなことにもなりかねないので
あくまでも慎重にことを進めたいと思います。
これ・・・上手くいったら今年はかなりの産地の個体を
見ることが出来ます♪


material by:=ポカポカ色=