やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/07 あんず]
[11/06 某.]
[11/04 あんず]
[11/03 某.]
[11/03 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
と言うのは相当昔に話していたこと。



似ているところと言えば・・・
羽化ズレが激しいところ 低温域だということ
一番はエサが低栄養(飼育での話です。)ではないか?
というところ。



あと比較的 活動開始から短期決戦なところとか
幼虫期間が短いと♂のサイズが極端に小さいとか・・・



まぁ違いと言えば、エサが低栄養?という共通点はあるものの
種類が違うと言いますか?これは検証の余地ありです。

 

ミヤマと比べるとキクロの飼育に関しては
あまり記述がないのでちょっと掘り下げてみようと思います。

意外とミヤマを飼育していてノコに応用出来たり・・・
なんてこともあるので、考えてみたいと思います。


実は意外と相性が良かったりします♪



特に本土系も離島が産地で、しかも野外であまり
大きいのがいないという産地の個体に宜しいようです(^^♪



ノコの場合はミヤマのようにマットに混ぜ込むのではなく、
産卵セットのとき、ケース底1センチ~3センチほど固く詰めるのに
使います。最初は手持ちのマットで1セット作れるかどうか
ギリギリだったので上げ底の意味合いで使ったのですが
これがどうもよかったみたいです♪



産卵はマットにも黒土のみの部分にも産みます。
で、割り出したときにマットの状態がよければ
底の黒土と混ぜてからフルイに掛けて使うことはありますよ^^)



ただ初2令になっていたら新しいマットのほうが
いいと思います。ド初令で割り出したときのみ、使っています。
ド初令はマットも含めた環境変化に弱い印象があるので
初令で割り出したときは黒土+産卵セットのマットで少しの間
様子を見ています。
使う頻度は少ないですが、産卵促進効果はありそうなので
使ってみる価値はあると思います。黒土は何と言っても
安価なのでコストを抑える意味でもいいと思いますよ♪





増税前に買ったワインセラー。
実は試したいことがあるのです。



ミヤマもノコ同様ご多聞に漏れず、羽化後活動を開始してしまう
個体が存在します。特に蛹室から取り出してしまった個体に
多く見受けられ、実際のところ北海道産の♀がキッチンペーパーを
ボロボロにして容器内を徘徊しています。
この容器なのですが、いつものタッパーではなく800ボトルなので
動き回れるスペースを与えてしまったようなのです。。

本来ですとここでこの個体は諦めるか、♂を活動させて交尾・産卵に
持っていくかのどちらかなのですが、今回はタッパーか
プリンカップ+成虫管理用マットに入れてワインセラーに入れてみようと
思っています。

 

元々ワインセラー導入のキッカケは昨年成虫で購入したミクラミヤマが
寝たり起きたりの繰り返しでとうとう交尾直後に★という悲しい結果を
(もちろん産卵はしていません。)回避するために購入したのですが
もし後食前に活動が活発になっても寝かせることができたら
非常に気分は楽になります。現在では羽化後 ある程度固まったら
どんどんワインセラーに入れているけど、見落とし等もあるので
これがうまくいったらとってもよろしいと思います❤
ちなみに現在のワインセラーの設定温度は5℃。
これはミヤマにとってはいいんだけど果たしてノコは?
という疑問符がつきます。もし、これでうまくいったなら
もう一台購入して設定温度を変えて、適正な温度で寝かせられたらなと
思います。




ボクが詳しく書けるのはノコだけなんですが、
各種共通項はあると思います。



種類に応じてマットは変えていますが
成長を促す要素は同じ(☜ちょっと究極かも♪)と
仰る方もいらっしゃるので(聞けば頷けること多し。)
自分の飼育と照らし合わせて考えてみると、アリかな?
と、思える部分もあります。



よく聞かれるのが、産卵用のマットで飼育しても
そこそこのサイズで出てくるのはどうしてか?
・・・産地別でマットを変えているみたいだけど?
などなど^^)



確かにうまく消化吸収してくれない個体はいますので
個体ごとに少し変えてみることはありますが、
マット自体がね、全て同じ状態とは言いずらいのと
加水加減もまるっきり同じということはないので
あくまでも目安程度なんですね^^)



確かに産地によって発行が進んだ黒いマットより
産卵に使うような低添加で発酵が浅いマットで飼育したほうが
好結果が出る場合はあります。ボクは離島出身の個体を
飼育することが多いので産卵セットを割り出したとき
いろいろ見てから決めることは多いです。



