やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
8 9 10
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/20 少佐]
[01/12 あんず]
[01/11 はた坊]
[01/04 あんず]
[01/04 はた坊]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
国産種の・・・特に採集禁止となってから年月が経つ
種類は野外で採れる個体とは逸脱したような形状に
なっている個体も見受けられます。
ボクが飼育している中ではトカラノコが代表的なのですが
やはり菌糸を使用して飼育した個体とマットで飼育した個体は
形状が変わってきますし、温度や湿度も含めた飼育環境でも
変わってきます。もちろん血統でもその違いは顕著です。



例えば中之島産と悪石島産での島の違いによる型の違いは
個体数を見ていくと分かってきますが、個体によっては
分かりにくい個体も存在いたします。
あまり考えたくないのですが、よからぬ方向で飼育しているのかな?
と、思われる個体もいるにはいるし 見ますが、そこは考えないことに
して話を進めてみたいと思います。



ビークワのノコギリクワガタ特集における島ごとの型違いの
解説は非常に分かりやすくまた明確に表記されていると思いますので
そちらを参照していただければと思います。しかし飼育した個体が
そうなるかというと必ずしもそうでないというのも否めない事実です。



特に同腹による長い累代は飼育者の好みの型や色(特徴)を
持つ個体で累代していくと思うので特徴が変わってくることも
想定として出てくると思うのです。
例えばの話 悪石島産を飼育していても(気づかないうちに)
中之島産の特徴が好みだった場合、悪石島産の中で中之島産チックな
特徴が出ている個体で累代を進めていくと何世代か後 中之島産の
特徴が顕著な悪石島産が誕生していくことも充分に考えられるし
事実 出てきています。



そんなところからトカラノコに関しては自分で累代している個体
を飼育していきながら、他の人が累代している個体も入手して
かけ合わせたり飼育方法を変えたりして様々な方向から
型や色が変わらない、もしくは思い切り変えていく個体と
両方で飼育しているつもりでいるのですが、今度はボク自身
(飼育者の見解)がずれていることに気づいてしまいました^^)



要は自分のところにはかなりの数がいるので
その個体ばかり見て他を見なくなってしまい、元々の型や色を
見失っていたのですね。。
そんなところからも野外品の標本を手許に置いておきたい
という欲求が高まっています。



ちなみにですね、飼育方法でもかなり変わってきます。
羽化して固まるまでは分からないので、最後まで飼育して
サンプルと見比べるという作業になってしまうのですが
それも個体差 地域変異が顕著なノコギリクワガタです。
自己満足の域からは出ないというのが実情なんです^^)



幼虫の出品予定は考えていないのですが
頭数を減らすということ考えるとちょっと出しても
いいかな?という気にもなっています。



とは言え、ほとんどが3令ですし しかもけっこう♀斑が見にくくも
なっているのでね^^)どうしようか迷うところです。



マルバネなどは出してもいいかなとも思うのですが
ここまで大きくなってくると羽化まで見てみたいという気にも
なります。



ちなみにですね、イズミヤマ アマミミヤマの幼虫は
自分のでさえ少々不安を感じる数しかいないので
出品は出来ない状態です。アマミミヤマはほとんどが
業販とお問い合わせいただいた分で完売状態でした。



今期(と言いますか昨年から今年)は、一昨年の飼育種の変更しようと
した影響がまだまだ残っているのでバリエーションは豊富です。
スペキオの♀単のように意外なものが出てくるかもしれませんので
ヤフオク・・・覗いてみてください^^) 


昨日に引き続きヤフオクに出品しています。
今回は♀単。



産卵セットから1頭だけ幼虫が出てきたスペキオ♪
♀が羽化してきたので出品いたしました。
しかし・・・1頭だけというのも考え物ですね。。



ちょっと早い気がしましたが、悪石島産トカラ♀2頭セット。
画像左の個体はかなり赤いのでいいと思いますよ♪
どちらも11月羽化個体なので、休眠も安心の2頭セットです。

ここからなのですが、♀単はもう少し出します。
ミヤマの♀もいるので、ご期待ください^^)

あと♂単。こちらもいくつか出す予定です。
以前にご落札された方、補充の意味合いもありますので
今期のブリードをより確実にされるにはよろしいかと思います。

ちなみにですね、ペア出しは少し少なくなるかもしれません。
なんといっても2月大宮が控えているので、それも考えに入れとかないと
出すものがなくなってしまいます。

そんなこんなで今週はヤフオク見てみてください♪
よろしくお願いいたします。



先日、なぜかコクワが増えているよと
書かせていただいたんです^^)
で、エサ交換もしているのですが1頭羽化していました♪



あまりにも美人でしたので紹介いたします♥
まぁともかく赤いです♪
あと上翅のスジもしっかり出ています。



で、艶もあると♥♥)
画像を大きくしてもらうと分かるのですが
アゴの歯形もしっかりしているのも嬉しいところ♪
決して大きくはないんですよ^^)



こちらの画像のほうが分かりやすいですね^^)
ちなみに伊豆大島でコクワを見ることは稀で
ヤシャブシの新芽に集まってくるのは他のクワガタと
同じなんですが、数は圧倒的に少ないです。
いるところはノコと同じと思ってくれていいです。
しかし・・・離島のコクワってなんで赤い個体が多いんだろう?
後 数はね、、ホーント少ないですよ。。
ボクにおすそ分けしてくれる友人は、小型種が好みと言うことも
あるんですがとかくコクワをプレゼントしてくれます。
とんでもない産地のものもあるので羽化してきたら
紹介させていただきますね^^)


昨年12月は11月12月と続いたクワタに出展することと
仕事が忙しかったことも手伝って出品しなかったヤフオク。
今年最初の出品を先ほどさせていただきました。



トカラノコ中之島ペア。
昨年かなりの数を出品させていただいたトカラノコ中之島産。
自分の種親ぐらいしか残っていませんが出品しました。
出せてもあと数ペアだと思います。
ちなみに悪石はペアで出せないかと思います。



非常に迷ったイズミヤマなのですが、利島と神津がいるので
出品しました。イズミヤマは♀が何頭かいるので
♀単は考えています。



昨年末当ブログで紹介させていただいたミシュミミヤマの♂単。
一応60ミリ越えですので特徴もはっきり出ているし
迫力もあります。ミシュミはまだ幼虫をしている個体や
どうも羽化している個体もいるようなので、状況によっては
まだ出せるかもしれませんが大きな個体は今のところ
画像の個体のみとなります。

2月の大宮も控えているのでどのような出品にしていくか
迷うところなんですけど、ヤフオクへの出品♪
こちらのほうもよろしくお願いいたします。



material by:=ポカポカ色=