最近は外産種も精力的に飼育中。 ミヤマ マルバネにご執心ですが ノコ ネブトにも目が行くウワキモノです♪
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/01 あんず]
[07/01 あんず]
[07/01 KEN]
[06/27 あんず]
[06/27 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
ちょっと訳アリで入手したウムハンギノコの
幼虫ペア。もう一頭がなかなか顔を出さないので
暴いてみたら♀でしたので 出品することにしました。



しかし・・・キレイなクワガタです♪
トカラノコともアスタコとも違うオレンジ。
とても魅力的です♥



オレンジの部分に一点の曇りやくすみがないからでしょうか?
上品にも映りますね^^)



今となっては非常に貴重なのですが、出品状況と
累代を考えると♂のほうが少ないんだろうな。。



ホントはね^^)ウムハンギで材産みの苦手意識を
克服したかったけど、シカで頑張ります♪




先ほどの記事と同じ画像で始まります♪
ネブトの産卵セット1セットというのは何かと
調整が難しいので、その後のことも考えてセットしました。



ヤエマルのエサ交換。
今年は西表島産のみの飼育です。
マルバネはとかく大きな容器を必要としますので
年ごとに限定して飼育しようと思っています。
(と、言いましてもね。。2年なので大きな容器は
そこかしこにありますよ。。)



まだ3令になったばかりですね。
ここ最近のことですが、交換タイミングみたいなものが
分かってきたような気がします。



まだまだこれからですが、この個体はここで2300に投入しました♪

マルバネ全般ですが、最初のうちは多頭飼育。
2令に入ったあたりで単頭に切り替えます。
ここまでは500プリンカップで飼育します。
ここからが今年は違います♪
容器もそうなんですが、マットもいろいろ考えています。
マルバネには高添加のマットを混ぜ込んでいます。
でも入れればいいというものでもないので
無添加微粒子マットと赤枯れマットをうまく混ぜ込んで
そこに少量混ぜ込みます。
ボクの印象では胃腸が弱いイメージがあるマルバネですが
やはり栄養のあるものを摂取させないと大きくはなりません。。
でも胃腸が弱いからいきなり高添加のマットでは食べてくれないどころか
生死に関わってしまいます。

さすがにこの時期は無添加微粒子マットをそのままというワケにはいかず
フルイに掛けたりして消化吸収しやすいようにしてあげるのですが
ネブトの産卵セットと同じというワケにはいかないので
(なんと言っても最低1400ですからね。。)
けっこう大変でした。。これで少し経過を見てみることにします♪


ここに来られてくださる方にはまたかよ~と
思われるかもしれんせんがお付き合い願います♪

ネブトの産卵セット♥



まずはフルイ掛け♪
マットは無添加微粒子マットです。
のこったフレークはミヤマの産卵セットに使います。
フルイについてですが、ボクは100均の取っ手付き網ボウルを
使っています。根を詰めると腱鞘炎になります♥



ケースはミニケース。
底1センチは固く詰めます。
なんでですか?と聞かれると
おまじないです♥と、答えます。
実際のところ必要ないです。



あとはマットを入れるだけ♪
フルイさえ掛けなきゃ一番楽な産卵セットです。



♀を入れたらほどなくして潜っていきました。
触覚をクルクルしたらもう、産めると判断したと思っています^^)

今期は種子島とナカノシマ、先だっての小値賀島の2亜種3産地の
ブリードです。




羽化している個体の容器。
ノコばかりです♪



トカラノコ中之島。
今年もいい色で孵りました♥
この他に2♀ 羽化しています。



ハチジョウノコ中之郷
太くは孵ったけど中歯です。。



ハチジョウ♀。大きいです♪
エサは間違っていないって去年も書いたような?^^)

まだまだこれからの雰囲気ですが、羽化ラッシュ!!
始まりそうです♪




最後のクラーツミヤマ、無事羽化しました♪
これでペアになります。

こちらは自分用です。



♂2頭は現在ワインセラーにて休眠中。
意外とですね、しっかりするのがノコ並みなので
9月ごろには産卵セットが組めるかもしれません^^)



こちらは出品した♀画像です。
出品した♀よりちょっと小ぶりです。

クラーツミヤマの産卵セットについては
その時期になったら詳しく書こうと思っていますが
ほぼノビリスと同じで構わないと思っています。
9月ごろならオオクワの産卵に使った割カスなども
豊富にありますからね♪

幼虫飼育も手ごたえがあったので、まずはしっかり起こすこと
が大事です。


material by:=ポカポカ色=