やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
8 9 10
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/20 少佐]
[01/12 あんず]
[01/11 はた坊]
[01/04 あんず]
[01/04 はた坊]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]


同じ種類でもその年年で変わるのは致し方ないことで
その年に探している人が多い場合、それに見合った個体数が
いればその限りではありませんが、そうでないと価格は高騰します。

国産種の場合、ワイルドは5月中旬以降からちらほら見えますし
相当数の個体が入荷するので、産地に拘らなければ
ピークを迎える6月中旬~7月にかけてお探しされるのもいいと思います。

 

産地には拘りたいし、しかもお値打ち感は嬉しいというのは
皆さん共通だとは思います。ボクが昨年見ていてお値打ち感を
感じたのは竹島・硫黄島産のミシマコクワです。
ボクが気にしていたころとは比べ物にならないくらいの価格で
落札されていましたが、本来はあの価格ではないと思います。



一時悲しいくらい下がったヤエヤマコクワですが
徐々に値が上がっています。やはりワイルドの入荷は
あまり聞きませんし、コクワはノコやミヤマ、ネブトに比べると
産卵数は多くありませんしね。。



ネブトに関してはいろいろですね^^)
以前にも書かせていただきましたが多産なので
一気に出てくるようなところもあります。
自分の好きな亜種や産地を大事に累代していくのが
いいかもしれませんね^^)個人的には意外な産地に
高値がついて、自分の中でこれは!という個体がそんなでも
なかったりしたので意外な印象を持っています。



マルバネに関しては、一昨年の同サイズより
昨年のほうが若干ですが上昇傾向です。ほとんどが
石垣島産のヤエマルでしたが、よく見ていると西表島産も
ありました。マルバネはサイズで価格が違ってくるので
小さなペアを入手して採卵するか幼虫で購入するかが
安価で入手する手段として考えられます。
ただアマミマルバネは、徳之島産 奄美大島産
成虫・幼虫とも高値ですし、昨年賑わせたチャマルは言うに及ばずです。
どちらにしてもタイミングも大いに影響します。
多産種は一呼吸置いてからでもいいような気もしますが
利島のイズミヤマはボクが落札した以降のほうが値が上がりましたから
どのように判断するかはご購入される方次第としか言えません^^)

長くなりました。ノコ ヒラタ ミヤマなどは後日お伝えいたします。







あんまり記事として出てこないのは
まだ交換時期ではないのですね^^)



ノコは産地モノのみマット飼育で亜種はほとんど
菌糸に入っています。



トカラノコは中之島が中心なのは変わりないのですが
今期は臥蛇島産も飼育しています。

 

本土系亜種はクロシマ ミシマイオウ クチノエラブの
テカリ系が中心ですね♪ こちらも全頭菌糸に入っています。



意外と頭数のいるのがアマミノコで笠利町を2系統。
昨日、一頭だけ暴いてみたのですがちょっと早かったので
今月中旬以降にしっかりと菌糸を揃えてから交換しようと
考えています。

ミヤマはあのゴツゴツ感も加わって迫力が増しますが
ミヤマの横に並べても見劣りしないサイズのノコを
羽化させようと画策中です。国産ミヤマと同時期に羽化してくれたら
シビレますね♥ 




と言っても幼虫画像なんですが^^)



中甑島・木の口山産F2 初記載モノからの累代です。
ボクがミヤマを本格的に飼育しだした個体からの
累代です。



種親の画像はたぶんこれですね。。。
もうずいぶん前になるので画像が合っているか
信憑性に欠けますが^^)
確か50~採れて、販売したり業販に出したりして
何とか10頭台まで絞り込み現在飼育中です。
♀がほとんど羽化してしまったのでワインセラーにて
コールドスリープ中です。

この年に入手したミヤマはこの中甑島と利島、宮崎県小林市
北海道白老町とご当地北鎌倉産。一部一年で♂が羽化した産地も
あって、ヤフオクでも出品させていただきました。
ここから伊豆大島や淡路島 黒島 神津島と快進撃をすることに
なります。



