のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2
6
14 17
22
25 26 27 28
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[02/22 あんず]
[02/22 バッビーノ]
[02/21 あんず]
[02/21 東京クワジ]
[02/20 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
先日のクワタではノコも連れて帰りましたよ^^)



もちろん国産(^^♪ 上甑島産。
これで上甑 下甑と揃いましたが、
下甑の自分用は先歯なので比較対象は出来ません。

これで本土ノコは
奥尻 佐渡 隠岐 上甑 下甑 伊豆大島 壱岐の
7産地。対馬もいたので欲しかったけどガマンしました^^)



亜種は、ミシマイオウ クロシマ クチノエラブ ヤクシマ
と、いるので本土系・・・充実してきました^^)

ここでもう一種、今回は外産を購入。



ビソンノコ(ベララベラ島マロソバ)F2。

個人的には非常に思い入れのあるノコで
初めての爆産、それを見かねたショップの買取。
初めての販売といわゆる初めてづくしなんですね♪



当時とは産地が違いますが、産地等より
種類としてその造形や色がショッキングでした^^)



前から見たこのアングルがそそるビソンノコ。

このクワガタでノコの休眠期間の違いや
温度差からくる飼育方法の違いなどを
学び取ったといっても大袈裟ではないな^^)

あくまでも国産がメインですが、たまに浮気したくなって
思わず購入してしまいました^^)


ボクが今まで飼育していない亜種 別種は
飼育してみたいですよね。

画像はありませんがハチジョウノコとミクラノコ。
でもやらないだろーな。。
ミクラノコは採集禁止だし個体数も(販売されている)
凄まじく少ないだろーしね。。
ハチジョウノコも出回らないワケではないけど
入手は困難だろーしね。。

というより、ボク個人のノコのカッコイイが
かなりハッキリしているので触手が(入手意欲)
動かない。。

やっぱりやってみたい比べてみたいのは
九州北部 壱岐 対馬 五島列島
あと瀬戸内海。

ただここに手を出すと、数が・・・

本土ノコは特に感じるんだけど
産地や個体で型がかなり変わってくるので
面白いんだけど。。



やっぱ今までどーりでヨイノカナ?
とか、思っちゃいますね♪




ってね、販売もさせていただいているワケなので
もちろんそのことも考えますよ^^)



でもどちらかというと
次に繋げるか否かということが大事です。

種や産地で、ずーっと持ち続けると
それこそすごい数になってしまいます。

今年は今までと趣向は変えているんです。
累代している種でワイルドが出た場合、
今までは見送ったりしていたのですが
今年は可能な限り入手しています。
同種で違う系統を持っていたいということも
ありますが、昨今の国産種の採集環境は
厳しくなる一方です。
いつ採集禁止になってもおかしくない状況なので
手に入れられるときに手に入れとこう的な
思考が働いています。

たまにクワタ等でかなりの数を飼育しているのでは?的な
質問をされますが、そんなに数は飼育していません。
1種1産地につき20ぐらい。
昨年はクワタの開催月が増えたのでムシが足りなくなり
幼虫で販売したことも手伝っています。
でも種と産地の数が多ければ相当数になってしまいます。

なので、種ごとどぉしようか迷うワケなんですねぇ。。

レア度なども大切なんですが、どちらかというと
好きか否かが選択の大半を占めています。



♂♀の偏りもあるので難しいトコロなんですが
この夏休みはゆっくり羽化した個体を眺めて
酒でも呑んで猛暑から回避しようと
思っています^^)



これって、外産か?国産か?なカンジが強いですね。
台湾産なので外産には違いありませんが^^)



台湾 新北市三芝区産WF1です。

まーとにかく小さく羽化してしまいました。。

詳しいことはBE-kuwa55号参照として
小さいせいだと思うのですが
上翅の赤味がね、ちょっと国産ノコと違うように
感じます。

♂♀のバランスがよかったので
7月のクワタ 出品予定です。
♂が小さいのでお値打ちで出す予定です^^)


に、ついて書こうと思います。

ボクがノコギリクワガタを意識したのは
たぶん小学1年生。
親父にカブトムシを採りに連れて行って
もらったときに、全然知らない3年生ぐらいの
お兄さんに見せてもらったのが初めてだと
記憶しています。それまでは昆虫図鑑の中の
クワガタでした。

クワガタ熱は3年生ぐらいまで。
そこから先はスポーツだの音楽だの
ファッションだのに傾倒していくと
記憶しています。



そこから先はゴキブリと同程度の
意識だったんじゃないかなぁ?

結婚して子供が産まれ、男の子ができ
その子が思い出させてくれます^^)

あれこれいろいろなクワガタに接する機会が
でき、採集にも出向くワケです。

そこで採ったノコギリクワガタをブリードすることで
ノコギリクワガタを強く意識しだすのです。



とは言え、矛先は外産
ビソンから始まり留まるところを
知らない。。。
何気なくクワの棚を見ていると
国産ノコが蛹になっている。



その蛹の造形が美しく思えたんですね^^)

それでトカラを知り、それまで飼育してきた
外産との比較ができ、今に至っているのです。



国産ノコは全世界のノコの北限種でもあります。
一番北に生息しているのですね。

そんなノコギリクワガタをいまだに飽きずに
飼育しているんです^^)


material by:=ポカポカ色=