のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
7
13 14
21 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 東京クワジ]
[11/18 あんず]
[11/17 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
先日、息子がギターを始めたいと
ボクのギターを持っていったのですが

まず好きな楽曲が難しかったことと
やはり、トモダチに感化されたとこが大だったようで
寝ても覚めてもということではなかったようです。

それでも『G』や、『C』ぐらいまでのコードは
押えられるようにはなったのですが^^)

ここから『F』や『B』をクリアできると
ギターが魔法の楽器になっていくんんですけどねぇ^^)


手許に戻ってきた(というより
戻してきた。)エクスワイヤ。

フェンダーではありません。
ギターを趣味として再開させたときに
イイ楽器屋さんに巡り合えたことも
手伝って、学生の頃買えなかったホンモノを
手に入れたのですが、だんだんとね、
(クワガタもそぉなんですが)
自分の好みが限定されてくるのですね^^)
ギターの場合、音もさることながら
見た目や演奏性なんかも好みが出てきます。
特にネックの握り具合などは
生意気に好みが出てきたりします。


この2台はとても素晴らしかったけど
ストラトは太くて(12フレットあたりの幅が広い)
ムスタングはAネックなので細いのです。

画像はエクスワイヤのネックなんですが
楽器屋で握ったときは『なんじゃこりゃ??』
ぐらいに太く感じたのですが、
ナットからハイポジションまでの幅があまり変わらないのと

このネック裏の塗装の剥がれがヨロシイのです。
レリック加工といって
わざと古く見せたり、キズを付けたりして
独特の雰囲気を醸し出しているのですが
演奏性にも一役買っています。

ちなみにこのレリック加工。
ボクらの年代ですと
『わざわざすることなかろうに。。』と、
思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ボクも最初はそぅ思っていた一人でしたしね。

ところが、当時のレプリカならいざ知らず、
現行のモデルではこぉならないのです。
塗装方法とかが違うのですね。
また当時とは、保管方法なども格段によくなっているので
なかなかここまでになるには時間がかかります。

50年代、60年代のギターは非常に高価だし
レプリカもかなりの覚悟がいる(ボクとしては)
プライス。
ボクのエクスワイヤは『Nash』というメーカーのもの。
レリック加工を本格的に施したギターの中では
お値打ちです。(何故か中古は特に安いです。)

当時の塗装方法で塗装されているので
音もいいですし、(エレキは塗装が薄いほぅが
音鳴りがいいと思うのですが、現在で行うと
コスト面に問題が出るみたい。。)
ハードウエアは現在ヨシとされている
パーツで構成されています。
指板なんかも現代的(フラットでフレットが太い)
なので弾きやすいし♪

古びた外観に現代的な演奏性。

かなりお気に入りなギターです。









久々のギターネタです。

昨年の秋ぐらいでしたっけ?
手に入れたの。

テレキャスの廉価?版なんでしょうね。
かなり歳とってからの再燃では
モノホンに拘ってきたのですが
この子はいわゆる○○モデルというヤツ。



レリックの元祖というか?先駆けなんだそーです。
ナッシュというメーカー。



ビルダー全員がミュージシャンというので
擦れたりキズついたりがリアルです^^)
あとネックがすごくいいです。
いい具合に塗装を剥げさせてあるので
シックリきます。



あまり見れる角度ではない画像。
ストラトとかムスタングのコンターボディばかりだったので
このカドがカラダに当たる感触は新鮮。

ボクの持ってるストラトは優しい音がするのですが
このエクスワイヤは真逆な音。ロックしています♪
ローラーというメーカーのピックアップが搭載されていて
ギャギャーンという音は胸がスッとします^^)
エクスワイヤは1ピックアップなのにセレクタースイッチが
付いていて配線で音を変えているのですが、
購入当初は『なんじゃこりゃ?』とか思っていたのです。
最近は使い慣れた(耳が馴れた?)せいか、満足しています。
ただねぇ、アンプ通さない生音がとても素晴らしいので
この音をアンプ通して出せないものなのか?と
思ってしまうこともあります。
映像なんかでナッシュのテレキャスモデルの試奏なんかを
見ている限り、生音を再現できてるような感も受けるので
ネック側にピックアップ付けてテレキャスにしてしまおうか?
と、考えたこともあります。



ナッシュ・ギターはギター本体もさることながら
ピックアップやペグといった『木』以外の部分が
いわゆるカスタムパーツで固められているので
何かと使い勝手がいいです。
ナットやフレットも現代風。
やはり弾きやすいですよ^^)
今度機会があったらストラトモデルも弾いてみたい。

問題なのは個体数がそんなに多くないこと。
近年のモデルはネック裏なんかがエッジが利いた
デザインになっているので、画像で見る限りは
ん?とか、思っちゃう。。
たまーに中古も出ますが、すぐ売れちゃう。。
あと新品はいくらお値打ち(USAメイドにしては
安いです。)とは言え、それなりです。

なのであまり探さないで愛機で楽しみます^^)




ギターとか クワガタっつーのの
イイトコロって懐に納まるとか
手の平に乗るとかってのもいいんだと思うのですよ^^)
クワガタは生きてるしね♪

それなのに・・・

こんなのも持っています^^)
これ・・・随分前に買ったもの。
棚を整理していたら出てきました。

セロファンで覆われているので
光を反射してしまい、ちょっと暗めの画像です。
サンバースト中央の木目もしっかりと再現。

テレキャスもあります。
これも木目がある。。

圧巻なのはコレ。。
ゼマイティスというメーカーのギター
の、フィギュア。メタル部分の装飾を再現しています。
圧巻です。
今でもホンモノは売っていますが
創始者のゼマイティスさんが作ったヴィンテージは
ASKです。
現行品でも凄まじいお値段!!
ロンウッドや日本ですと布袋さんやCHARさんが
使っていました。
これはフィギュアでいいです^^)

パッケージを開けたいのですが
このまま持っていたほーがいいかな?と、
思っちゃいます^^)





欲しいギターは数あれど・・・
かの野村義男さんもおっしゃっておりましたが

『弾けるのは一度に一台』

どんなに甘い透き通るような音がしても
ボクが弾くと雑音でしかない。。



でもね。。。
欲しいのですよ♪

 
何かとフェンダー系のボクのギター。
アコギはギブソンですが、エレキもギブソン。
欲しいよなー。。
あとサンバースト以外の色。。いいよなー。。

そんな想いを馳せながら、も少し腕を磨こうと
思うのでした。。 




ウチに来てからまだ1週間に満たない
このギター。

当然買ったばかりなので弾く頻度は高いのですが
弾き込むほどに、ネックの具合が丁度いい(^^♪



あとねぇ。。親父体型にはいい具合にフィットする
ボディ形状。

ブリッジ側に1ピックアップなので
音がキンキンしがちですけど
それもボリュームとトーンのセッティングで
ウォームな音も♪

ストラトみたいにいろんな音は出ないけど
シンプルなセッティング、限定された中での
模索は楽しいもの❤



嵌りそうですよ^^)
エスカイヤ❤❤

 


material by:=ポカポカ色=