のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
17
25 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[06/25 あんず]
[06/25 東京クワジ]
[06/24 あんず]
[06/24 東京クワジ]
[06/24 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


今、凄まじく嵌っています^^)
ポールウエラー♪
こないだ来日したばっかりなんだよね。。。



そもそもこのギターを手に入れたとき
このギターに合う楽曲はないか探していたりしたんですが
ここまで嵌るとは思っていませんでした。

もちろん、ギターを弾くのが前提なのでスコアも
探します。



バンドスコアは入手は可能(と、言っても値段は上がり気味です。)
ですけど、ギタースコアのほうは買うところによっては
凄まじいお値段です。ボクはヤフオクで落としました^^)
この2冊、重複している曲もありますがどちらかしか入っていない
曲もあり、その曲が好きだったりするのでやはり必要です。

ポールウエラーと言えばジャムを思い浮かべる方、多いと思うのですが
ボクはスタイルカウンシルが消滅した以降のポールウェラーが好き。
ところどころにビートルズを彷彿させる部分が入りやすかったのかも
しれません♪



と言うより、なってから月日の経つのも
早いもの。
4人のメンバーの誰がというより
ビートルズそのものが好きということに
気付きました。

カジノを手に入れてから、より一層
のめり込んでいるワケなんです。
デジタルリマスターを聞き込むと
よくわかるのですが、4人の演奏技術の高さに
驚かされます。
楽器の鳴らしかたなんかもスゴイ!!
たぶん、当時の録音機器や技術に対して
演奏側への要求も相当だったのでは?
と、予想できます。

この書籍の監修をされている方から
ギターはほとんど購入しているのですが
やはり視点は同じで、同様に楽器のクオリティも
高いと聞いたことがあります。
あとね、ビートルズまではギター演奏時
ネック側の基本フォームが違うのです。
まだロック自体 奏法がジャンルとして確立されていない
ことが推察されます。

バンドとしての寿命は決して長くない
ビートルズ。
その短期間のうちに楽曲を含め、様々な
アンチテーゼを世のスタンダードに
塗り替えてしまった。。
まさにスーパーで、グレートで・・・
称賛する言葉さえ陳腐になってしまうほど。

ボクは今、誰でも知っている名曲の数々を
もう一度
『曇りなき眼』(^^♪で、
聞いています。



 
久々登場のギターくん。
ネックの画像です。
このギターは1948年製。
67年前のもの。
 
マホガニーという素材。
虎目と言われる横筋がビッシリ!!

凄まじい寒冷地で乾燥させるとこぉなるそぉです。




こー映すとギターに見えますか?
このギターリフィニッシュなんですね。
なので年代の割りにはお値打ちでした^^)



これも67年前なのね?

画像は木の色をしていますが
実物はオレンジっぽい色です。




スモールヘッド。。
この黒ペグがオリジナルじゃないとこも
お値打ちに拍車をかけていますが
ボクはこっちが好み❤

ブラジリアンローズウッドだったり
何とかグレーシングだったり
するのですが、この時代はアタリマエ(^^♪

とにかく鳴ります♪
 





ここのところ話題に出ないギター。

やめたワケではありません。

現状に満足しているので話題がないのです。



デジカメだと赤が強く出てたのですが

こちらの画像のほーが実物に近いです。

ブラジリアンローズリミテッドなのですねぇ^^)



対するは’65年製ムスタング。

こちらもブラジリアンローズウッド指板。

ちょっと調子悪しです。。。



ピックガードが白く映っていますが

少し黄ばんでいます。

生音はこちらのほーが大きい。

どちらも弾きだしたら時間を忘れてしまう

名器たちです。





行ってきました^^)


パシフィコ横浜で


実は高2だか高3のとき、

誘われたんだけど行かなかったのね。 

名前は知っていたけど曲はそんなに知らなかったし

なんせ高校生ですからお金がない。

そんなところから

一度は見ておきたいと思ってた。



ストラト使いと言えば・・・

誰も異論を挟むことがない!って思います。

あっ!ジミヘンがいるか。。。

そーいえば3曲目、リトルウィングでした^^)

オープニングでテレキャス持って出てきたので

こりゃ知らない一面か・・・と、思ったのですが

2曲目からはストラト。

お気に入りがあるみたいで、最初の何曲かは

ギター変えてたけど、途中から一本のみ。

charさんはあんまギター変えないので

どちらかというとそっちのほうが見慣れています。

で、内容は?といいますと。。

もうスゴイに尽きる!

ロニースコッツのDVDの中の曲 演ってましたけど

音がDVDと同じ。。。スゴスギル!!

あんまり書いちゃいけません。

まだツアー 終わっていないし。。ね^^)






material by:=ポカポカ色=