ある程度データが揃っている種類は、パッと割って
スッと容器に入れて終わり(^^♪なんてことができるのですが
複数の離島産地・・・しかも初めて・・・なんてところは
慎重になるし、複数回飼育していていい結果が出ていない産地の
個体に対してはあれこれ考えてからマットの選別を
したりはしますが、結論(というか推察できる時期)がけっこう
先になるし、そのときは手遅れなんてこともありますからね^^)
考え物だったりするのですが。。。



2種類のマットを使っていたとします。
ひとつは無添加(もしくは低添加)、もうひとつは添加が強い
として、ひとつの容器に2種類のマットを混ぜないで詰めて
幼虫がどちらにいくのか?見ることはあります。
どちらかにいくか、もしくは幼虫が自分で混ぜて食していることも
あるので、そこで次の交換時にどうするか決めることはありますよ^^)



このようなこともある程度の数だからできていたことで
飼育する数が多いとそこまではできないので
やはり少し数は・・・
ちょっと話が変わってきたのでこの辺で(^^♪




ここのところ、使用済みマットを混ぜると
よく書かせていただいています。
これ・・・何ぞや?と思われる方も多いと思います。


これはミヤマの蛹室の画像なんですが、加齢する際に
ここまで立派ではないけれど同じような光景を
目にすることができます。
この画像に似通ったものを顕著に見られるのは
マルバネです。



マルバネはミヤマの蛹室に近い状態のコロニーを
作り、その中で加齢していることが観察できます。
この次に分かり易いのはネブトなのですが、
ネブトは幼虫が小さいので交換時に壊してしまい確認が
難しいのですが、4頭ほど多頭飼育している容器を
交換するときに確認できることが多いです。



ミヤマはマルバネやネブトほどではないけれど
ゆっくり掘り起こすとあっ!と、思いますよ^^)



ここでこの3種の共通項なのですが
土状 泥状 ペースト状という存在している場所が
柔らかい場所となります。ここからは推測なのであてにならないかも
しれませんが、要は加齢する際に自分の身を守る
(外敵からだけでなく、脱皮に適切なスペースを確保してより確実に
大きくなれるように)必要性があるのかな?と、思ったんですね^^)



ちょっと話が明後日なんじゃ?と、思わないでください^^)
蛹室のような壁を作るときは自分の糞を塗り固めます。
加齢してそのスペースから出てより大きなスペースに移動するときは
その部屋を壊して出ていくのです。幼虫の場合 脚があっても
そのようなスペースを壊すことは出来ないので食べながら壊すという
ことになります。そのような観察と推察から自分の糞が入った
使用済みマットを混ぜたほうが発育促進(というより胃腸に優しい)
に繋がるのでは?と、考えた次第です♪

幼虫の画像に映っているマットには大きな糞も映っています。
これはもう完全に糞なので幼虫にも必要はありません。
なので、使用済みマットはフルイに掛けて不必要な不純物は
取り除いて再利用するのは効果的なのでは?と、思っています。



で、この使用済みマット。けっこうな量を使うのか?
と聞かれるとそうでもありません。大量に出た場合は
新しいマットにも混ぜますが、少量の場合は幼虫を入れる周りに
まぶす、もしくは幼虫を入れたときに上から被せる程度です。
一度に複数の幼虫を交換するときは
かなりの量が出ますが、1頭2頭ですとそんなに出ませんからね^^)

ボク個人としては発育促進というより、消化促進とか食欲促進な
意味合いが強く『呑む前に飲む』的な感覚です^^)
マルバネに添加が強い(多い)マットを与えたほうが大きくなるのですが
そのまま入れてしまうとその部分は避けてしまうのですね。。
なので微粒子にして混ぜ込んで知らず知らずのうちに食べさせてしまう
(要は苦手な薬を何かと混ぜて飲む感覚です。)と、大きな幼虫を
拝めることも多いので、これは効果ありかなと思っています。



この方法はノコにも効果的ですが、使用する分量を加減しないと
違う方に結果が出ますので、そこはうまくやってみてください^^)

正直なところ使用済みマットの再利用は手間と時間がかかりますが
次の交換のときにうおっ!とか思える個体と出会えることも多いので
試してみるのもいいかと思います♪





material by:=ポカポカ色=