やっぱり国産種に目がいってしまう♪ ノコ ミヤマ ヒラタ ネブト マルバネ・・・ 興味は尽きません。
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6
13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/14 あんず]
[12/14 某.]
[12/09 あんず]
[12/08 某.]
[11/07 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[5166] [5165] [5164] [5163] [5162] [5161] [5160] [5159] [5158] [5157] [5156]
コスト面のこと何にも書いていなかったので
具体的な金額はさておき(買い方で随分変わりますからね。。)、
どうすればコスト面を抑えられるか?

まずエサの相関性がある種類は無駄がなくなります。
あと産卵セットの組み方が同じようですとやはり相関性が
あるので、こっちがダメならあっち的な使いまわしができますよね?



ボクはあまり材に産む種類は得意ではないけれど
意外や意外、ミヤマは比較的材周りに産むので
今年はオオクワやっといてよかった♪と、軽く思っていたりします^^)

幼虫のエサとして使用する場合も同様です。



ミヤマやネブト マルバネに使用するマットでも
ノコ ヒラタは育ちますが、他のマットでも大きくなります。
そうなると分けて使いたいというのが人情です^^)



マットについてはベースとなるマットは箱買いしています。
ただいつもそうなのか?と聞かれるとそういう訳ではなく、
使用頻度が高い時期のみ(産卵セットを多数組む時期)箱買いで
あとは必要に応じて購入しています。まぁ保管スペースの問題も
ありますからね^^)やっぱり何年も続けているとどの時期に
どれだけ必要かということは分かりますからうまく使い分けています。

ここでちょっとだけ数字的なことを♪

小ケースで産卵セットを組む場合。

マット固詰めのセット・・・5リットル1袋で1セット

産卵木を使う場合のセット・・・ 5リットル1袋で2セット
               (少し余ります。10リットルで
                5セットはムリかも。。)

800ccボトルに詰める場合。

固詰め・・・10リットルで6~7本

緩詰め・・・10リットルで10~12本

こちらは詰め方で変わりますからね^^)個人差が出ると思います。

意外とお勧めなのが60リットル箱買い(これ、たぶんですがもっと
入っていると思います。)1シーズンに産卵セットを10以上組むよという方には
いいと思います。単純計算で12セット分ですが14セットとか組めます。
しっかりと口を閉めれば長持ちもするので5セット以上組む方にも
いいと思いますよ♪残ったマットは幼虫飼育にも使えますからね^^)



60リットルは一回に払う金額はちょっとしますが10リットル換算で
計算するとかなりお安くなるので、保管スペースが確保できるのと
その年の飼育計画通りに生体が入手、もしくは累代できていれば
思い切って購入してしまうのもいいかと思います。

とにかくですね、この時期幼虫も採れて納まるところに
納まってもいると思うので、来季に向けてちょっと電卓を
叩いてみるのも一興かと思います^^)







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
material by:=ポカポカ色=