やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
8 9 10
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/20 少佐]
[01/12 あんず]
[01/11 はた坊]
[01/04 あんず]
[01/04 はた坊]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
ミヤマクワガタは温度を低くしなければならない、
幼虫期間が長い、マットって何使えばいいの?・・・
と、何かと二の足を踏んでしまう部分が多いと思います。



一番手っ取り早いのは自己採集で得た個体をブリード
してみるのが生体のコストは採集費用を考えなければ
ただですし^^)ノウハウとスキルを手に入れられると
思っていただければ、飼育してみるのもいいと思います。



いやいややっぱり気になる個体をなんとかして入手してこそ
のモチベーションでしょ^^)な方♪
ボクもその中の一人なんですが^^)・・・ミヤマは
その前に何かと準備が必要でしょ?と、お思いでしょうが
少々の温度管理さえできればなんとかなったりします。
確かに産卵時は夏場と言う時期に低温を維持しなければならない
というハードルを克服しないとなりませんから
なんとかエアコンを作動させ続けられれば
いいのですが、幼虫飼育に関してはそう低温にしなくても
なんとかなったりします。特に羽化の時期に10何度とかにしてしまうと
羽化不全になったりしますからね。。



ボク個人が飼育していてお勧めなのはヨーロッパミヤマ。
意外と強いし、マットも率なく食べてくれます。
幼虫サイズが大きくなるので、量も使いますけど
いわゆるミヤマ用と謳われているマットでなくて大丈夫です。
秋から冬にかけて幼虫で購入して(この時期は常温で大丈夫です。)
暑くなる前に温度対策(もちろんご家族のある方は説得も含みます。)
をするための時間に充てられればと、思います^^)



アクベス ユダイクスは100ミリを凌駕するサイズになりますが
ケルブスはそこまでにはならないから少し飼育しやすいかと思います。
問題は生体の価格です。。意外とケルブスのほうが値が張ったりします。



あと変わり種ではラティコルニスなども入手は可能ですが
見つけた時点で買わないとなかなか手に入りませんしね。。



成虫サイズこそは小さいですがその分スペースと言う点で
メリットがあるのはエラフスミヤマ。
生体の価格もミヤマの中では安価な部類ですし、
60ミリに満たないサイズでも形状はヨーロッパミヤマのソレですので♪
迫力は充分にあります。個人的には一押しのミヤマです。
幼虫飼育に使用するマットもヨーロッパミヤマと同様のマットで
大きくなります。こちらも成虫や幼虫の出る時期はある程度
決まっているので、今からだと今秋ぐらいからとなると思いますが
そのあいだにね^^)温度対策を考えたり(資金繰り含む)する
期間として考えれば弾みも付くと思います。

もしミヤマクワガタも興味があるよと言う方、参考になれば幸いです。
もちろん温度対策の設備は他のクワガタにも使えるので
決して無駄にならないということをお伝えしておきます♪




残念ながら画像は撮らなかったので
古い画像を引っ張り出しています。

実はコクワ・・・けっこうレアなのがいまして^^)
散々減らすと言っているのですが、これを読んでいない友人が
何かと幼虫を持ってきてくださいます^^)



個人的にはね、、ヤエヤマコクワのみにしたいところなんですが
せっかく用意して持ってきてくれるので、ありがたく飼育させて
いただいております^^)



この画像は利島産のコクワなのですが、たぶんコクワは
画像の個体の親が購入した最後のコクワと認識していますけど・・・
利島産も持ってきてくれているよなぁ♪
自己採集だったりヤフオクで落とした個体の
おすそ分けなどなどで現在6産地。
実はヒラタより多かったりするのです^^)



菌糸交換は部屋の中でできるから・・・
とは言え、いろいろ飛んだりするので
掃除は大変です。。



まずはトカラ。トカラノコは今期 中之島と臥蛇島産を
飼育中です。数で言いますと中之島が圧倒的に多くて
3系統。更なるトカラオレンジを目指します。

 

これはアマミノコだと思います。
アマミノコは笠利町のみで結局ワイルドからの累代となりました。
久々に76~を目指します。

 

これは・・・・?  オオクワですね^^)
機械的に作業を進めたのでこんがらがっています。
オオクワは鹿児島 伯方島 奥多摩の3産地のみとなりました。
けっこう大きいのですが、ヨーロッパミヤマの幼虫を見た後なので
感動が薄いです。。



これもオオクワ別個体。
一昨年はネブトの幼虫ばかりで小さな幼虫に慣れて
今年は大きいのばかり見ているなぁと、変なところに
感心していたのでした^^)


菌糸も買ってあるので、これからノコの菌糸交換をしようと
思います。菌糸に入っているのは
トカラノコ アマミノコ ミシマイオウノコ クロシマノコ
クチノエラブノコですね^^)



多頭飼いしている容器もあるので
全部単頭飼育に切り替えます。
ここで全部交換できればお次は4月ぐらいの
交換になるのでやっとくと楽です。
このとき♀はマットに入れます。



ノコもマットで飼育したいところなのですが
さすがに時間との戦いでもありますので
亜種は全て菌糸で飼育します。
(本土ノコの産地モノはマットで飼育しています。)



ちょっと考えながらのクワ活です♪


今日は午後から溜まっていたクワ活をやりました♪



今年最初のクワグッズです。
2300クリアボトル。10本購入です。
先日の3リッターより高さがないだけですね。
これに・・・



アクベスを入れます。アクベシアヌスは一昨年と去年とで
全部で10頭ほどいます。



けっこうイイカンジで育ってくれています。
スケールが壊れてしまったので体重が測れていません。。
このあとアマミミヤマ ミクラミヤマ ゲアンミヤマ
などを交換して、最後はルニフェル♪
1頭落ちてしまい、9頭になってしまいました。


交換した一部分。。これから棚に移します。
まぁ先日のマルバネ同様2300だの3000だので
あっとゆーまに手持ちのマットがなくなっていきます。
1400が小さく見えますもんね^^)

ミヤマ・マルバネのエサ交換は、それまで入っていたマットの
状態を見て使えるようならフルイ掛けします。



画像の丸いヤツがフンです。フンは取り除くのですが
その周辺のマットは大事なんですね^^)
このフルイ掛けしたマットを新しいマットに混ぜ込んだり
幼虫の周りに敷いたりまぶしたりして使用します。
理由はあるのですが書くと長くなるので割愛します。

ただ手間はかかるので当然時間も要します。
なので夢中になってしまうのですね。実は同様の理由で
容器も洗わないのです^^)これはこの時期にはありがたいです♥

という訳で、本日のクワ活はミヤマ三昧な一日でした♪



material by:=ポカポカ色=