やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/20 あんず]
[09/20 某.]
[09/16 あんず]
[09/15 KEN]
[09/15 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
ある程度の幼虫が見えてきた産卵セット各種。


(画像は以前割り出したときのもの)

ミヤマとノコがほとんどなんですが、割り出す前に
場所を確保しないといけませんね。。。

まずはハチジョウノコと飛島産のノコ。
あとオガサワラネブト(!)
ミヤマはほとんどの産卵セットから幼虫が見えていて
ちょっと怖いです^^)



ノコの場合、ケース側面に幼虫が2,3頭見えていても
10数頭で終わることも多々なのですが、
ミヤマとネブトはケース側面に幼虫が見えていると
とんでもない数が出てくることがあるんですね♪



今回、ノコは本土系がほとんどで
亜種は5種ほど。産卵セットを組みたい亜種・産地も
いるのでそんなに出てこなくても・・・とは思うのですが
そんなこととは裏腹に。。です^^)



ミヤマとネブトは産卵セットに使用したマットを
混ぜるのでそんなに新しいマットは必要ありません。
でもノコは産卵セットのマット(セット期間と状態で変わります。)
を使うわけにはいかないので、マットも手持ちも
確認しとかないとなー♪

割り出しが楽しみなセットもあります。
一部外産もありますので、今週末はともかく
その翌週から連続する3連休でなんとかしようと思っています。
プリンカップとラベルカードも用意しとかないと、と思っています。


当ブログは、なるべく安価で楽しみたいという
希望を叶えたいなーと、常日頃思って書いているのですが^^)



ことミヤマクワガタに関しては温度を低くしなければ産まないとか
幼虫が溶けるとか・・・聞いたり自分でも経験してしまったり。。



残念ながら常温で飼育というのは、かなり手間がかかると言いますか?
難しいです。コマメに面倒が見れればまた違うのでしょうが
ボクが置かれている状況では難しいです。



ただ、凄く低くしなければ飼育できないのか?と、
聞かれるとそうでもないようです。

ここのところヒメミヤマ系の幼虫飼育の話題が出て
現在クラーツの幼虫がいるのですが、
あんまり温度を下げすぎてしまうと羽化不全が出たり
するそうなんですね。ウチにいる幼虫たちも
もしかしたら日中は26℃あたりまで上がっているんじゃないか?
という場所に置いてありますが元気にしています。



産卵セットはノビリス ルックを組んでいて
ノビリスは2セット組んでいます。この2種は
知り合いがすでに飼育をしていて、2ヶ月で割り出したところ
全部卵だったという経緯を聞き、まだ割出はしていませんが
これで採卵が成功して幼虫飼育で実践できればなと思っています。

現在ミヤマの幼虫飼育は、国産が中心です。
置いてあるところの温度計を見ると24℃近辺を指していますが
暴れる様子もなく、育っています。

確かに温度が高いと一年で羽化してしまい、サイズもそこそこの
個体が羽化してくると聞きますが、凄まじく低温にする必要は
なさそうです。やはり野外で採れる大型の個体を自分の手で
羽化させてみたいという願望はありますが、どこでどのように
温度を上げ下げすればいいのか?
(もしかしたらその必要すらあるのかないのか?)
皆目見当がつかないミヤマ飼育。
掘り下げられればなと思います♪



産卵セットを組むことになりました♪



ミヤマなんですけどね^^)

何を入れるかはオタノシミに❤

汗ダクダクです。。




ノコの♀がちらほら起きだしています。。
去年も起きちゃって大変なことになったのですが
今年も6月中旬羽化個体はキッチンペーパーを
ボロボロにしだしていますね。



特にヤフオク等でご購入の方・・・
配送中の気温上昇や揺れなどで、活動が活発になっている
個体もいるかと思われます。



ヒラタやコクワ オオクワの♀は活動を開始しても
心配はいりません^^)普通のゼリーを与えて
♂が起きだすのを待つか、もしくはもう来年に持ち越すことを
考えていただければと思います。
ドルクス系は羽化した年より一年置いたほうが産みはいいです。
もちろん産まないワケではないので、ご自分の飼育予定で
産卵セットを組んでいただければと思います。



ただノコは、そのまま活動させてしまいますと
♂が起きる前に♀が★。。。なんてことがありますので
対処が必要です。まずゼリーは与えない。
低温で管理する。コマメに管理容器内のキッチンペーパーを替える。
ここでいう低温は20℃以下・・・もっと低くてもいいです。
そのときは管理容器を大きめ(♂を入れるような容器)にして
新聞紙等で容器を梱包して冷蔵庫の野菜室に入れる。。
(これ、家族の同意が必要です。)

それでもダメ(対処前に容器を齧る、キッチンペーパーをボロボロにする)
という場合は♂を起こす。。
これはかなりリスキーですが、1ペアしかいない、代品を探せる見込みがない。
という場合はやってみてもいいかもしれません。(あまりお勧めしません。)
これは長くなりますので近々 別に書かせていただきます。

せっかく手に入れたのですから標本目的でない限りは子孫を残して
累代したいというのがあると思います。
ボクの経験上のことなので絶対ではありませんが、対策の一つと
考えていただければと思います♪


この休み、産卵セットを組んだのは

ミヤマ・・・・根室(ワイルド×2) 

イズミヤマ・・・・利島(ワイルド)

ノコギリ・・・・小値賀島(ワイルド)淡路島(ワイルド×2)

クチノエラブノコギリ・・・口永良部島(ワイルド)

たぶんミヤマもノコももう少し組むと思いますが
計7セット組んでいます。もうすでに卵が見えているセットもあるので
概ね良好といったところだと思います。



以前組んだセットはほとんど幼虫が見えてきています。
ミヤマに関しては、放置状態にしていますが
これは敢えてそうしています。3ヶ月ぐらい空けてから
割り出したほうがいいとされている種類もありますからね^^)



ノコギリの亜種のセットは少なめです。
前出のクチノエラブとアマミノコ トカラノコの3種のみ。
クロシマ ミシマイオウは仲間に頼んであるので幼虫は
手に入る予定です。ヤクシマに関しては自己ブリード個体で
累代予定なので、今期はお休みすると思います。



今期のヒラタは小値賀島ゴトウヒラタと神津島ヒラタはセットを
組んで幼虫が見えています。
あと種子島とハチジョウヒラタと与路スジブトをセット予定です。
ボクはどうもノコが長かったせいか?成虫になってから長い種類が
苦手です^^)

ネブトとオオクワも組んでいますよ♪
これはまた今度ご紹介いたします。
少し外産もいますから
チョロチョロとバラエティに富んだ秋になりそうです。






material by:=ポカポカ色=