話を中甑島産に戻しますと、けっこう幼虫が大きくなっていて
嬉しい限りです♪ 今日は秤の電池切れで体重が測れませんでしたが
このままいけばけっこういいサイズで羽化してくれそうです。

今年は国産ミヤマの羽化ラッシュが見込めますのでこうご期待です♪



まぁ抱負ですね^^)
まず数を減らします。
で、そこから種類数を減らします。

今年の夏までに飼育している種類数と頭数を把握します♪



種類数はノコ ミヤマ マルバネを中心に
若干のオオクワ コクワ ヒラタを加えます。




このような浮気は極力避けます。。(辛い。。。)



ノコは国産種の亜種が中心となりますが
レア産地はチョコっとやります^^)



ミヤマは外産も含めて幅は持ちたいのですが、こちらは逆に
国産種はミクラ アマミ イズと離島の本土ミヤマになると思います。
現在飼育している個体が羽化してきたら絞り込むつもりです。



一番迷ってるのはネブトで与路と加計呂麻は続投決定なのですが
あとはどうするか迷っています。どうしても温度がネックになります。




ここを減らさないことにはどうしようもないのですが
元々がレアだったりするので後ろ髪を引かれる想いです。。



やめたくないこの2種。たぶんですがここのカテゴリーに
ネブト コクワを入れるぐらいにしないと減りませんよね?



マルバネには力を注ごうと思っています。
マルバネを飼育するにはまずスペースを確保しなければならないのですね^^)

とにかくまずは外産をミヤマのみにできるか考えます♪


小型ミヤマと聞いて真っ先に思い浮かぶのが
ミクラミヤマです。



現在は飼育品のみの流通ですので、起きだしさえしっかり
出来ればセットは小ケースでいいし、幼虫飼育はほとんど
500でいけるので省スペースでいけます^^)



こちらはクリイロミヤマ。クリイロミヤマも♂が50ミリ台なので
小型の部類に入れていいと思います。クリイロミヤマは
最近は見かけますがいつ入荷しなくなるか分からない種類でも
あるので興味のある方はお早めに^^)



小型ミヤマの代表格と言っても過言ではないアマミミヤマ。
昨年は幼虫が少しこなれた価格になりましたが成虫ペアは
まだまだいいお値段です。飼育面でミクラミヤマと
似通った部分もありますので、ミクラミヤマを飼育してからでも
いいかもしれませんね。もちろん好みが最優先ですが^^)



60ミリを超えたら大きい部類に入るエラフスミヤマ。
カッコイイし、価格もそこそこなのでお勧めです♥
幼虫はヨーロッパミヤマと同様のマットで大きくなります。



意外とお勧めなのがイズミヤマです。
価格はその時々でマチマチですが、伊豆大島産は
流通していることがあります。各島ごとに軽妙な違いがあるようにも
感じます。割と一年で羽化してしまう♂もいるので
2年という飼育期間がなぁと思っている方にはお勧めです。



ノビリスやルックなどのヒメミヤマ系。
採卵にクセがあるとされるヒメミヤマ系ですが
ワイルドも入荷するし、価格も驚くような価格ではないので
チャレンジしてみるのもいいと思います。
ただフジタミヤマなどレア種はそれなりの価格です。



ウェムケン、ミシュミなど。
一昨年ほどではないですが、ヨーロッパミヤマなみの
価格ではあります。飼育はそんなに難しくはないとの
記述を見かけましたが、ボクは採卵はしていないので
言及は出来ません^^)魅力的なミヤマではあります。

あと成虫ではいないのですが、クラーツやラエトゥスなども
いて、ラエトゥスは良好なのですがクラーツは
いったいいつ羽化するんだろう?といった感じです。
小型とはいえ、1400に入れたほうがいいなぁという種類もいるので
ネブトのように絶対省スペースとは言い切れませんが
魅力満載の小型ミヤマ。今年の飼育予定に考えてみるのも
いいかもしれませんね^^)




material by:=ポカポカ色=