のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[08/21 あんず]
[08/21 東京クワジ]
[08/20 あんず]
[08/20 東京クワジ]
[08/20 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[4056] [4055] [4054] [4053] [4052] [4051] [4050] [4049] [4048] [4047] [4046]


ノコも出てきます♪
ボクが採集に行く山は、6月の上旬にまず♂が・・・
その1週あとぐらいに♀が出てきます。
先日のコクワに続く第2弾。

ノコから始める初めてのクワガタ飼育♪

こちらもブリード前提で書きますね^^)



まずこの時期に採れたノコは未交尾の場合があるので
♂♀両方採っておいたほうが無難です。
ノコの採集個体はブリードモノと比べて落ち着きがないので
落ち着くまで♂♀別々に飼ったほうが安心です。
6月下旬~7月に採れた♀は交尾済みと考えて大丈夫ですが
ボクが行く山で♀が採れるのはこの時期だけです。
♂♀別々に飼うのは100均で売っているプラケースで充分です。
採集してから1週間ほど別々に飼い、エサを充分に与えたら
♂♀同居させてみます。このときに使うケースは
100均の『食パンケース』に穴を開けて使うのがいいかなー?
ノコの場合、エサ皿は入れたほうが交尾の足掛かりになります。
で、エサ皿の上で♂が♀に覆いかぶさるような体制だったら
(メイトガード)もう大丈夫です。



ノコの産卵セットは材を使いません。
ケースは小で充分。そのケースを外に置くなら
蓋がアミアミ、室内に置くならコバシャがオススメです。

マットはクワガタ産卵用を使います。『産卵一番』が
お求めやすいし、探しやすいかなと思います。
容量は5リットル~10リットル必要です。

さて、ここで必要なものをおさらいしておくと

〇100均で揃えるもの

ミニケース×2
食パンケース
キリ
すりこぎ
バケツ
キリフキ

〇ペットショップもしくは専門店で揃えるもの

小ケース
ゼリー
エサ皿
マット(専門店で購入するなら根食い系用もしくは微粒子マット)
成虫管理用マット(これは産卵用を併用しても大丈夫です。)



で、メイトガードを確認しました。
いよいよ産卵セットを組みます。



マットをバケツに適量入れて水を加え
よく撹拌します。ノコは水が多くても産みますが
水分過多だとマットの劣化が早くなります。
だいたい撹拌した手でそのままマットを強く握り
お団子になればいいと思います。
それをケースに3㎝ほど入れたらすりこぎで固めます。
堅く詰めたら、今度は5㎝ほど入れて堅く詰めます。
これを続けてケースの上5㎝ほど空けて完成。
この時期だとけっこー汗、掻きますよ^^)

で、ゼリーを入れて♀を入れます。
♀を入れたらキリフキします。このときの♀の
触覚をよく観察しておきましょう。
クルクルと廻すように触覚が動いていたら
産卵モードです♪
このままそっとしておけば、この時期なら2週間ほどで
幼虫が見えるかもしれません。ノコはケース壁面に
卵を産むので産んだ産まないが判りやすいです^^)
このとき産卵セットのケースはそっと動かしてください。

幼虫は5ミリぐらいになったら割り出すと潰したり
見落としたりということが少なくなりますが
ノコ♀は自分が産んだ幼虫を食べてしまうので
ある程度幼虫が見えてきたら♀を取り出したほうが
いいと思います。あとね、当たってしまうと小ケースでも
50とか出てきてしまうので嬉しい反面、途方に暮れることも
あります。そんなことも前提に♀は取り出したほうが
いいです。♀はケース内を徘徊するので上に上って来たとこ
を狙って取り出せばいいと思います。
意外と幼虫が見え始めるとケースを見るのが楽しくなるので
♀の取り出しはそんなに難しくないです。

さて・・・ここから先が幼虫飼育となるのですが
そこはまた今度書かせていただきます^^)






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今期の..
おはようございます.
野外(近所)でのクワガタ採集は 今のところ空振りです 久し振りに本土コクワなど採れれば良いのですが..
8月のお盆休みに 山梨方面に行けるか調整中です

今期の国産ノコ ブリード状況ですが
割と低温種以外 順調・または軌道に乗り始めた国産ドルクス各種に比べ
全般的に不調です 
先駆けてセットした北海道夕張市ノコも数頭しか孵化が叶わず、トカラ悪石・中之島は1系統ずつが不備に終わりました 気温の乱高下などで 常温飼育は厳しく 
特に本土系の♂を中心にペアリング前に多く★が出てしまいました(♀は以外と丈夫です)
選定し予定していたペアの組み合わせも 大きく変更するような有様です。
結局 自宅での産卵セットを一部除き 回避、ペアリング後 ショップさんのレンタル棚に持ち込み、経過を観ることとなりました 
土日に観てきたところ 1週まえにセットした トカラ悪石島・中之島・中之島W-EYE2セット/黒島手向山・中里林道 などで産卵が見られ、ホッとしております 市販の中型プラケースに 使用マットは「産卵1番」、マットのみです。
猛暑が収まるまで しばらくこの形で いきたいと思います..

PS.19時追記.

本日、NHK17時~の番組「ニュース シブ5時」で 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布<まるせっぷ>の「丸瀬布昆虫生態館」が紹介されました 世界の昆虫の展示、ニジイロクワガタ、アクティオンゾウカブトなどが映りました...
東京クワジ 2018/07/31(Tue)06:07:33 編集
無題
確かにこの猛暑でいろいろと予定していたことが変わってきますよね^^)
ボクもマット増量です。
あんず 2018/08/01(Wed)01:38:12 編集
material by:=ポカポカ色=