のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
7
22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[09/17 あんず]
[09/16 東京クワジ]
[09/15 あんず]
[09/15 あんず]
[09/15 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[3841] [3840] [3839] [3838] [3837] [3836] [3835] [3834] [3833] [3832] [3831]
幼虫飼育時って、少し手持ちぶたさ感が
あります^^)
まぁやることがないと言いますか?

そんなときは少し考察してみるのもいいかも♪
ということで考えてみます。



トカラオレンジプロジェクトで使用する
トカラノコの産地は中之島です。
過去、トカラノコで最大サイズを出したことがあるのと
やはり色が明るく派手なのが大きな理由です。
手法としましては、まず2匹の♀から採卵⇒羽化
(これは昨年の飼育で済んでいます。)
その中から型がよく色の明るい♂と♀を選んで
インラインでブリード。ここで2系統。
ラインの異なる♂と♀をかけて4系統となるハズだったのですが
♀が☆になり、3系統となりました。



で、この3ラインから幼虫を採れるだけ採ります。
現在はこの3ラインの幼虫を飼育している最中です。
成虫に羽化させたら、またサイズ、型、色のよいものを
選んで累代していき、キレイなオレンジのトカラノコを
羽化させ、サイズが大きくて良型で、色がキレイな個体を
血統として残すのが目的なのですが、トカラノコの場合
累代が進むと色が濃く(暗く)なる傾向があるので
そこらへんが課題だったりします。
エサの種類や温度も加味しながら累代して、血統として
サイズ大 良型 色キレイな個体が出現する率を上げていこうと
目論んでいます。



以前、アマミノコの赤い個体を残し2世代ほど累代させたときは
けっこー赤い個体がより赤くなってきたのとニジイロの色変わりの
累代方法も取り入れて飼育していくつもりなんですが
果して遺伝的にはどうなのか?は、やってみないことには
どうとも言えません。



遺伝的な部分では、トカラノコって部分部分で黒いところが
あり、黒い部分の面積を減らしていくことが重要かな?と
思っています。要は黒い部分が少ない個体で累代を進めるという
ことです。エサや温度・・・飼育技術面ではこれから試行錯誤していく
つもりです。個人的には羽化時の温度や湿度も随分関係あるんじゃないか
とも思っているのでいろいろなバリエーションを経験して
絞り込むしかないんだろうなと、思っています。



あとはモチベーションの維持です。
もしエサが関係して、マットがよい温度は低めがよいとなると
羽化までに1年半~で、休眠期間が約半年となると1世代に
約2年です。早くても3世代はかかると思うので結果を見出す
きっかけができるのに約6年かかるんだ。。。
飼育は続けているとは思うけど、この企画を維持できるかは
かなり頑張らないと(キモチの上で、です。)できない
企画ですね。。。^^)




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
material by:=ポカポカ色=