日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 特に離島モノが大好物です。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
9
14
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/18 あんず]
[11/18 ヒラタ飼育者]
[11/17 あんず]
[11/16 東京クワジ]
[11/16 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3]
いやいやこのカテゴリーで書くのは
久しぶり。
今年の伊豆大島採集では♂15頭♀20頭の計35頭の
ノコギリクワガタを持ち帰りました。
♀はとりあえず小ケースに全部入れたのですが
一夜明けたらケースのフタがオシッコで
すごいことになっていたので(ゼリーも全部空でした。)


プリンカップに小分けしました^^)
個体の特徴を見るのはこれからです。

では♂。
最初はこの子



サイズ的には60台前半ぐらい。
良形なのですが、前胸にキズがありました。。



いかにも本土ノコといった型が好みなんです^^)



アゴも長めだし左右のバランスもいいし
吐出した特徴がないのがこの個体のいいトコロ♥
こーなると前胸のキズが残念です。



お次はこの子。
50台中盤ですが、この子はあか~いんです



型的には中大歯ですね^^)
中歯と大歯の中間型です。



とにかく真っ赤!
クチノエラブな趣もグッド(^^♪

15頭いるので当分続きますが
ご勘弁ください♪


と言ってもですね。ボクは今回採集には行っていないので

ブリードもののオハナシです。

・・・・・ちょっと話が違いますが

先ほどの記事。。『くちゃ』でなく、『くちゅ』の間違いです。

ここで訂正とお詫びを申し上げておきます。



昨年参加した伊豆大島採集でブリードした

個体たちが孵ってきました^^)

今年は全てに本腰が入っておらず

特筆すべきよーな大きな個体は孵っておりません。。



この子たちも実は2リッター多頭孵しなんです。。



画像も個体も似通っていますけど

違う個体。



しかし・・・見事に似ている。。

サイズもおんなじくらいだしね。。。

伊豆大島産のノコは幼虫飼育のエサ

菌糸かマットか?なんですが

いろいろな意見が出ています。

ボクのところは菌糸のほぅが大きく育ちますが

マットのほぅが・・・というかたもいらっしゃいます。

ちなみにこの子たちは、マットで育てました。

なんだかんだで3年連続ぐらいでブリードしている

伊豆大島産なんですが、ボクは他の国産ノコより

幼虫期間が長い印象があります。

採集時期が8月後半なので、採卵が

早くて9月、ヘタすると10月半ばになるので

孵化に時間が掛かったりしているせいかもしれませんが・・・



でもこのサイズでこの力強さはいいですね♪













 自慢させてください^^)

と、言っても70OVERはおらず・・・

仲間のブログに76が出たとコメをいただいたそうで^^)

そうなると小さいよな^^)

ボクのは66.5 67 68.5の3頭と

愛娘あんず用(保育園に持っていく)の65

画像は上3頭です。

サイズはね、ボクが採った最大個体なんですが

型は拘りました^^)

アゴがグンっと伸びたやつ。

伊豆大島ならではのやつ。

ミヤケノコの趣があるやつ。の3頭。

でも、伊豆大島の最大の魅力はボディ幅と上翅のバランス。

これに限ります。

明らかにボクが普段採っているノコと違う^^)

ノコの魅力っていろいろあると思うし、各々好みも違うと思うのですが

クチノエラブや壱岐などの細長くて華奢なのも好きなんですが

オオクワヨロシクのアゴブット!ボディヒロっ!アツっ!てーのもいいんですね^^)

伊豆大島産は後者の魅力を兼ね揃えているノコなんですね^^)

本土ノコでも華奢でスレンダーなのが魅力の個体はいますが

伊豆大島産は敢えて野武士^^)

ここがいいんですよねぇ^^)





こちらはもろ伊豆大島産といった趣の♂。

こっちのほーが2ミリほど小さいです。

力強さという点で言ったらこっちかもしれません。

アマミの油井岳産をワイルドから育てたときは

このようにいろいろなのが出てきたんですね。

F2になると型のバラツキが少なくなってくるというか

触れ幅が小さくなってくるというか?

極端にサイズが違うと変っちゃいますがアゴの先が伸びているか

どーかぐらいのサイズの差だと、同じような個体が孵ってきています。

これが遺伝なのかなぁ?ぐらいにしか思っていないのですが

同じような型ばかり何世代も続くと、その思いが強くなるのかもしれません。

こないだも書きましたが、伊豆大島産は2ペア出品するのですが

好みで分かれる2♂♂です^^)









伊豆大島産のノコの特徴って・・・

アゴが太短い、大きい、力強いといったとこでしょうか?

伊豆大島に採集に行くとまずビックリするのが

数の多さです。

とにかくノコばっかり^^)

あとはコガネムシも多いかな?カナブンはいるのかな?

と、いったカンジ。

ミヤマも採れるけど少ないし、コクワに到っちゃ

ボクらが採集にいったときは1。♂か♀かは忘れちゃいました^^)

ミヤマの♀も貴重です。

ノコは昼間でも採れますね。

メイトガードしているところも観察できます。

でもね、1泊2日ぐらいの期間だとやっぱ大きいのは・・・

難しい。。(採れたけど数はね♪)あと、採れる場所。

これはここで書くことはできませんが、以外なところにいます。

夜はね^^)いわゆるクワガタ採集で採れるのですが

昼間はなぁ。。


ハナシは変って画像の個体。

クワタフェスタに出品する個体なんですが、肉眼で見ると

細い印象を受けます。

イメージする伊豆大島産ノコとは違った印象の伊豆大島産です^^)


material by:=ポカポカ色=