やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
5 7
11
17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[02/14 あんず]
[02/13 はた坊]
[02/11 あんず]
[02/11 はた坊]
[02/09 あんず]
最新記事
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[4993] [4992] [4991] [4990] [4989] [4988] [4987] [4986] [4985] [4984] [4983]
残念ながら画像がありません。
ミヤマクワガタの産地別画像を挿絵的に織り込ませていただきます。

(画像は根室産)

ウチにいるイズミヤマは3産地で、幼虫が2産地
成虫(ただいま産卵セット中)が1産地です。
この成虫はもう画像にするにはカワイソウなくらいボロボロです。。

(画像は淡路島産)

この画像のような個体が多くなると思います。
まぁノコでいう小頭大腹な個体が多いとのことですが
野外で見つける嬉しかったりします♪



あっ!画像ありました。
利島産のイズミヤマです。
産地的には伊豆大島 利島 神津島といて
神津島産は採集禁止でもあるので入手は難しいです♪
利島も最近は見かけない・・・と言いますか、
イズミヤマ自体の流通が稀です。
伊豆大島産もショップ等に並ぶのは稀かもしれませんね。
これ・・・なぜかと言いますとイズミヤマは♂と♀を同時に採集するのが
非常に難しく、♀の発生時期(というか採れる時期)と、♂が見られる時期が
ちょっと期間が空くのです。伊豆大島産はボクの採集ではありませんが
そのとき同行しているので、採集したときに現場にいました。
このときは♀のみ採集、その2ヶ月あとに♂を採集して掛けているんですね。
(採集した♀はセットを組んでも産まなかったそうです。)
そうなんです♪この年は2回渡島しているのです。
島在住や長期滞在ならいざ知らず、1泊2日ぐらいの採集旅行では
両方一遍に採れることは少ないのです。(採集に長けている方は
その限りではないのかもしれませんがボクらはこぉでした。。)



もうそろそろ伊豆大島産のイズミヤマが羽化してきます。
複数ペアになったらヤフオクに出品予定です。
ちなみにですが、利島は飼育品と野外品の両方でセット組んでいますから
こちらも気になされた方はお見逃しなく。
あと神津島産は日本で唯一2種類ミヤマがいる産地だということを
お伝えしておきます。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
material by:=ポカポカ色=