のこぎりくわがたの飼育徒然日記
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
7
22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[09/17 あんず]
[09/16 東京クワジ]
[09/15 あんず]
[09/15 あんず]
[09/15 東京クワジ]
プロフィール
HN:
あんず
性別:
男性
職業:
自由業に近い自営業
趣味:
クワカブ飼育、bike,
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
ポチッとね♪
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5]


うーん。。。左右非対称ですね。。

ちょこちょことクワタフェスタのことも取り混ぜますが

クワタフェスタに出す赤い個体は2ペア。

サイズは同じです。(♀も同サイズにしました。)

ですが、値段は違います。片方の♂、アゴの開きが若干ですが

左右非対称です。羽化時、人工蛹室に引っかかってしまったのが

原因です。アゴが開ききるとそんなに分らないのですが

中途半端に開いてると分ります。

’Aで出しますので、若干こちらのほうがお安いです。

この産地はアゴがフト短いのと第1歯と2歯のあいだが離れる個体が多いのが

特徴のひとつ。あと、全体的に太いかな?

見ようによってはボテっとした印象も受けますが、これは好みですので^^)

この産地、昨日2ペアと書きましたが3ペア出します。

赤の’AとA、あと黒と・・・

黒はちょっと小さいかな?

アマミノコはオオクワの太いのみたいな

カッコヨサは備えているように思います。

トカラと同サイズを並べてみると頭幅や胸幅は明らかにアマミのほうが太い。

ボクは去年まで年によって、トカラとアマミを交互に飼育していたので

トカラばっかり見てるとアマミが、アマミばっかだとトカラ^^)

良く見えちゃって♪・・・・まぁどちらも好きなんですけどね^^)











アマミノコ(産地未公開分)の個体。

この個体はまだ持ち出せる状態ではないので

クワタフェスタには出品しないのですが、

(同じような個体は出ます。これより大きいのを用意しました。)

アマミノコの赤いのって魅力的♪

けっこー出ます。ウチでは黒いほうが少ないぐらい。

この産地の特徴のひとつでもあるみたいです。

オキノコ系の黒っぽい赤なんですが

オキノコより赤が強いかもしれません。

型もフト短い印象で力強さを感じることができます。

以外とね、国産ノコばっかだと黒いほうが珍しかったりします。

アマミノコ以外はマックロってあんまりいない。

クメジマは黒いか?・・・

国産ノコは黒くてもコゲ茶が濃くなったカンジだしね^^)

色はどーなんだろーなー?

遺伝なのかなー?青パプ見てるとそんな気もするし。。

でもなぁトカラなんか1♀からいろんなの出るしなぁ・・・

なーんて想いを馳せるのも楽しみのひとつか^^)



 これ・・・・ペアリング中なんですよ。

エサ皿のしたに♀がいます。

大体の個体が今年の7月に羽化しているんですが

この個体はすでに羽化していたのかもしれません。

こーゆーのが困惑させるんですよね^^)

だって仮に5月末羽化だとしたって5ヶ月でしょ。

この産地のアマミは♀がもう一匹、活動を開始しています。

ボクとしては初めてに近い、真冬の産卵セットとなります。


 アマミノコ(産地未公開)。

今年はワイルドが入荷しなかったそぉなんですが、その前年の油井もなんですが

ボクは離島もののワイルドはほとんどユウタンさんで購入しているのね^^)

なので店主とあれはどぉ?これは?なんてハナシにもなるのですが

グズグズ飼育の割には大きな個体が孵ってまずまずといったところ^^)

同じような個体が15ぐらい孵っていて、画像の個体はその中でも

アゴの湾曲が強い個体です。

やっぱり最後のビンは重要だと思います。

大きなというキーワードにも当然当てはまるのですが

キレイな個体を孵すにはここを省いたり、いい加減にしてしまうと

どぉしてもイマイチな個体が孵ってしまいます。

来期は最後の部分をどうにかしてでも時間を作り満足のいく飼育を

心がけたいところです。


 今年羽化の個体の中で起き出しているのが・・・

凄まじいぐらいキッチンパーパーをボロボロ(というか、チリヂリ・・・)に

していたのでミニケースに移してゼリーを入れてみたところ、

離れません。。。

実は♀も同じような個体がいます。

真冬のペアリングとなるのでしょうか?


material by:=ポカポカ色=