日本産クワガタの飼育とあれこれ(^^♪ 最近は外産も飼育しています。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/26 あんず]
[05/25 少佐]
[05/24 あんず]
[05/23 はた坊]
[05/23 あんず]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3]
たまーに調子が悪くなるボクのパソコン。。。
そろそろ変えないといけないかもしれませんね><。。



ところでトカラノコですが、
このケース3つ分はいた2018年度羽化個体たちも
残すところ1♂2♀となり、最後の♂は自分用です。



サイズ的にはあまり大きくはないのですが
飼育色と野外のいいところが交じり合った
自画自賛の個体です♥



色もオレンジの度合いが少し少ないけど
この子は艶感がすごく残っていて、パッと見で
選ばれる(これも自画自賛。。)個体なんじゃ?
と思っているのですね^^)



残念なのは前脚が黒いところなのですが
残りの脚は赤味が強く、次世代に期待が持てます。



アゴの赤味がもう少し強ければ申し分ないんだけどなぁ。。
サイズの割にはアゴのエッジは立っています。



サイズの大きい個体は魅力的だし、出したいと常々
思っています。ただ全体のバランスを考えた場合
その種類の適度な大きさというのはあると思います。

昨年の猛暑で、通年では休眠する時期に羽化した個体でも
活動を開始して、予定外の産卵セットを組むようになり
相当数の幼虫を確保しましたが、こちらもなんとか適正数を
残して(本当にありがとうございました。)今期の羽化に
たどり着きそうです。現在では国産ノコといえば
トカラがすぐ思い浮ぶくらいスタンダードな存在ですが
色や型、サイズも含めて興味は尽きません♪






この秋から冬にかけて
いろいろ外産各種を見てきたのですが
やはり戻ってしまいますね^^)



この子はアゴの付け根以外は大満足の子❤
上翅の合わせ部分の黒の度合いといい、
頭部 前胸のオレンジ 脚の赤さ加減など
ようやくここまで来たかという感触です。



あとねトカラノコって、アマミノコと比べると
大きくなるにつれて頭部が小さくなる傾向が出てくるのですが
この個体はいい具合に納まっています・・・・だけど
上翅を斜めから見ないと分からないぐらいなのですが
羽化時に負荷がかかったと思われるラインが出てしまったのが
残念です。これについては外的要因からなので遺伝性は
ありません。



あとボクが気になるは艶。
艶のある個体と艶消しな個体とに分かれるので
これをなんとか艶アリだけにしたいところなんですけど
なんか羽化時の蛹室の状態が左右しているような気もするので
悩んでしまいます。

今年の正月休みは残った幼虫たちの交換をしようと
思っています。かなり幼虫で嫁いだのですが
まだかなりの頭数がいるので大仕事になりそうです。



いやぁ久々のご紹介です♪



国産ノコの最人気種と言っても
いいのではないでしょうか?

トカラノコギリクワガタ(中之島)

まぁ何と言っても派手です^^)



発色ではトカラ全産地一番と言われています。
悪石もけっこーいい色出すのですが
ボクも中之島が一番かなー?って、思っています。



もちろん個体差はあるし、黒っぽい(黒化型とは別)のも
出ますけど、明るい黄色というかオレンジは
やっぱ中之島かなー?^^)

中之島トカラでは、トカラオレンジプロジェクトなるものを
立ち上げていて、その対象個体はまだ幼虫ですが
相当数の個体を飼育しています。

画像の個体たちは、トカラオレンジプロジェクトとは別系統です。
この子たちの子孫でオレンジが明るい個体群は
トカラオレンジプロジェクトに組み込まれていきます。



もしキレイなトカラノコをお探しなら
もうちょっと待ってください^^)
ご希望に添えるようなトカラノコを
ご提供できるよう努力している最中です♪


そーんなに書くこともないのですが
今年は少なかったみたいですね。。



ボクもそんなに多く採らなかったところに
持ってきて途中カワイソウなことになったりして
全部で7頭。



いやはや2本目がいかに大事か・・・を
露出したような個体ばかりです。



かつてワイルドが採れたころ、実際に採集された方の
お話や標本を見る限りでは、こんなカンジなのかな?
とも思ったり♪(自分を慰めています。。)



この子なんかはきっと小さい容器で引っ張っちゃったね。。。



♀はなかなかキレイですね^^)
両方とも小さいです。。
ひとつ画像がどうしても入らなかったので
画像は全部で6つですが、今年羽化の中之島トカラ全7頭。
♀が2頭しかいないので販売予定はなしです。

キレイな色を出す要素のウチに温度は密接に関係しますが
エサの状態を絡めた環境も影響があるかもね?と、
感じた2016~2017の中之島トカラ飼育でした^^)


2016年採卵の中之島トカラが羽化しました。



この子はいわゆるトカラオレンジプロジェクトとは
別の中之島トカラ。
系統も全く関係のないところからです。



まだ羽化仕立てなので色の固定はこれからですが
キレイです



この子の兄弟もちらほら羽化してきているので
その中からオレンジの強い個体が
トカラオレンジプロジェクトに参画していきます。



数はそんなにいないので販売予定は
今のところ未定です。

まだまだ序章のトカラオレンジプロジェクト。
これからいろいろ展開していきます♪


material by:=ポカポカ色=