やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/20 あんず]
[09/20 某.]
[09/16 あんず]
[09/15 KEN]
[09/15 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
2018年度の飼育個体羽化も最終に近くなってきましたが
久しぶりに出ました♪



トカラノコ(悪石)  大型個体です♪
マットオンリーでこのサイズは嬉しい限りです^^)



少しアゴが細いですが、頭幅からのラインは
バランスよく幅を出しています。



しかし・・・悪石ならではのオレンジの濃さや
アゴの形状などはしっかり出ているので
個人的には満足です。



このような個体を見てしまうと飼育を継続しようかなとか
思ってしまいます。

トカラノコは中之島産でキレイなオレンジを発色させようと
試みているけど、悪石のほうが頭部や前胸に赤味が残る
個体が多いです。以前は全島持っていたトカラノコですが
飼育種を絞るという意味で中之島のみにしようと
思っていた気持ちが揺らいでしまいますね^^)






台風が過ぎてから暑さがキツイです。。
昨日はほとんど通常業務ができなかったので
今日(まぁいつものことで昨日です。)は、
いつもの倍 動かないといけないな。。。と
思うのはボクだけではなく、いろいろと重なって
仕事に費やす時間が長くなりました。



おかげで今日は出品個体のチェックしか
クワ活ができなかったので少々物足りなさを
覚えています^^)

週間天気予報ですと、明日(まぁ今日ですよ^^)には
暑さも和らぎ、今度の3連休は暑いことには変わりないけれど
過ごしやすいみたいです。

天気(特に気温)に関しては、クワ活やるうえで大事に思っていて
幼虫を弄るときは特に気を使います。
気温が高いとマットの温度も上がるので室温との差が激しくなって
あんまりいいことがありません。
時に幼虫のほうが強いよな?とか思うこともありますが
気温が高いときに容器からは極力出さないほうが無難といえば
無難です。まぁ今日のボクのように、その日しか時間が使えない
などいろいろありますからそんなことも言ってられないときも
ありますよね?^^)
そんな意味でも今日はキツかったです♪







昨年秋から飼育種を敢えて変更しようとして
外産の含め模索してきましたが、この一年で
好みがハッキリしてきました♪



どんな種類でもやっぱり離島モノを優先してしまう^^)

 

顕著なのは産卵セットを組む順番なのですが
離島モノと本州・九州・北海道などが同時期に被ると
離島モノを優先してしまいます^^)



今期のノコは見事に離島のみですしね^^)



なので、今後は各種各亜種 離島モノを中心に飼育していきます。
もちろんカッコイイなと思える産地の個体は
離島に限らず飼育します^^)



ミヤマは探すというより出会いになってしまいますが
それでも少しづつ集められればそれはそれで楽しいですからね♪

今年の淡路島産ミヤマのように採集者の方から貴重な現地での情報など
も聞けることもすごく楽しいし、行ってみたくなってしまいます。
クワガタをきっかけに日本の離島を巡る旅というのは
いいかもしれないですね♪






この画像は今年 渡島したときに唯一会えたワイルド♪
行く度に出会えることは出会えるのですが
ペアで採れたのはほんの1度か2度で、現在飼育している
イズミヤマ(伊豆大島産)も梅雨から初夏にかけて
♀を採集。その年にもう一度渡島して♂を採取して
ペアリングして得た子孫からの累代です。
(♀単体では産まなかった。。。)
ちなみに採集場所にこそ一緒にいましたが
採集は♂も♀も友人です。



まだ腹も納まっていない状態で取り出しました。
よく大丈夫なのか?とか個体によくないとか
言われますが、ボクはそこを逆手に取って
休眠期間を長くしています。管理さえしっかりしていれば
腹は納まるし、次年度ちょうどいい頃合いで活動を開始
してくれます。♂♀の羽化時期がずれているときは
よく使う手法です。



さて個体を見ていきますと、見事にイズミヤマですねぇ❤
アゴの発達が悪く腹部が大きいという特徴がモロ出ています^^)
微毛の生え方も先の北海道産と違いが見られますが
個体差だと思います。



これで大丈夫なの?と絶対聞かれるビューですが
着目していただきたいのは前胸と上翅の幅の違いです。
脚も細いですね。。ちなみに北海道も伊豆大島も
1400を使用しています。置く場所もマットもほぼ同じなので
やはり産地に特化しているんですね^^)
北海道産は野外でしたら小さい部類ですが伊豆大島産は
このサイズを野外で見つけたら狂喜乱舞です❤
雄たけびを上げたいところを必死に堪えながらの乱舞です♪



微毛の生え方が斑なせいで艶感のある上翅。
発達の悪いアゴと冠、型は基本型です。



先ほどの北海道産と併せて3個体ほど♂を紹介させていただきましたが
実は♀もけっこう羽化しています。既に20個体以上羽化している
ミヤマクワガタ。実は1♀活動が活発な個体が出ているほどです。
随時ご紹介していきます♪



台風の影響から交通マヒに陥ったおかげで
夕方にちょこっと通常業務をしただけに留まった
今週初め。。とにかく動きませんでしたが
いつもなら夜やるその日の記録やら請求書やらを
昼間やっつけたので夕食後はクワ活・・・
やっちゃいました^^)
外はかなり蒸したので、室内でできることにしました♪



割り出しましたよ♪ミヤマクワガタ。
北海道は今金町産。これは産地を調べないといけないのですが
調べる前に羽化してきました。



まだ薄皮がアゴに残っていますが見事に金の微毛が
ビッチリ生えています❤新成虫ならではですね^^)
この個体は今年2月、3令幼虫を友人からプレゼントして
いただいた個体が羽化したものです。



同産地別個体。こちらも薄皮残る新成虫なのですが
微毛が少ない。。。微毛の量も個体差があるなんて・・・
ちなみにこちらの個体のほうが小さいです。



両個体とも60ミリ台で野外の大型に到底及びませんが
約1年での羽化だったら仕方ないかと自分でナットクしています^^)
昨年から今年にかけては宮崎県産も飼育しているけど
入手した令が大きく違うので期間とか生育速度などは比較できないけど
飼育で大型を出すのは北海道のほうが難易度が高い気がします。
この辺の考察については長くなるのでまた次回
ジックリ書きたいと思います♪




material by:=ポカポカ色=