のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2
12
14 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/18 東京クワジ]
[10/18 あんず]
[10/18 東京クワジ]
[10/16 あんず]
[10/13 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[4357] [4356] [4355] [4354] [4353] [4352] [4351] [4350] [4349] [4348] [4347]
いろいろな集め方があることに気付きます。
例えば・・・種類ごとに集めるのは王道で



オオクワガタを産地別 血統別で集めるとかは
ボクなんかがおいそれと口に出してはいけないぐらい
(の感覚があります♪)拘りと時間を掛けられている方が
大勢いらっしゃると思います。

ここでっ!

先ほど・・・離島のオオクワのこととか題材にして
書いていたときにふと思ったのですが、産地に括って
集めるのも面白いとか思ってしまったのですよ^^)

奄美大島で集めるとかね♪

アマミミヤマ アマミノコ アマミシカ アマミコクワ
アマミネブト スジブトヒラタ アマミマルバネ
(もっといたらゴメンナサイ。。これくらいでした
思いつくの。。。^^)飼育方法もバラエティに富んで
面白いかもしれないな・・・でも温度管理が大変そう。。



同種類 異種類問わずで色合いで集めている人もいました。
赤いノコ 赤いコクワ・・・これ、ちょっと応用して
南西諸島亜種で赤いのばかり集めるのも面白いかも♪

アマミノコは与路 請島 加計呂麻 奄美大島産でも赤いのは
いないことはないけど、ここのハードルは高いかもしれませんね。



地域を限定して、しかも何かを特化させて集めるのは面白いかもな^^)

例えば赤い個体で九州本土と周辺離島の本土ノコとか。
ボクは自然と本土系ノコ亜種と周辺離島は集めていました。
ミシマイオウ クロシマ ヤクシマ クチノエラブに本土系が
種子島 甑諸島・・・甑諸島がハードル高いかもなー。。。
でも集め出して達成したときは嬉しいだろーなー^^)
これくらいだと産卵セットの数もある程度で抑えられるし
色や型 サイズなどでも小分けできるから楽しいかもしれない。


と、まぁ集め方はいろいろでご自分が満足いくコレクションは
見ているほうも嬉しくなるので何か人がやっていなさそうな集め方を
している方がいらっしゃいましたら教えてください^^)
待っています♪



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
わたしは..
記事にもありますように 特定産地のクワガタ網羅や 特定種の産地コンプリート、赤い個体の特定・固定飼育も面白いですし 好きで飼育出来ていればモチベーションも上がるので良いでしょう.. 黒い「ミシマイオウノコギリ硫黄島稲村岳F10」なんてのもやってますし、今年笠利町産のREDアマミノコWILDも入手して WF1♀と掛け合わせたりしています...

私は上のような収集飼育+「カラーアイ個体」の収集飼育も 国産中心にやっております (大きさや型にこだわる方には欲求不十分な集め方かもしれませんが..) 
いわゆる劣勢遺伝なので 若干 大きく丈夫には育ちづらい印象はあります
油断していると 新成虫の時点でもブリード前に ★になることもあります

種類は以外と豊富で 市場には
国産オオクワ産地色々(レッド・ホワイト)、アカアシ、スジブトヒラタ、ツシマヒラタ、アマミヒラタ、トカラノコギリ(悪石島・中之島)、アマミノコ、外産各種オオ、ギラファノコ、ラフェルトノコ、ニジイロクワガタ、ヘラクレスオオカブト、国産カブトムシ(レッド・ピンク・ホワイト)...など

様々な種のカラーアイ個体が出回っています そのほとんどがホワイトアイ(W-EYE)です

選択の幅は広いと思います
私も嵌っていた数年前まで 多くいましたが 飼育頭数の関係で、
今ではトカラノコW-EYE2産地・国産オオW-EYE川西市笹部 某有名血統、などと抑えています
市場に出回る 殆どがほぼ100パーセントの遺伝率と思って良いと思いますが 中には黒目が混じる 系統もいるようなので(私は出会ったことがありません)しっかりとした販売元からの購入、購入前に店員さんに確認すること がよろしいかと存じます

あとは 個人的に着目するのは 自身の出身地(地元・東京多摩某地域)とその周辺地域や こどもの頃よくいった親の故郷(山梨)のクワガタでしょうね 思い入れがつよいので.. 
採集は殆どしていませんので SHOPで見かけたときは即買いな感じです(低温種除く)


上記記事の話に戻りますが 奄美大島コンプリ話題の中に 「アマミヒラタ」が抜けてましたが、当方飼育は WILD2年目瀬戸内キヤンマ山産と龍郷町WF2、加計呂麻島F2はブリード成功、レッドアイ油井岳産は厳しい感じです

今年羽化の当方所持の「喜界島○○○」と頂いた「請島」及び「与路島」は♀の食べ方が小食気味なのでセットせず 来年へ回しました 
今年羽化のゴトウヒラタ「宇久島産」、本土ヒラタ東京某産地のセットが 常温下で うまくいって
ないことからも決断しました
 
WILDの埼玉新座・岡山2産地・種子島、南西離島ヒラタ数種数産地 などもうまくいってないので セット解体し 来年に持ち越しとなりました 
WILDは入手当時 元気が下降気味な♀に ゼリーを多く食させる期間を持ったため ブリードのタイミングを逃したようです(今ではどの♀も元気です)
国産オオクワに続き 国産ヒラタブリード活動終了です..
東京クワジ 2018/09/22(Sat)13:29:26 編集
ぁあ^^)
ご指摘ありがとうございます。
抜けていましたね^^)
あんず 2018/09/22(Sat)15:00:24 編集
material by:=ポカポカ色=