日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 特に離島モノが大好物です。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
9
14
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 ヒラタ飼育者]
[11/17 あんず]
[11/16 東京クワジ]
[11/16 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[4438] [4437] [4436] [4435] [4434] [4433] [4432] [4431] [4430] [4429] [4428]
昨日、友人と電話でマルバネを入札中だという話を
していたら、幼虫の食痕を送ってくださることになりました。
どうもありがとうございます。ホント助かります♪
と、そこからマット繋がりでネブトの話になり、
いくつかの産卵セットにコバエが湧いて困っている的な内容で
盛り上がっていたら、割り出したほうがいいということで♪
早速割り出してみたところ、♂を発見!!
画像で紹介してみたいと思います。



幻とも奇跡とも表現して決して大袈裟ではないと思います。

アマミネブト(与路島産)F2

奄美大島産のアマミネブトや加計呂麻産と型、
特にアゴ先端の湾曲が違うらしいのです。
個体数を見ていないので、言及は避けますが
趣味としての違いを楽しむだけでも大いに意義があると
思っています。



入手した個体自体は小さいのですが、
声をかけていただいただけでもありがたいことです。
加計呂麻産(こちらも野外では激レアです。)は、ある程度
市場に出ましたが与路島産はあまり出ていないと思います。

 

割り出した結果は、ド初令がとても多く幼虫の回収に
集中してしまったため、数が曖昧になってしまいましたが
40ぐらいは採れていると思います。
その中で安定した時期に差し掛かった幼虫が20ほどいたので
累代はほぼ大丈夫!



♂はちょっとゆっくりしてもらいます。
因みに♀はバラバラになっていました。。

ただいま油井岳のアマミネブト、加計呂麻のアマミネブトも
同時期に幼虫飼育をしているので全頭羽化させて型の違いを
比較してみようと思っています。
なので、現状幼虫での販売は考えておりませんが
どうしてもという方、ご相談には応じさせていただきます。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
material by:=ポカポカ色=